東久留米市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

東久留米市(ひがしくるめし)とは東京都に所在する田舎の一つである。これと同じような例として檜原村保谷市などがあったが、保谷市は田無市に吸収され今は都会の仲間入りをしている。


惜しい!東久留米![編集]

もう正直この項目は東久留米市民による内部告発に近い。

惜しかったあの位置[編集]

はじめに、東久留米市とは東京都の多摩地方北部にある市の一つ。ほとんど独立状態のシャイタマ連邦に隣接しており、シャイタマ連邦にとても影響された文化が形成されている。正直シャイタマの連中は自分のところは都会だと言い張っているが、東久留米は東京都なのにもかかわらず、都会だと言い張れないほど田舎なんだと言うのが、市民の感想である。結果とてもシャイタマ連邦よりなため、鉄道が全体にいきわたらず、東京23区の経済効果も得られないまま、21世紀になっても農耕生活をしているのだ。また、多摩地方のため度々団地が形成されていったが、が市内の最北東と絶望的に遠いことや、畑が多いため夏はが所構わず大量繁殖することで、次第に入居者を失ってきている。 惜しい!東久留米!あともう少し南にあったら!せめて市の中央に駅があったら!どんなに繫栄されて行ったのか・・・!

惜しかったあの箱物行政[編集]

東久留米は市民サービスが絶望的に無い代わり、市役所、市民体育館、東久留米駅東口区画整理事業で市民生活の向上を謀ったが、市役所はガラス張りの透明にしたため田舎に似合わない」と敬遠され、市民体育館はシャイタマ連邦との国境にあるが故、シャイタマの連中しか使用せず、東久留米駅東口区画整理事業は土地の購入費用だけで予算が終了し、結果税金地主に回ったというオチになってしまった。その結果市は財政破綻。市民を豊かにさせようとしたものの市民を苦しめると言う最悪の結末を迎えたのだった。そのため、税金は毎年値上げし、結果ただでさえ少ない人口を流出させていると言う悪循環に陥ってしまった。何がひどいかって、これは現在進行形なのがひどい。惜しかった!東久留米!せめて市長が公明党出身者でなかったら東久留米は!畜生k検閲により削除

惜しかったあの名前[編集]

東久留米という名前があるという事は、無論久留米市が存在することになっている。実は東久留米は1960年代まで「久留米町」と云う町であったのだ。久留米の由来としては「古代の車持部の住地からきた」という説が最も有力。また、「ぐんま」という地名は、車持部の居住地から来たという伝説もあるのだ。話を戻し、久留米町から久留米市に格上げしようとしたとき、町民が福岡の方の久留米市に訴えられるんじゃねぇべか。という不安を持っていたため、町はそれを考慮し、市制に移行するとき、福岡県久留米市に配慮する形で、「東久留米」と云う名前に変えたという。それを受け、久留米市は「うむ。それでよろしい。」と云うかと思いきや、お礼も何も言わなかったのである。これはそもそも久留米市が久留米町が田舎過ぎて気が付かず、誰も気にしなかったのだ。これには、東久留米市民はショックを受け、これを「フクオカ事件」とよんで語り継いできたが、この事件の存在を今も知っているものは東久留米市民しかいないのは言うまでもない。惜しい!東久留米!「久留米」著作権が既に東久留米のものだったら!

惜しかったあの市長[編集]

かつて、公明党推薦の稲葉三千男という東京大学教授が市長を行っていた時代があったが、その頃から東久留米は転落したと市民は口をそろえている。実は先程の財政破綻もこの公明党の手先が市長を行っていた時代に起こっており、稲葉三千男氏は市民にとってはかなり敵なのだ。いやホント。その後市を立て直すために現れたのが現市長の馬場一彦氏で、市民の期待を乗せた市政の船出だった。(この市長もロクでも無かったのだが。)しかし、議員は汚職まみれの公明党だらけで、財政再建案も思うように進まなかった。また我々市民や、市の職員の負担をあげる条例案は通すくせに、議員の負担を上げる案は断固拒否するのだ。これ以上往生際の悪い議員が存在するのか。また、仮に選挙を行ったとしても、公明党民主党共産党支持の市民が混在しているので、議場から公明党を一掃するのは難しいとされる。惜しい!東久留米!公明党なんか・・・公明党なんかこの世に粛清されました

惜しかったあの市民[編集]

何も惜しいのは市長だけではない。市には公明党民主党共産党支持の市民が混在しているので、度々どの政党を支持するのかでいざこざケンカ暴動が日常茶飯事なのである。つまり多民族の市なのである。因みに実際に東欧のボスニア・ヘルツェゴビナでは同様のことが起きていて(実話)、常に市民を悩ましている。もう正直、諸悪の根源は公明党のような気がするが、惜しい!東久留米!そんなに争うならそれぞれ独立しちまえ!

惜しかったあの鉄道[編集]

戦後、京王が京王井の頭線を吉祥寺から延伸、田無を経由して東久留米駅から分岐していた瑞穂金属の貨物線を乗っ取り、東久留米までの路線延長を目論んでいたことがある。 しかし、西武鉄道がこれに激怒、結局計画倒れに終わってしまった(詳しくは西武鉄道を参照)。 もしこれが出来ていたならば、急行は東久留米停車になり、隣のひばりヶ丘のようなもっと大きな駅になっていた筈である。 惜しい!東久留米!そうなれば渋谷や吉祥寺と直につながってオシャレな街になっていたかもしれないのに!


そもそも「惜しい!○○!」は広島県発祥だが、実は東久留米市民は気付いていない。惜しい!東久留米!

関連項目[編集]