林間学校

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「林間学校」の項目を執筆しています。

林間学校(りんかんがっこう)とは、からにかけて広く行われる学校行事の一種である。

概要[編集]

林間学校は主に体育技能や集団生活に関する技能を伸ばすための宿泊学習であり、男女混合で行われる大規模校外学習である。林間学校を通じて周囲との絆を深めたり命の大切さを知ることが目的となる。その為求められる能力水準はやや高めではあるが、生徒達が楽しみながらお互いを高めあうことを第一として指導要綱が組まれる傾向があり未達成による査定低下などは考えないことが殆どである。

修学旅行と同一視されることもあるが、宿泊期間や移動距離などで区別することが多い。修学旅行は一週間程度の期間を使い観光地に行くことが多いが、林間学校は数日単位で山間部など自然の豊富な箇所が多い。また修学旅行では教師による指導はあまり行わないが、林間学校では盛んに行われる。更に民間の宿泊施設ではなく学校所有の合宿所を使うなりテントを設営するなりして宿泊することも特徴的である。

よく行われる行事[編集]

定番として行われるのはグループ登山で、これは男女混成の数名グループを組んで各々がチェックポイントを目指して軽度の登山を行うもの。自然に親しみ、皆が協力して一つの事を成功させる達成感を求めるものなので、体力や技能が平均的になるようにグループを組ませるのが普通である。

グループ登山の後は飯盒炊爨やバーベキューを行うのが定番で、家庭科技能の習熟度を見る狙いがある。ちゃんとエプロンをしているか包丁の使い方は出来ているか、と教師がしっかりとチェックを行う。これも男女混成が普通。というか近年は男女平等だなんだとうるさいので、男女一緒にやらせないと面倒な事ばかりが増える為性別に関わらずやらせるのが一般的となった[1]

夜の定番としては、キャンプファイアーやオリエンテーリングなど一体感を高める行事が上げられる。生徒たちが皆一緒になってお互いの足りない部分出すぎた部分をフォローしあいながら楽しく遊ぶのがその目的であり、林間学校のハイライトとなる。その後は温泉などを使った集団入浴の後で雑魚寝するという流れが普通である[2]。いずれも集団行動の一環として行われるもので、皆が楽しく絆を深めあう事を目的としている。

脚注[編集]

  1. ^ 大昔に「私作る人、僕食べる人」というCMが男女差別だと潰されたことがあったが、状況は悪化の一途を辿っているのである。フェミニズムの闘士達は執念深くて…。
  2. ^ 地域によっては枕投げ肝試しも行うが、これは学校主導ではなく生徒間の自発的なもの。

関連項目[編集]

もしかして: 輪姦学校

IeX.jpg
危険
この項目は未成年者の閲覧に相応しくないので、未成年者は親に見つからないようにしてください。
見つかった場合の責任は一切負いません。