東急3000系電車 (2代)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

東急3000系電車(とうきゅう-けいでんしゃ)とは、シリーズ化しやすい東急の車両形式の中でも、仲間が他に一形式も無く、存在感も特に薄い電車のことである。

概要[編集]

目黒線の顔、3000系。

2000年目蒲線目黒線多摩川線に分離されるにあたって、多摩川線ではもともと目蒲線で使っていた車両をお下がりで使用することが決まっていたため、目黒線も東横線からのお下がりを貰おうと考えていた。しかし東横線で走っていた9000系は製造からまだ10年も経っていない現役バリバリの車両であり、改造して東横線用の10両編成から目黒線用の6両編成にしてしまうのは惜しかった。しかし、目一杯新造してお金をかけたくない。そこで思い付いたのが、新形式をほんの少しだけ作って、あとは目黒線と直通することになるメトロ都営埼玉高速鉄道の車両を惜しげも無く使ってしまおうという案であった。こうすれば、運行諸経費も浮く。

その後急いで作られたのが、3000系である。東急の他の形式にはない独特のフェイスで直通先の車両群に圧倒されながら目黒線の顔として走った。しかし、悲しいかな3000系は目黒線開業の埋め合わせのために作られた車両であるため、すぐに5000系が開発され、5000系シリーズがすぐに東急全線の主力車両となり、目黒線にも5000系シリーズの5080系が導入され始めてしまった。それも目黒線開業から僅か2年である。よって3000系は他に同じフェイスや車体構造の形式がいない東急の中でも浮いた存在になり、さみしくほそぼそと目黒線を走り続けている。

仕様[編集]

最大の特徴はそのフェイスである。東急の新旧定番の7000系、8000系、9000系、新5000系のどのタイプにも当てはまらない顔は強調すれば強調するほど浮いたものになってしまう。東急が本当に作りたかったのは5000系だということが良く分かるだろう。

内装はラベンダー色の切妻で落ち着いた雰囲気を持つ。恐らく、東横線が副都心線に直通する時から始まるヒカリエ号や1500系の斜め上装飾のプロトタイプと思われる。

走行機器は良くまとまっていて、バランスも良い。すなわち、機器面での個性は特にない。

運行[編集]

前述の通り、3000系は目黒線のみで運用されている。しかしそんな彼らも華やかな時代があった。目黒線開業前の、第一編成の東横線急行運用である。8両という豪華編成であり、東急のドル箱路線を華麗に走った。東横線内に一編成というのが3000系を目立たせていたが、目黒線開業と共に6両に縮小された。

今現在は東急の車両でありながら、東急線内ではレアな車両として走っている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東急3000系電車 (2代)」の項目を執筆しています。
Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第34回執筆コンテストに出品されました。