東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「脳の老化を減速させる決定的な証拠はない。[1]
東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング について、Nature Neuroscience
「脳トレは灰色です。」[2]
東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング について、川島隆太

東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング(とうほくだいがくみらいかがくぎじゅつきょうどうけんきゅうセンターかわしまりゅうたきょうじゅかんしゅう のうをきたえるおとなのディーエストレーニング)とは、ゲーム機を使って脳を鍛えようというゲームである。このゲームの登場によって任天堂のゲーム会社としての地位は急激に低下し、逆に一般大衆向けのゲームかどうかよくわからない曖昧なゲームを作る会社という地位が急激に上昇した。ゲーム脳理論に真っ向から喧嘩を売る仕様にゲーム脳信者は怒り心頭であった。

東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニングの概要[編集]

このゲームはウィキペディアンを始め頭がカチンコチンになった人の脳をやわらかくしようという国家政策のもとで作られたものである。もちろんそれを口走ることはご法度だ。

東北大学川島隆太教授が自ら教授と名乗り、「もっと頑張りましょう」「一ケ月ぶりですね」等、上目線でプレイヤーを挑発することでプレイヤーを奮起させて脳の秘めた力を導き出すというのが大まかな内容である。ニンテンドーDSに独特の中の人が処理できる音声識別機能やタッチパネル解読機能といったものを大きく生かしたことから利点を大きくアピールする作品となり、DSの普及の牽引役となった。そのかわり機械の中の人がより重労働になったのはあまり知られていない。

更に東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング(以下「脳トレ」…とは呼びません)が大好評になったおかげでDS本体の売れ行きが急上昇し、本体の中の人育成が追いつかずに品薄になるという皮肉な結果を引き起こした。ただ品薄状態になったのには任天堂の自作自演だったとする説もあるが、お察し下さい

東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニングの内容[編集]

ここから先は脳トレの部分について。

まずこのゲームを買うときには、店員に「東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニングが欲しいんですが」と噛まずに流暢に言う必要がある。この長いゲーム名を覚えることで脳が活性化され、噛まずに言うことでさらに脳が活性化される。脳トレは購入時から始まっているのだ。

さてゲーム自体の内容だが、これはネタバレになるはずなので執筆は控えさせていただく。ゲームを購入して確認して欲しい。どうしても知りたい好奇心旺盛な方々や、買う気がないから知りたい人は頭の硬い東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニングを購入してプレイするべきだと思われる人々が書いた百貨辞典の東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニングという項目のゲームの内容を参照していただきたい。とある方針が決定されたのでいちいち表示ボタンも押さなくてすむので楽だろう。そのかわり脳トレにはならないが。

東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニングの問題点[編集]

このゲームには普通の時間計算や算数が含まれているので頭の悪い(とされている)クイズ!ヘキサゴンで有名な某三人組某三人組などは問題をまったく解けない。脳を鍛えるどころのレベルではなく、ある程度の常識的な計算力が必要となってしまう。アンサイクロペディアもときどき、記事執筆の際に二桁の足算・引算を出題して計算力向上に努めているものの、アンサイクロペディアンでなければ意味がないし、この程度では計算力向上は絶望的である。

また、声で解答するものがあるが、この問題に関しては公共の場でやることは憚られるので場所が限られる。またアニメ声などはうまく聞き取ってくれないといった報告もあり、若干特殊な声ではプレイすることができない。絵を描く問題もあるが、見たこともないものは描けるはずもなく、これは芸術ですの魔法がまったく通用しないので中の人自体、頭が硬いという本末転倒な状態となっている。

他にも、階級が脳年齢が表示されることで一部のDQNが怒り出し、モンスターと化して任天堂に抗議電話をかけまくったり、DS本体を破壊して中の人を殺害したり、その様子をYouTubeにアップしたりと過激な行動を取ることがしられていて、任天堂は対応に苦労している。

東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニングが世に与えた影響[編集]

  • その人気から「脳トレ」という言葉が流行語として認知され、2006年の新語・流行語大賞トップ10を受賞したが、裏では検閲により削除が行われていた模様。
  • 自分の祖父母を合法的に殺害するためにこのゲームを敬老の日プレゼントし、前述の挑発的な教授の発言に頭に血を上らせて脳出血で殺した息子が数多くいた模様だが、関連性は定かではない。
  • 近年の大作ゲームはスタッフ数十人がかりで1年以上かかり値段も格段に高くなってしまうが、任天堂はいろいろと頑張って3〜4ヶ月で完成させてしまった。オープニングムービーなどいらない、シンプルイズベストを世に表した作品となった。が、曲芸とかスクウェア・エニックスとかは依然としてハイスペックなゲームを作り続けている。
  • 頭の弱いウィキペディアン達は奇をてらうためだとか何とか言っているが[1]、任天堂によれば「当社は、当社ホームページ、商品パッケージおよび取扱説明書で記載している科学的効果に関する事項はすべて川島教授の発言であるということが明確になるように記しており、その点に誤解が生じることのない様に『東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング』という、ゲームソフトとしては異例の長さのタイトル名を敢えてつけております」[3]との事である。この長いタイトルにも大人の事情があるのである。

東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニングの脚注[編集]

  1. ^ 週刊朝日2007年11月16日号 pp.26 任天堂DS「脳トレ」に異論続出!(竹内良介/佐藤秀男)
  2. ^ 週刊朝日2007年11月16日号 pp.27 任天堂DS「脳トレ」に異論続出!(竹内良介/佐藤秀男)
  3. ^ 同上。

東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニングの関連項目[編集]


Ronjeremy mario.jpg このゲーム「東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)