東京一極集中

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Nuvola apps important yellow.svg 警告
このページにはギャグも笑いもありません。危険ですので絶対にハジけないでください。
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情新鮮なユーモアが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東京一極集中」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「東京ジャイアニズム」の項目を執筆しています。

東京一極集中(とうきょういっきょくしゅうちゅう)とは、日本東京に支配、収奪されることである。

概要[編集]

高度成長期以降、日本の人口は東京・大阪名古屋の三大都市、更にはなど各地方の代表都市や各都道府県の県庁所在地に流入し、農村部の過疎化が叫ばれるようになってきた。さらに、バブル期以降は東京やその周辺県(俗にいう南関東)に更なる人口流入が集中し、今や東京都だけでも日本の総人口の1割、南関東全体では日本の総人口の約3分の1を占めるまでになった。

そうした人口集中によって、経済や文化も東京へ集約されるようになる。地方の大企業は東京へと拠点を移し、日本の私立大学の多くが東京に作られたことから、若者は教育や雇用を求めて地方から東京へ流出。また日本の交通網は東京を中心に形成され、東京に拠点を置くキー局全国紙が日本のマスメディアを事実上支配、そうした構図が出来上がったことで、東京が日本を支配しているという構図が出来上がったことを東京一極集中と呼んでいる。

東京が日本を支配するまでの経緯[編集]

江戸時代
徳川家康江戸に幕府を開いたことで政治の中心は江戸となる。江戸幕府は参勤交代によって各藩の大名を定期的に、各藩の自費で江戸に呼び寄せることで各藩に大きな財政的負担を与えていた。つまり、この頃から江戸が日本を支配する構図が出来上がったといえる。
明治時代
明治時代に入ると江戸は東京と改称された。この前に大政奉還によって政治の中心は一時的に京都へと戻っていたものの、やがて天皇が東京に移り住み、京都に置かれていた中央行政機関も次々と廃止されたことで、名実ともに東京が日本の中心となった。ちなみに当初は大坂(大阪)へ遷都するという話があったため、大阪人が東京に対して今もなお敵意をむき出しにしていることはこのことが原因と考えられている。
大正時代
1923年に関東大震災が発生して東京が壊滅的被害を被ったために、一時的ではあるが東京の人口は大きく減少していた。被害の大きかった東京から大阪へと移り住む人が増え、大阪は一時的に東京を抜いて日本一の人口を擁する都市となっていたほどである(当時の大阪は周辺の郡部を編入して市域を拡張した直後という事情もあった。その後1932年に東京は周辺の郡部を編入して再び日本一の人口になった)。京都や大阪への遷都も議論されていたらしい。
ちなみにもうすぐ関東大震災から100年を迎えるにあたって、一部では東京で再び大地震が発生するのではないのかと言われている。もし、今の東京にマグニチュード7以上クラスの大地震が直撃したら、どうなるかはお察し下さい。
昭和以降
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)
現在

東京を初めとする南関東には今、5年間で広島市の総人口に匹敵するくらいの人が流れ込んでいる。その一方で日本の総人口は少しずつ減少しているため、地方の過疎化は東京人が想像を超えるレベルで進んでいる。地方都市とは言い難い大阪でさえ、2050年までに200万人の人口が減少すると言われている。だが、このことをあまり在京マスコミは報じてはおらず、それどころか東京一極集中という言葉すら聞いたことが無い人も多い。それもそのはず、在京マスコミにとって地盤である東京を侮辱する報道はタブーであるからだ。

東京一極集中の弊害[編集]

雇用[編集]

賃金格差
東京都の最低賃金は850円なのに対し、日本で1番低い沖縄県では653円である。同じアルバイトでも東京都内では時給850円以上に対して、地方では700円未満ってことも多い。ほぼ同じ仕事をしているのに働く場所によって、貰える給料が異なるのだ。大卒初任給も、東京都内は平均20万円以上だが、地方では17万円台ってところも多い。故に、働いて多くのお金を得たいのであれば東京で働くしかない(高い家賃と物価のせいでめっちゃ減るけどね)。
就職活動
就職活動でも東京一極集中の傾向がある。最近では長引く不況によって企業も採用活動にかける費用を減らしており、企業の会社説明会は東京でしか開かないというところも多い。大企業の採用選考も1次面接は東京、大阪、名古屋でやるけど、2次面接以降は東京でしかやらないというところが多い。しかも、最終面接以外は交通費を支給しないという会社も多い。以上のように、こういった企業への就職志望をしている人間がその就職活動にかかる費用は、東京都内をはじめとする首都圏在住の人間と地方の人間とでは4万円の差が発生することもあるというデータもある。
雇用の数
東京には単純に会社の数が多く、また東証一部に上場しているような大企業も多いため、その分だけ雇用も多い。一方で地方は会社の数が少なく、また会社の規模も小さいため雇用が少ない。2000年代半ばのいざなみ景気も恩恵を受けたのは東京をはじめとする大都市だけで、地方の雇用は改善されなかったというデータがある。

企業活動[編集]

サービス業
小売業飲食業に代表されるサービス業は、人がたくさん来ることが大前提であるため、必然的に人口の多い東京を重視するようになる。日本で店舗数ナンバーワンのセブンイレブンでさえ、1980年代半ばまでは関西に、2002年までは名古屋にすら1店舗も存在しなかった。このことを不満に思う地方民がいくら「出店してくれ」と頼んでも「田舎に出店しても採算が見込めない」と断るため、地方民はサービスの選択肢を狭められるのだ。
東京には世界中の著名な高級ブランドの直営店舗が数多く出店している。一方で、地方はおろか大阪や名古屋ですらもそうした店舗は東京に比べると断然少ない。また、高級ブランド以外でもアップルストアやポケモンセンターは東京をはじめとした大都市にしか出店していない。最近ではインターネット通販によって地方民でもこうした店で取り扱う商品を入手することが容易くなったとはいえ、店頭で買えれば払う必要のない送料や代引手数料を払う必要があったり、Amazonにマーケットプレイスで出店しているような零細業者から買い物した結果、偽物を掴まさせられる可能性があるなどといった問題もある。
アニメ・ゲーム系の産業
アニメ制作会社や声優プロダクションはほとんどが東京(特に練馬区杉並区)に集まっているために、あの有名な(?)なヤマカンが在籍してた製作会社等一部の例外を除いて、そうした仕事に就きたいキモオタは必然的に東京へと出ていくことになる。また、ゲームも同じでやはりゲーム制作会社の多くは東京に会社を構えているため、ゲームを作りたい人も東京へと出ていくことになる。任天堂は京都に本社があるが、東京にも本社が存在する。ハドソンなど地方を拠点とする大企業もあるが、そのハドソンはコナミに吸収された。
IT産業
かつてIT産業はインターネットを使うためにかつては地方活性化の救世主とまで言われていたが、現実は多くの会社が東京に存在している。日本のIT産業の主流は企業向けのシステムの構築であり、その中で企業と取引するためにはやはり会社が多い東京に拠点を置いた方が効率がいいからである。

生活環境[編集]

東京は地方に比べて土地代や家賃、食料品の価格こそ高いものの、自宅から徒歩5分圏内に2軒以上のコンビニファミレス、レンタルビデオショップなど一定のサービスを受けられるものが存在する。また、移動は主に電車やバスなどの公共交通機関であるために、自家用車を保有する必要もない。一方、地方では基本的に自動車ありきでの生活を前提とした街が形成されているため、自家用車が無ければ外出が大変。というか、地方で就職する場合車がないと通勤や帰宅や仕事中の移動に大いに支障をきたす。しかし、自家用車を持つには単に車そのものの購入代だけでなく、免許代、多額の維持費や税金がかかる。そのため、特に最近は低所得の若者が増えたこともあり「若者の車離れ」と言われているように車を持たない若者が増えている。また車好きとか車にこだわりを持つ若者自体が時代の変化で減ってるので、所得うんぬんにかかわらず「金はいっぱいあるけど、車なんて欲しくもないし、持ちたくもねえよw」という若者も最近多い。そんな若者がより便利な暮らしを求めて、東京へ出て行ってしまうことも多い。

「ここで言う自家用車は四輪自動車だから、じゃあ、バイクを使えばいいじゃないか。」という人もいるだろう。だが、バイクでも免許取得しないといけないので四輪自動車ほどではないが、金がかかる。というかバイクだと、悪天候の日・暑い日・寒い日にはバイクで移動するとなると、すごい大変(自転車を使っているときを想像してほしい)なので、体調面や体力面に常に不安ある人はオススメできない。そもそも骨折や大怪我で一時的に手足のどれかが使えない場合はバイクは乗れないし、障害などで永久的に手足のどれかが使えない場合に至ってはバイクに乗るという選択肢自体が不可能なのである[1]

じゃあ、タクシーを使えばいいじゃないかって?だが、地方のタクシーは東京などの大都会のそれと比べて不便である。会社数自体が少ない、規模も小さい、台数も少ない、なので流しのタクシーを見つけられる確率も低い。というか、都会生まれの人にとっては信じられないだろうが、地方の地域によってはタクシーは流しをせず、原則電話予約か乗り場から乗り、たとえ空車のタクシーを見かけて手を挙げても乗せてくれる保証はないこともある。そんな状況では買い物するだけで時間の大幅な浪費である。というか後述のように地方のタクシー会社は24時間営業してるところなんてほとんどないので、朝早くや深夜にタクシーで移動なんてできない。日常生活でもこの有様なので、ましてや地方で就職となると、タクシーに頼っていては通勤や仕事なんて全くできないのである。

近くに公共交通機関がない場合でも、東京は便利である。なぜなら、東京のような大都会は大規模タクシー会社がたくさんあって地方よりはタクシーが電話連絡でもつかまりやすい上、流しのタクシーもたくさんある。それに24時間営業のタクシー会社も東京のような大都会ではたくさんある。なので、東京のような大都会に住めば周りに公共交通機関がなくても(あってもすでに終電とかで終わってた場合)、前述の自動車の維持費を考えると、タクシー代のほうが安上がりなこともある。ちなみに地方だと、遅くても深夜2時で終了というタクシー会社が多く、その地域の規模のでかい街に24時間営業のタクシー会社が1社あるかないかである。

え?深夜に遠距離をタクシー利用だとかなり金がかかるって?そういう人のためにインターネットカフェ、DVD試写室なんてものが東京を始め大都会にはあるのだよ。終電逃す→ネットカフェで寝る→始発で帰る。予算1万円以下で済むのでお得。もちろん金がある人はタクシーで帰るか、周辺のホテルに泊まって翌朝の電車で帰るかである。地方だと、駅周辺でもネカフェはおろか、ホテルすらない場合もあるので、やはり車がないと厳しい。

そもそも特定の病気の人とか、障害者の人とかはいくら金があっても場合によっては自動車の運転がどうしてもできない。そんな人が自動車社会の地方で暮らすのは不便である。というか、地方では「バリアフリーなんかアウト・オブ・眼中」なんて場所(公共交通機関も含めて)も多いので、バリアフリーの施設や設備が充実している東京などの大都市圏の方がこれらの人々にとっては住みやすい。また自動車の運転ができなくなるほど体が衰えた高齢者の場合、身寄りがないとなると自動車社会の地方で独り暮らしするのは厳しい。なので、若者に限らずこういった人たちも東京に流出してしまう可能性が高い。

インフラ[編集]

すべての電力は東京のため。
鉄道
かつて国鉄は、東京都市圏の急激な混雑率の悪化と同時に、地方ローカル線の赤字増大にも悩まされていた。こうした事態を受けて、東京都市圏では『通勤五方面作戦』と呼ばれる大規模な輸送改革を巨額の税金を投じて行うと同時に、地方路線では『赤字83線』を指定して廃止への取り組みを進めていた。なお、後者の取り組みは思ったほどの効果を挙げられなかったため、後に国の取り組みによって80以上のローカル線が国鉄から切り捨てられている。なかには大都市近郊の路線なのに国鉄の東京偏重による無為無策が原因で客が乗らずに切り捨てられたケース(福岡市近郊の勝田線)さえあった。
JR化後も、東京都市圏ではJR東日本が走ルンですと呼ばれる新型電車を大量に導入して国鉄形車両を駆逐しているのに対して、地方では思ったほど新車導入が進んでおらず、中には古い国鉄形車両を新しい国鉄形車両で置き換えるという現象が発生している地域もある。
電力
増大する首都圏の電力を賄うために、東京電力福島県原子力発電所を建設した。この原子力発電所が大地震と大津波によってぽぽぽぽーんしたことによって、福島県が甚大な被害を被ったことはあまりにも有名。また、水力発電所(ダム)も建設と引き換えに1つの村そのものが消滅したりと、東京の生活のために地方が犠牲になるのである。
空港
日本各地にある空港の多くは、羽田空港との直行便が主な利用客となっている。そのため、航空運賃の引き下げと同時に航空機利用者は増大、それと同時に羽田空港を発着する便数もどんどん増え、滑走路をいくつ作っても足りず、次々と新しい滑走路を作るという状態が続いている。その一方で、羽田発着以外の便は利用客低迷により、季節化もしくは廃止となる例も多く、これは地方と地方を結ぶ便だけでなく大阪や名古屋と地方を結ぶ便でも見られている。そのため、地方と地方を行き来する場合でも羽田空港を経由する、いわゆる羽田空港のハブ化も進んでおり、これが羽田空港の発着便数増加に拍車をかけている。
成田空港は日本と世界各地を結ぶ「空の玄関口」として、日本各地からの利用者がある。しかし最近では、交通の便の悪さ(東京都内から電車で40分~1時間ほどかかる)からアジア線を中心に羽田空港の国際路線乗り入れも進んでいる。

文化[編集]

各種イベントやコンサート
これらは、やはり東京をはじめとする首都圏の会場でやることが多い。理由はやはり、交通の便がよく人が集まりやすいからである。静岡ホビーフェアなど地方でやる全国レベルのイベントも存在するが、在京マスコミがあまり宣伝しないので知名度が低く、その結果来場者が少なくなってしまう。鳥取で開催された『国際まんが博』は鳥取県が10億もの予算を投じたにもかかわらず、あまり宣伝が行われなかったことと(ぶっちゃけ筆者も最近まで知らなかった)、交通の便の悪さからあまりにも人が来なかったというニュース[2]がある。その一方で、東京の六本木ヒルズで開かれた『ワンピース展』は50万人以上の来場者を記録。このように、地方が活性化のために大規模なイベントを開いても交通の便の悪さや宣伝力不足が仇となり、思うような結果を残せない。そのため、こうしたイベントやコンサートは「放っておいても人が来る」東京で開く方が最も効率的と言わざるを得なくなってしまう。
サブカルチャー
アニメゲーム漫画などといったサブカルチャーは東京一極集中の傾向が特に強い。理由は上にある「アニメ・ゲーム系の産業」の項目で説明した通り。世界最大の同人誌即売会であるコミックマーケットは会場の収容人数や交通網の問題から東京ビックサイトでしか開くことができず、またコミケ以外のオタク向けイベントも秋葉原幕張メッセ(これは千葉県だが)など東京でしか開催されないことも多い。また、東京では数多くのアニメが放送されているのに対して、地方では雀の涙ほどの数しかアニメが放送されていない。また、一時的にブームになったメイド喫茶も勢いに乗って地方に出店したが、あまり客が入らずにすぐに撤退したという店が多い。他にも、かつてWindows95の発売によって自作PCブームが広がり、地方にも自作PCショップの出店が相次いだものの、その後のブーム失速によってこうした店舗は次々と消えて行った。こうした事情によって、地方のキモオタは自分の欲求を満たすがために、東京へ出て行ってしまうことも多い。ここ近年はインターネットのウェブ上で公式配信されるアニメ作品も増え、まともなインターネットできる環境と経済力があれば、どの地域にいてもアニメが見れるようになったけどね。だけど、リアルタイムでアニメ作品が視聴できる上に、品揃え豊富なアニメショップもたくさんあり、イベントにも簡単に参加できるのでやはり東京に出たがるキモオタは多い。
3次元関係のサブカルチャー
上にある「アニメ・ゲーム系の産業」の項目で説明したように声優はもちろんのこと、第一線で活躍している全国的に有名なアイドルやミュージシャン、俳優、お笑いタレントなどの芸能人は東京を活動の拠点にしているケースが多い(これは説明しなくても分かる話であろう。)。「全国的に注目されやすい東京で活躍する方が一番のステータスであり、そこで活躍して全国的に有名になる」ということである。関西ローカルで活躍しているお笑いタレントですら、「東京進出」を夢見てそれを公言する人間も多いくらいである。地方で有名なアイドル・タレント・お笑いタレントであっても、東京で活躍しないと、全国的に有名になれず、マルチな活動もできない。マルチに活躍したい場合はやはり東京進出してそこでどこかのお偉いさんの目に止まり、それをきっかけに各方面からお声をかけてもらって、初めてマルチな活躍ができるのである[3]。このため、これらの職業を志望する若者たちが東京に移り住むケースが必然的に多くなる。また声優や一部のアイドルの場合、余程人気と知名度が高くない限り、イベントやコンサートは東京を中心とした首都圏で行う(上記のようにタレント事務所が東京に一極集中に加えて、東京もしくは東京周辺の興行でないと採算が取れない)ため、地方在住でなおかつ現場参戦派の声優オタク・アイドルオタクはこの点で苦労(交通費や日程の問題)することも多い。そのためやっぱり地方のアイドルオタク・声優オタクの人がそういった欲求を満たすために東京へ出てしまうことも多い。

マスメディア[編集]

キー局制
日本のテレビは東京に放送局を構えるキー局が事実上、日本のテレビを支配している状況となっている。その弊害が以下のように現れている。
東京の流行スポットばかりに注目が集まり、地方の流行スポットは全国的には注目されない。
六本木ヒルズ表参道ヒルズ原宿などといった東京の流行、最新の観光スポットはこれでもかというくらいにテレビで取り上げられて、全国へ放送される。一方で、大阪のあべのハルカスや名古屋のミッドランドスクエアといった他都市の最新スポットは全く注目されない。
グルメ番組でも都内にある飲食店ばかりが取り上げられる。ここでも在京マスコミの色眼鏡によって、東京グルメは美味そう、品がありそうなどといった演出で紹介されたり、セレブ感丸出しの高級料理が紹介されるのに対し、大阪グルメはコテコテ感丸出しの安っぽいグルメ、名古屋グルメはキワモノ的な料理を扱う店を紹介、地方のB級グルメも「えっ?○○人はこんなもの食ってんの?www」みたいなイメージを抱きかねないような紹介がなされる。
ニュース東京目線での報道
東京に台風が直撃したり雪が積もると全国ネットであろうとお昼のワイドショーや夕方のニュース番組では大きく取り上げられる。一方、他の地域にこうしたことがあっても、災害救助法が適用されるような気象にでもならない限りは大きく取り上げられることは無い。
都内で比較的大規模な交通事故が発生すると真っ先にニュースで特集が組まれる。
テレビの交通情報も東京中心。全国ネットで東海道新幹線や首都圏の在来線の運行情報を流したり、東名高速道路中央自動車道の渋滞情報を流している。
首都圏在来線や東海道、東北新幹線で輸送障害や事故などが発生するとYahoo!ではトップに紹介されるのに対し、JR西日本管内でそのようなことが発生しても福知山線脱線事故レベルの事故ではない限り、スルーされる。
多摩川アザラシなどといったぶっちゃけ都民以外にはどうでもいいようなというか都民でもどうでもいいニュースでさえ、全国ネットで大きく取り上げられる。
東京が日本のスタンダードであるかのような演出をする
県民性を扱う番組では、東京はその対象にならない。この系統の番組ではよく大阪がネタにされる。
プロ野球における巨人贔屓
プロ野球中継においては巨人戦ばかりが全国ネットで放送されている。しかし、最近はプロ野球人気の低下もあって巨人戦が放送されることは以前に比べて少なくはなっているが。巨人以外にも埼玉西武ライオンズ東京ヤクルトスワローズといった在京球団を贔屓する傾向が強い。2010年の日本シリーズで中日ドラゴンズ千葉ロッテマリーンズという組み合わせになったときは、7戦中3戦が全国ネットされなかった。

実はキー局は全国ネットと称しながらNHK以外は全国をカバーしていない。特にテレビ東京はたった13都道府県しかカバーしていないにもかかわらず全国ネットを名乗っている。テレビ東京は「人口カバー率は6割を超えているので問題ない」としているものの、テレ東で中継されるスポーツが見れない地方のスポーツファンや、テレ東アニメが見れない地方のキモオタからは大顰蹙を買っている。

娯楽作品が東京一極集中を生み出している?[編集]

漫画作品・ドラマ作品・ゲーム作品で作品設定で登場する場所は東京を始めとする首都圏が多く、東京以外の場所を設定とする娯楽作品は作られないことが多い。また、多くのこのような娯楽作品では、「夢をかなえるために東京に行く」・「自分のやりたいことわからないが、東京に行って自分探ししてくる」・「とりあえず東京に行って、自分修行してくる。」といったように、まるで「何かをするなら東京でことを始めよう」と今風の言葉で言うなら東京をステマしてるようなばかりのことを作品に組み込むことが多い。加えて前述のように東京のマスメディアは徹底的に東京重視&東京美化の情報を地方に流し続けているため、これらが複合した結果、「東京っていい場所だな。住みたいな。」・「とりあえず東京に行ってみようかー」なんて若者を大量生産し、東京一極集中のひとつの要因になっている。

地方の保守性・閉鎖性の問題?[編集]

東京一極集中の原因は、地方の保守性・閉鎖性ゆえに若者や企業がオープンな東京へと流出してしまうのではないかという意見も多数存在する。

地方の多くは険しい地形や便利とは言えない交通手段ゆえに、人やモノの往来があまり盛んではなく、結果としてその地域の閉鎖性を構成してきた。その後、交通の発達によって人やモノの往来が活発になっても、その閉鎖性ゆえに外部資本(国内でいう東京資本)を受け入れることができず、外部資本を欲する若者たちがその便利になった交通手段を利用して東京へと出て行ってしまうのではないかと言われているのだ。

政治でも地方の多くが保守王国と呼ばれているように、選挙で同じ人・似たような人ばかりが当選する傾向が強い。例えば国政選挙では自民党の候補が多選を繰り返したり、2世3世の議員が親の地盤を受け継いで、やはり自民党候補として出馬することが通例となっている。知事や自治体の首長選挙でも、自民党のみならず野党である民主党社民党までもが推薦し、その土地の企業経営者たちで構成された経済団体や労働組合などありとあらゆる団体が推薦する旧・自治省出身の元官僚候補 VS 共産党推薦の誰かもよく分からない候補 VS とりあえず目立ちたいだけで出馬しただけの泡沫候補という構図になることが通例となっている。こうした選挙ゆえに、とりわけ若年層の関心が低く、それが低い投票率となり、結果として同じような候補が繰り返し当選してしまうことで、政策もどことなく保守的・閉鎖的なものとなってしまい、いつまでたっても停滞している地方に痺れを切らして、若者や企業が地方から流出してしまうのではないかという推測もある。

脚注[編集]

  1. ^ オートマの四輪自動車の場合、慣れると片手・片足でも運転可能。最近ではハンディキャップ持つ人向けの四輪自動車も開発されている。
  2. ^ 鳥取で開催中のまんが博が大コケ?
  3. ^ このひとの事例を紹介すると、東京進出する前は北海道内では有名だったらしい[要出典]が、当然全国的な知名度は低かった。そのため、舞台あるいは北海道ローカルの水曜どうでしょうみたいな電波少年ばりの仕事くらいしか仕事がなかったが、東京進出以後はドラマ出演・バラエティ番組出演・全国放送のCM出演・TVゲームの主人公の担当声優に抜擢などマルチな活動ができている。

関連項目[編集]


この項目「東京一極集中」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)