東京モーターショー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東京モーターショー」の項目を執筆しています。

東京モーターショー(とうきょう - )は、世界のあらゆるモーターを集めた展示会である。

概要[編集]

言うまでもなく、モーターは工作機械やミシンのような産業機器にはじまり、エレベーターといった運輸機器を経て、近年は社会のあらゆる場面で利用されるようになっているが、その存在を意識することは少ない。このモーターを主役にした展示会が東京モーターショーである。

2011年幕張メッセから東京ビッグサイトに移るとコミックマーケットが守ってきた入場者数の記録を大きく更新した。

モーターの素材[編集]

モーターを作るには、以下のようなさまざまな素材が必要である。これらの素材を扱うメーカーが子供向けに、モーターを手作りするワークショップを開催している。大きなお友達の参加者も少なくない。

フェライト磁石
界磁を作る。
エナメル線
エナメル線といっても、鉄道ではない。
マッチ箱
マッチ箱にエナメル線を巻きつけて、コイルを作る。
カマボコ板
フェライト磁石とゼムクリップを固定する。
ゼムクリップ
軸受けである。

モーターそのもの[編集]

以下のようなモーターが出展されている。当然、実際に動かしてみることができる。

マブチモーター
CD-ROMドライブ用など、さまざまなタイプのものが展示されている。
電車のモーター
なぜか大きなお友達が熱心に動かしている。
核燃料濃縮用の遠心分離器のモーター
毎秒数百回転する巨大な筒が展示されており、実際に濃縮をおこなうことができる。
軌道投入用リニアカタパルト
長さ数十キロのリニアモーターが展示されており、実際に軌道投入をおこなうことができる。

モーターを使った製品[編集]

モーターが利用されている、以下のような製品が展示されている。

携帯電話
Zゲージでしか見られなかった小型モーターが使用されている。
大人の検閲により削除
数個のモーターが使用されているが、近年は価格の下落が激しい。
自動車
百個前後のモーターが使用されている。
ミサイル
モーターがなければ誘導できない。
エアバスA380
いくつモーターが使われているのか想像もできない。
軌道エレベーター
エレペーターにもモーターは使用されている。


ぞぬ.jpg この項目「東京モーターショー」は常に不完全であり、フォローが必要です。

そのため、秀逸な記事にして下さる中の人を求めています。
つまり、この程度の内容で我慢できる野郎はお呼びではありません。
また、最低でも通常のMSの3倍の性能を要求します。
※編集が加えられた時点でサポートの対象外となります。ご注意ください。 (Portal:スタブ)