東京料金所

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東京料金所」の項目を執筆しています。

東京料金所(とうきょうりょうきんじょ)とは、神奈川県川崎市宮前区にある、透明高速道路の料金所である。お盆などは渋滞が発生し、透明川崎ICが近くに存在する。また、この料金所の真下には武蔵野線が走っているが、鉄オタ以外には関係ない話である。

概要[編集]

この料金所は東名高速道路の東京寄りの料金所であり、東名高速道路の要所である。ちなみに東京と名乗っておきながら川崎市に存在しているが、大人の事情があったものと思われる。そもそも、東京以外から来た人は川崎は東京の一部だと思っているのでそれほど問題になっていない。それに川崎市の存在が薄いのでこう思われているのも仕方ない。

この料金所を避けるには[編集]

先述の通り東京料金所は渋滞が発生しやすいので、よく以下の方法が取られる。

手前の透明川崎ICで降りる
ここから一般道を走って東京都に入るのは非常に時間がかかる。

というか一旦横浜町田IC付近で東京都に入ってるが、そんなこと誰も気にしない。 よっぽど混んでいない限りあまりおすすめできない。そもそも、透明川崎ICから東京料金所まではそんなに距離はない。

横浜青葉ICで降りる
さらに手前で降りようという方法。ここからは国道246号線などが利用できるため、むしろこっちの方が有効かもしれない。
路肩を走る
覆面パトカーに見つかると大変なことになるし、料金所に近くなるとやっぱり渋滞につかまる。
ETCをつける
ほんの少しだけ早く通過できる。

向ヶ丘バスストップについて[編集]

東京料金所には高速バス用のバス停が設置されている。バス停には「透明向ヶ丘」と書かれていて、バス停が透明なのかここに到達するには複雑な住宅街を抜ける必要があり透明さながらであることが由来だと思われる。

ただ、利用客はあまりいないので高速バスの半分くらいは通過する。場所も悪いし。ここに行くには、宮崎前駅溝の口駅鷺沼駅からバスとなる。


ご迷惑おかけしています この東京料金所は一生懸命作られましたがマスコミの評価は手抜き工事です。
優しい業者さんに補修工事をしてもらえたら国民も現場の人も喜ぶでしょう。 (Portal:スタブ)