枕草子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「枕草子」の項目を執筆しています。
「春にはKOした曙が現れて、段々と体が白くなっていき次第には燃え尽きてしまい、いとおかしと解釈した奴は馬鹿であろう」
枕草子 について、織田信長

枕草子(まくらのそうし)は、平安時代清少納言が暇をもてあまし、筆を思いつくままに運んだ(書き殴った)事で生まれた文の集まりである。何気ないことを書きまくったエッセイ(随筆)集というのが正しいかもしれないが、なぜか日本の名作と称えられている。

内容[編集]

平安時代の女性は一日中家に閉じこもる生活を送っていたため、毎日が退屈で仕方なかった。清少納言はその暇をつぶすために、日常の様々なことを逐一メモ書きしたり、それを主観的に記したりしていた。また。自身の乱れた性生活をつづったメモも残されている。

第一章の、「春はあけぼの やうやう白くなりゆく山ぎは……」で始まる所がよく知られている。四季折々の素晴らしい時間帯が、一日の中のいつであるかを記したものだが、こういう事は暇人だったからこそ感じる事が出来るものである。

なお、枕草子では現在に通じる「萌え」の語が使われていたことも、昨今になって判明している。[1]

ちなみに、「枕の精子」と聞き間違えたりするとちょっとエロい。

清少納言は当初、この物語に後書きとして紫式部悪口箇条書きで書き散らしていた。しかし、性格が良いからなのか分からないけど死ぬ直前に「これが将来語り継がれることになって、私の本性が知られると怖い・・・」とビビッて消去。また、清少納言は「ミステリアスな感じ」を求めるために髪の毛を緑色に染め、生年月日を不明ってことにしておいた。そして安らかに眠った。

だが、当の紫式部のほうが自分の日記で清少納言の悪口を書いていた。さらに、紫式部も生年月日が不明になっていたので、結果変な苦労だけが残った。

春は曙[編集]

国民の注目を集めた今年の大相撲場所は、14勝1敗で関が見事に優勝を果たしました。フラッシュを浴びて白く輝く曙の盛り上がった膝からは、少し紫色に染まったらしきものが細く流れていました。

の満月の夜が明けない東方永夜抄は言うまでも無く、闇の中でリグルが飛び回っては「飛んで火にいる夏の虫」の如く、弾幕の雨に次々と落とされていきました。ワロスwww

になるとサンライトハートに刺されて山の頂上へと突き落とされたのですが、幸運にも途中で槍が抜けてどこかへ飛んでいって、私の身体はカラスの巣に落ちたので難を逃れました。カラスがびっくりして何匹も飛び散っていきましたが、そこに落ちてきたサンライトハートが三、四羽串刺しになりました。これはワロスwwww

受験勉強に勉めていたけど雪が降ってきたのに気付かず凍死するところでした。そんなに寒くなくても、誰かが外で放火をするための炭を持って火を付けようとして逮捕される人が月々見かけるのは見慣れた風景です。昼になって火桶の火を見ている老人は、雪まみれでテラワロスwwwww

書名の由来[編集]

元々「枕草子」とは、この当時に於いて、特定の書名や作品名とかではなく、一般名詞であった。意味は、(元に置く)草子と言う意味である。草子とは、2017年の近代に於いては余り聞きなれない言葉であるが、絵を多く入れた(大衆的)な読物の冊子本(さっしぼん)の事である。即ち、枕元におく絵を多く入れた読物の冊子本であれば、2017年の今日日に於いても、姿形を変えて存在しており、特に思春期の諸君に於いては、「ああ、あれの事か!!」と察する方も多い事だろう。 そもそも、その存在自体が、白日の下にさらすべきでない存在であり、故に、古来より研究者の間で論争が続き、いまだに解決を見ない現状であるが、当たり前である。 しかしながら、このような色気のある説が嫌われる環境に於いては、以下に述べるような色気とはかけ離れた説で述べられているが、滲み出る色気を拭い去れて居ない。

  1. 備忘録説:備忘録として枕元にも置くべき草子という意味
    即ち、今日一日で見聞きしたあんな話こんな話を枕もとのノートにしたためて、夢の中で再現する算段である。
  2. 「枕」を「枕詞」の「枕」と同じく見て、内容によって書名を推量した説
    枕詞(まくらことば)と言うと、「和歌などに見られる、語調を整えたり、情緒を添えたりする言葉のこと」をイメージしがちだが、ここで言う枕詞とは、英訳pillow talk(枕元での言葉)も、含まれる点に注意。
  3. 秘蔵本説:枕の如く人に見すまじき秘蔵の草子
    見つかると、なぜか勉強机の上に移動されているようである。
  4. 寝具説:「しき(史記→敷布団)たへの枕」という詞を踏まえた洒落
    枕だろうが布団だろうが、寝床を共とする点に変わりはない。頭だけだったのが、体を包むとか、もっとダメである。

関連項目[編集]