東我孫子駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

東我孫子駅(ひがしあびこ-えき)とは、千葉県我孫子市成田線我孫子湖北間に位置する公園である。管理は我孫子市役所とJR東日本千葉支社が共同で行い、成田線の発着も行われている。公園としては唯一電車の発着が可能な異色の公園として関東の公園百選に選定されている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東我孫子駅」の項目を執筆しています。

概要・公園構造[編集]

駅名表を象った遊具。リアルな造りである。

入口に当たる構内踏切を渡って入場する。公園の最寄り駅に公園の名を足した駅は数多く存在するが、当駅は純粋に公園である。管理人は不在だが、稀に管理組合の出張で係員が監視役を行う。遊具はブランコや滑り台など普通の公園にあるものが全くなく、代わりにベンチ(待合室)や駅名表を象った看板、信号機やスピーカーなどの駅構内の設備を再現しており、駅の雰囲気を彷彿させる。リアルさを徹底的に追求した結果なのか、乗車位置の表示や構内スピーカーなどは本物を使用するなど、かなり凝った造りになっており、年齢問わず多くの人間にとって楽しめる公園となっているが、副業ながらも旅客営業も行っている為に安全性の観点から自由に遊べる遊具は限られている。
我孫子市内には、中心駅として認識が高いが実は駅ではなく本業は蕎麦屋である我孫子駅を筆頭に、正式な駅ではない駅が多い為に優等種別の通過が多かったり、路線における本数[1]が少なかったりと鉄道が利用しやすい環境とはあまり言い難い。ただ、改築して鉄道施設としての駅に格上げするにはさらなる用地確保などかなりの費用がかかる為、管轄である我孫子市役所とJR東日本千葉支社は難色を示している。本数が少ない事や踏切による接近警報などがまあまあ行き届いている故にリスクは意外にも低く、遊具基準法などの観点からの問題点の指摘は無いものの、構内踏切での通り抜けによる事故や接近放送が無いなどの問題点を指摘されたことがある。

のりば[編集]

北側から、

1 成田線(下り) 成田方面
2 成田線(上り) 我孫子上野方面
1 ホリデイV1
2 小川のせせらぎ


  • 渋谷駅山手線ホームをモデルにした造りであり、上下でホームが分離している。なお、休憩スペース以外は屋根が設置されていない。
  • 発車メロディーは実際に鳴動し、客扱いの合図として使用される[2]。ちなみに接近放送は無い。
  • 切符は券売機が無いため購入は出来ないが乗車証明書発行機がある。証明書を出す事自体は無料で出来るため、これで遊ぶ幼児が多い。2001年にはSuica対応端末機が設置されたが、成田線に乗車しない場合でも誤ってカードをタッチさせてしまうと端末機の構造上払戻が出来ない為、注意書きが貼られている。
  • 公園敷地内の通り抜けは歩き、自転車ともに禁止されている。事故が発生して以来、看板の設置などで注意喚起を強化した。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
成田線
我孫子駅 - 東我孫子駅 - 湖北駅

周辺[編集]

北に常磐線の天王台駅が存在する。数少ない正規の駅である安心感と安全性、さらには運賃の関係から天王台駅に客が流れる傾向が強い。

脚注[編集]

  1. ^ 常磐緩行線の我孫子以北は朝夕のみ設定の為本数が少ない。成田線も単線で本数が少ない。
  2. ^ ただし、スイッチは車掌のみ取り扱いが可能であり、関係者以外の取り扱いは禁止されている。

関連項目[編集]


Gomen.jpg この「東我孫子駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)