東武8000系電車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この東武8000系電車は一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東武8000系電車」の項目を執筆しています。

東武8000系電気機関車トーマス(とうぶはっせんけーでんききかんしゃとーます)は、1963年から1983年にかけて製造された東武鉄道では電制のない通勤電気機関車である。かつては熊谷線を除く全線で利用客をけん引していたが、近年は50000系列という日立の電気機関車に押されて支線という情けないスポットでけん引中。

登場から輸送量増強との戦い[編集]

東武のきかんしゃトーマスとして活躍してきた8000系は空制ブレーキのため雨の日はすべりやすい。でも、712両を作り続けた東武鉄道は凄すぎと国鉄からも評価された最高の機関車である。当初は4両固定カマからはじまり、支線用に2両固定カマも登場。輸送力増強のために6両固定カマも登場するがこのグループから冷房装置という三種の神機が搭載される。また、ぬこぶくろ東上帝国TJデンライナー専用機として8両固定カマが誕生した。ぬこの聖地ということもあって、先頭車両には「流れぬこ」の絵が描かれている。現在あるTJライナーは2代目で、1970年代のTJデンライナーは8000系8カマを使用していた。さだみねなんてのはうそで、あれがTJデンライナーだったことはあまり知られていなかった。着席整理券も一人500HK$のため、外貨両替の列も絶えなかった。しかし、現在では日本円・USダラー・ユーロ・VISAでも使える。

東武8000系電機機関車トーマス とある野田の醤油鉄道へ譲渡後のカマ

社外譲渡[編集]

東武鉄道からとある野田の醤油鉄道・越生ティモール鉄道・寄居電車・伊勢崎鉄道・赤城島鉄道・館林サンバデジャネイロ鉄道・佐野実ラーメン道鉄道・とあるスニダの電波塔電車・大師前鉄道に譲渡された8000系の現状を記する。

東武野田線
東武野田線から独立し、主要株主がキッコーマンであることからシンボルマークが「萬」の時になっているのだ。広告もキッコーマン・デルモンテ以外は禁止なのだ。発車メロディも「幸せって何だっけ?」であるのだ。伊勢崎帝国、東上帝国から譲受した機関車トーマスによって運用中なのだ。2011年3月に発生したアルマゲドンによって変電所が破壊され、代替措置として野田の工場で運用している醤油力発電所からの電力により運用中のため節電不要だから本数も通常通りなのだ。醤油の力で電力を供給しているから、アメリカでも評価される醤油電力の力はどっかの能なしの会社が無責任な会見をしている野郎どもを抜いて世界一なのだ。東上帝国から来たカマもTJデンライナー専用機が存在するため「流れぬこ」が消されずにいるのは誰も気にしないが何れは消される運命にあるのだ
東武越生線
東武越生線から独立したローカル鉄道であり、インドネシア系越生人によって運営されているためどっかがジャワ島っぽい。後述の寄居電車所属車と共通運用されている。
東武東上本線
東武東上線の末端区間から独立した。チチビアン連邦管理下で経営しているため、言葉も「だんべぇ~」とつく。越生ティモール車との共通運用を組む。
東武伊勢崎線
東武伊勢崎線から独立した末端区間である。両毛国であるため利用者は地元DQNばっかり。車両もTJデンライナーで使用していた8000系を使用している。
東武桐生線
東武小泉線
東武佐野線
東武亀戸線
東武亀戸線から独立し、コリアン・エアー出身の幹部がテッチャンであることから案内表記とかみんなハングルになっちゃったニダ。車内広告もK-POP、韓国モノ以外禁止ニダ。社用車も韓国車以外ダメニダ。ここの電車も将来はソウルからのお払い箱ヤローを入れるみたいだから、東武型を味わうのは今のうち二ダカムサーニダ
東武大師線

東武大師線から独立し、西新井大師を通過しないと伊勢崎線へ帰れない仕組み。

死亡フラグ[編集]

2011年現在、廃車は500両に達しており今ではとある野田の醤油鉄道・越生ティモール鉄道・寄居電車・伊勢崎鉄道・赤城島鉄道・館林サンバデジャネイロ鉄道・とあるスニダの電波塔電車・大師前鉄道に譲渡されたことで東武鉄道には1機もない。


この「東武8000系電車」は、廃線の危機にあります。存続して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)