東京事変

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

東京事変(とうきょうじへん)とは、椎名林檎を教祖とした宗教団体によって起きた事件である。

この事件に関わった者[編集]

椎名林檎(シイナ リンゴ)
この事件を起こした宗教団体の教祖。詳しくは椎名林檎の項を参照。
亀田誠治(カメダ セイジ)
浮雲(ウキグモ)
刄田綴色(ハタ トシキ)
伊澤一葉(イザワ イチヨウ)

途中離脱[編集]

H是都M(エイチ ゼット エム)
晝海幹音(ヒラマ ミキオ)

来歴[編集]

感性の差がだんだんと分かれていった日本。現在日本には二種類の人たちがいた。その人達は、夢・現実・儚さなどを糧とした人達と、共感・煽て・自己陶酔を糧に生きる人達であった。前者は夢追い人(オタク)と呼ばれるようになり、後者は自己酔い人(DQN)と呼ばれるようになった。前者はパソコンを好んで使い、後者は携帯を好んで使っていたために、文化が異なっていった。そして差が広がるにつれ、それぞれがそれぞれを貶しあっていき、言葉や感性の壁を生みだし、意志疎通が困難となっていった。

ある時、DQNの間である携帯小説家を教祖とした信仰宗教がもてはやされるようになった。もちろん携帯の中でである。その信者たちは集団になって国の重役を暗殺しオタクの手から離そうと企んだ。しかし、主導者の一人が警察に密告して共謀法で大部分が捕まることとなる。そのうち、主導者の大部分が出版社の人間でありオタクの人達だという事が判明してDQNの間でオタクへの批判が増していった。そしてこれは後の東京事変のきっかけとなる出来事である。

宗教教団の上層部が入れ替わり(後に改革派と呼ばれた)、信者の数はどんどんと増えていった。そして、オタクの本拠地秋葉原の占領を計画した。ちゃくちゃくと準備が進み、ついにその計画を実行しようというところになって、急に弱気になり結局計画は白紙に戻った。

この件で上層部の不信任案がだされ、「政界への進出を」をスローガンに新しい上層部に入れ替わった(後に保守派と言われる)。しかし、なかなかうまくいかずに落選を繰り返した。改革派が不信任案を提出したが、賛同を得られなかった。その代替案として改革派が出したのが「DQN都市計画」である。これにより改革派が支持を集めはじめ、保守派の勢力は衰えていった。DQNが一斉に移動を始め、それまで携帯で繋がってた人々がリアルで繋がるようになった瞬間である。

この件によってオタク vs DQNは一端治まることとなる。もともと理解しあえないのが原因でいざこざが起きていたのだが、完全に分かれたことによってその批判が治まったのだから当然ではある。

ある日改革派が「DQN国独立宣言」を出した。そのもの自体には特に重大な異論や問題は無かったものの、当然日本国はその事を認めなかった。そしてその後の「無防備都市宣言」によって自体は急変する。「無防備都市宣言」が宣言された瞬間に日本国の警官隊が押し入り撤回を求めた。DQN国側はジュネーヴ条約違反だと主張したが、公務執行妨害で上層部が軒並み捕まってしまう。

その後、内輪もめが続き上層部が決まらないままその宗教は解散となった。しかしほとんどの信者はその場所に留まった。しかも、秋葉原の占領計画の時の準備は今も残されたままなのであった。そしてそれが後の禍、東京事変を起こすこととなる。

続く。


関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東京事変」の項目を執筆しています。


この項目「東京事変」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)