東白川村

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東白川村」の項目を執筆しています。

東白川村(ひがししらかわむら)は、岐阜県加茂郡にある村。

つちのこ様信仰が古くから行われており、現在も真の村長(支配者)はつちのこ様であるという。

概要[編集]

つちのこ様と神道を厚く信仰する村である。現在でも村域に寺、仏像、経文といった仏教に関わるものはほぼ皆無である。とは言え、明治初期までは寺もあり、住民も仏教を信仰していたが、つちのこ様の熱烈な信仰者であった当時の領主が廃仏毀釈を徹底的に行なったため、住民はつちのこ様信仰となった。破壊された寺や仏塔などはリサイクルされ、石階段や壁、石畳などに再生された(罰当たりな気がするが・・・)。

一時期、岐阜県が合掌造りのテーマパーク白川村の成功を受けて、この地域を二番煎じのテーマパークとして大々的に宣伝したが、所詮「白川村とよく似た名前だから」「東とついているが白川村の東に隣接していない」「合掌造りや寺のオープンセットを造っても翌朝には消滅する怪現象(つちのこ様も力?)」などがあり、テーマパークとしては失敗している。


平成の時代になると、つちのこ様の姿を見かけることも極端に少なくなり、この10年以上見つかっていない。様々な研究者(川口浩宮内洋山口敏太郎など)が探索するが見つかっていない。村も年に1回、住民や村以外の人を集って大々的な探索を行なっているが見つかっていない。あ~あ、つちのこ様は何処・・・。つちのこ様の御姿は住民の心にはしっかりと焼き付いているので、心の中に生きているかも(村としては町おこしとしては見つかって欲しくないというジレンマがあるのだが)。

つちのこ様伝説[編集]

言い伝えによると、有史以前に「つちのこ」がこの地に光臨し、住民にあらゆる知識を伝授。十戒を残したという。現在も伝わるのは以下のものである。

  • 私(つちのこ様)をあがめなさい。
  • 私以外に、神道を信仰しなさい。
  • 飲み物は「白川茶」のみ飲みなさい。
  • 私の分身の亡骸を見つけたら、速やかに埋葬しなさい。
  • 私を埋葬した地の土を御神体として祀りなさい。
  • 村を流れる川に「白川」「黒川」「赤川」と名づけなさい。

「私以外に、神道を信仰しなさい」を破った結果、上記のように廃仏毀釈が徹底的に行なわれた。また、「私を埋葬した地の土を御神体として祀りなさい」は行なわれ、つちのこ神社が創建された。


関連項目[編集]