松田宣浩

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「松田宣浩」の項目を執筆しています。

松田 宣浩(まつだ のぶひろ、1983年5月17日 -)は福岡ソフトバンクホークスに所属する赤ちゃん。 母親は九州朝日放送(KBC)元アナウンサーの柴田恵理。愛称はまばたき王子。

人物[編集]

とても甘えん坊でお母さんに後ろからギュってしてもらうのが大好きらしい。もっとも、屈強な体を持っているとはいえ赤ちゃんなのだからこれは当然である。

経歴[編集]

前世[編集]

プロ野球赤ちゃんとして現代に転生する前は、ある村に住んでいた、野球とは全く縁のない生活を送っていた心優しい若者だった。 ある日、若者が海辺を通りかかると、子供たちが大きな亀を捕まえていぢめていた。 亀を哀れに思った若者は子供たちに金をあげて、その亀を引き取る。 取引成立後、若者は亀をそっと狭山湖に逃がしてやった。…これが「金銭トレード」のはじまりだということは言うまでもない。

そして、時を経て現在――。

px マウンド上にいる亀の名を持つピッチャー(聞こえますか…松田さん、松田さん)

バッターボックスの松田「ん?」

亀の名を持つピッチャー(次の球は甘いスライダーです…かっとばしちゃってください)

松田(なんだと)

亀の名を持つピッチャー(いきますよ、松田さん…!)ビュッ

松田(!!)カキーン

実況「いっとぁー!こーれは間違いなくいっとぁー!」

松田(何で君はそこまでしてくれるんだ、あれは前世紀のことじゃないか)

亀の名を持つピッチャー(いいんですよ、松田さん…あの恩は忘れません)

松田「ありがとう、十亀くん…!」

松田「熱男おぉおおおおおおおおおおおおおおおおっ!!!!!」

px

この一連の流れを人々は「十亀の恩返し」と呼ぶ。

生い立ち[編集]

正確な出生は不明だが1983年ごろから琵琶湖で赤ちゃんが瞬きする姿が目撃されていることから滋賀県で生まれたと推測されている(一説には生みの親はブルーギルだとも囁かれている)。 生後間もなく独学で屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツを学び始め、肉体年齢22歳の時に福岡ソフトバンクホークスに入団した。2008年には現在の母親である恵理に拾われて、以来幼少の時に受けられなかった愛情を精いっぱい注がれるようになったようである。

プロ野球選手として[編集]

安心感からか母親に拾われたのとほぼ同時期に持ち前の身体能力を開花させホークスのスタメンに定着。以来恐怖の8番打者などの称号を貰うも赤ちゃんであるが故にデッドボールの度に骨折し、毎年20本に届かない程度のホームラン盗塁王を狙うとまではいかない程度の盗塁を決めている。

特に2009年シーズンは開幕戦で壊れた信号機の犠牲となり骨折。6月5日の広島戦でようやく1軍に復帰するも7月18日のロッテ戦で唐川侑己から死球を受けて1シーズンに2度の骨折という偉業を成し遂げた。

2011年、統一球の導入により他の打者が成績を落とす中、秘技・マエテギュンを会得しキャリアハイの成績を残した。マエテギュンの効果は亀くんも飛距離を伸ばすほどである。この年はベストナインこそおかわり君に譲るもシーズン13失策でのゴールデングラブ賞を受賞。2012年も好調を維持するも、チビから死球を受けて残りシーズンを棒に振る予定。

関連項目[編集]


Hito.png この項目「松田宣浩」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)

熱男!