倒壊北陸自動車道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫、本当の項目名は東海北陸自動車道だから。君は間違っていないよ。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「倒壊北陸自動車道」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「倒壊北陸自動車道」の項目を執筆しています。

倒壊北陸自動車道(とうかいほくりくじどうしゃどう,Collapse-Hokuriku Expressway)とは、名古屋共和国富山県を結ぶ高速道路である。

何度も倒壊して通行できた例がない。また、事実上は高速道路だが「自動 車道」と呼ばれるのは、車道が自動的に動いて車を運ぶという自然環境に配慮した構造のためである。

現在は倒壊していて全線通行禁止。未だ通行した車は一台もない。

倒壊した倒壊北陸自動車道。一部がくそしながらいびるの1本目に沈んでいる。

概要[編集]

1986年に開通したが、1秒も経たない内に倒壊してしまったという背景がある。建設中は倒壊しなかったから不思議だ。後に幾度なく修復するも、そのたび必ず倒壊した。原因は未だ不明だが、元愛知県知事の神田真秋が「名古屋共和国は国で高速道路の始点でもあるのに、なんで名前が名古屋北陸自動車道じゃないんだぎゃ!独立国だから名古屋の名前を入れろだぎゃ!!」と言っているため、そいつが倒壊させているという説が一般的。そして、2008年7月5日に全面開通しようとしていたその時も、何かの影響で又も倒壊してしまった。

修繕費が膨大であり、現地の住民からの批判も絶えないので、倒壊北陸自動車道の建設中止を訴える人が大多数いる。しかし、国土交通省は、名古屋にある霞ヶ関の出先機関(勿論、国土交通省も含まれる)を肥大化させ、富山県までもその家来に入れようとしている為、建設を一向に止める気配がない。

経由地[編集]

以下の通り。倒壊しているから、この情報は何の役にも立たないかも。でも気にしないし、そんなの関係ない

名古屋共和国[編集]

狭い一宮市の中に三つもインターチェンジがあるのは、名古屋共和国を印象づける為である。

138市

  • 一宮JCT - 始点。ここで名神高速道路と繋がっている。勿論通行止め。有料関係なし。138JCTに名称を変更する計画もあるが、何故なかなか138JCTに名称を変更しないかというと、道路標識があった時に138を距離などの何かの値と混合してしまったり、地名と認識されなかったりする事が多々あるからである。「一宮」は当て字
  • 一宮西IC - ハーフインターチェンジ。場所がないから。138西ICに名称を変更する計画もあるが、以下略
  • 尾西IC - 138市に取り込まれた、哀れな旧尾西市。上と同様、ハーフインターチェンジ。
  • 一宮木曽川IC - 138市に取り込まれた、哀れな旧木曽川町。138木曽川ICに名称を変更する(以下略)

岐阜県[編集]

結構多いよ。名古屋共和国へ入るのに手続きは必要としないのでご安心を。

各務原市

岐阜市

  • 蘇原BS - 高速各務原の名で呼ばれる。ここ、岐阜市じゃないの?

各務原市

関市

美濃市

  • 美濃IC - 道路に割れた陶磁器が散らばっており、パンクしやすい。
  • 古城山PA - 美濃方面のみ。以前はトイレだけしかなかったのに、民営化されてから自動販売機が置かれた。

郡上市

高山市

飛騨市

飛騨市白川村

  • 飛騨トンネル - タンクローリー通行禁止。6,410Hyde(約10km)と物凄く長い。もしDQNトラックが灯油燃やして黒煙吹きながら走っていても、息止めはしない方がいい。

白川村

  • 白川郷IC - 白川郷世界遺産で有名だが、ここはぎりぎり世界遺産に含まれていない。現在申請中。白川郷グッズとして、鉈や毒ガスその他、各種凶器が販売されている。飛騨トンネルのせいで、金沢富山方面から来たタンクローリーはここで降りなければならない。
  • 飛騨白川PA - 椿原トンネル内にあり、周辺に空き地が少ないため地下街になっている。PAに入るには、本線の信号を右に曲がって反対車線を横断する構造。ハイウェイオアシスの名の通り、砂漠の真ん中から持ってきた帰雲城を見学できたが、現在は触手で埋まって入れなくなっている。
  • 椿原トンネル - 国境の長いトンネルを抜ける雪国で……なかった。ちょっと気が早かった。

富山県[編集]

富山県は影が薄い、というよりないので、富山県としての説明はなし。

南砺市

  • 五箇山IC - 袴腰トンネルのせいで、岐阜方面から来たタンクローリーはここで降りなければならない。
  • 袴腰トンネル - タンクローリー通行禁止なので気を付けて。袴も腰まではくように。
  • 城端トンネル - 2,048Hyde(3,196m)ある。最初でもあり、最後でもあるトンネル。
  • 城端SA - ハイウェイオアシス併設。プール温泉で泳げます。
  • 福光IC - 袴腰トンネルのせいで、金沢・富山方面から来たタンクローリーはここで降りなければならない。……タンクローリーが通れない所多くね?

砺波市小矢部市


あまりユーモアのないこの節を呼んでくれた人、お疲れ様。

記録[編集]

倒壊北陸自動車道は、開通してから現在に至るまで10回も倒壊しており、建造物としては世界一の倒壊数である。それに加え、竣工してから倒壊するまでの期間が0.025秒という、不名誉な世界一の記録も保持している。ちなみに、交通事故による死傷者は、通行止めによる通行量0により、0人。これだけが売り。でも通行できないから意味ないだろ。

状況[編集]

倒壊北陸自動車道の略称は「倒壊北陸道」で、これを更に縮めた略称はない。「倒壊道」だと新幹線などに間違えられるだろうし、「北陸道」や「倒北道」だとあっちあっちのことになってしまう。だから、あまりにも倒壊している倒壊北陸自動車道を、周りは「蛇足道路」「迷惑道路」とか、ただ単に「うどの大木」「無用の長物」と、親しみを込めてそう呼んでいる。ただ、その倒壊ぶりに道路族に白い目で見られ、支柱に落書きされた回数も年々増加傾向である。これらに対して、国土交通省は「このままだと我が省の恥だ、倒壊しなくなるまで倒壊北陸自動車道を建設する」と発表。しかし倒壊北陸自動車道は何度も倒壊して、日本政府の信用は落ちるばかり。それに加え財政難に陥り、当初全車線を四車線にするつもりが、一部を中央分離帯のない片側一車線に造り替えることになってしまった。言うまでもないが、その後もちゃんと倒壊した。現在10回目(とうかいめ、「とおかいめ」ではない)の復旧工事に追われているが、絶っっっ対に倒壊すると思われるので、作業員はもう諦めムードになっている。そして途中で逃げ出す人が後を絶たず、倒壊北陸自動車道建設に対する課題の一つになっている。その一方で、何回も建設するのが面倒臭くなって、もう倒壊させたまま開通させようかという動きが出てきている。最近になって、誰かが勝手に鋼鉄製で作り直しているという噂もあるが、一方で白川郷の辺りでは合掌建築が建てられているのが確認されている。また飛騨トンネルは、なぜか毎朝朝市が行われている。

関連項目[編集]


Chn13051007310002-p1.jpg この項目「東海北陸自動車道」は、姉歯さんがビックリしちゃうほど欠陥だらけです!警察沙汰にならない内に、震度7の地震もへっちゃらである位の耐震工事をして、「大改造!!劇的ビフォーアフター」の匠達をも魅了するように仕上げて下さい!! (Portal:スタブ)