柏木由紀

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Disambug.png柏木由紀子とは異なります
AKB Message 02.jpg


柏木由紀(かしわぎ-ゆきりん)とは、AKB48チームBのキャプテンであり、同グループの黒幕である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「柏木由紀」の項目を執筆しています。

来歴[編集]

近影。指の位置に注目。

元々は鹿児島県の蘭牟田池で発生した毬藻(まりも)である。アイドルになりたいという夢を叶える為に、童話の人魚姫で実績のある魔女と契約して、毬藻であった体と引き換えにナイスバディな女性の体を手にする。モーニング娘。のオーディションで最終選考まで残るが、落選し、一時は命が危うくなる。しかし、「まだもうひとつオーディションがあるから」と言いくるめ、魔女をなんとか騙して逃げ切った。腹黒さを語る伝説はその瞬間から始まっている。

自らの恋慕を諦めた為に泡となって消えた人魚姫と違いAKB48への加入で夢を叶えた為今も精力的に生活している。また、所属事務所が同じ二人と黒い三連星フレンチキスを結成し、そこでも黒幕として活躍中である。

ちなみに、もともとまりもだったのだから、まりもっこりに似ている(目が特に)というのも不自然ではない。ちなみに、今でも異常に成長したまりもを胸に隠し持っているのは周知の事実である。

性格に関しては「人見知り」と自身は公言しているようだが、メンバーの一部では「腹黒い」と囁かれている。

ゆきりんのファン達[編集]

「柏木さ~ん!」
ゆきりん について、松岡修造

声援やブログに暖かいコメントを贈るファン、常に彼女の名を呼び続ける熱苦しいファン、彼女の為のテーマ曲を作詞までしてしまうコアなファンがいれば、熱の入りすぎて「俺の嫁」呼ばわりしたり彼女で「ぬきりん」するアイドルオタクや、揚句の果てにスキャンダルねつぞうまでやらかすヤンデレまで存在する。その濃厚な世界観を垣間見てみたいなら、下の外部リンクを見ていただこう。

彼らの頭の中には愉快なファンタジーが巡っているのだろう。ファンだけに。

キャッチフレーズ[編集]

Quote1.png 寝ても覚めてもゆきりんぬきりんワールド、夢中にさせちゃうぞ!! Quote2.png


寝ている最中にも夢に出てきて、覚めてからも朝立ちさせて、そんでもって夢中になっちゃた人達が昼も夜もぬきりんする。そんなことを言いたいのだろう。


ちなみにデビュー当時構想が立てられていて却下されたキャッチフレーズは以下の通り。

にちりんに乗ってやってきたゆきりんです!
九州の特急にちりん号と掛けて、響きと親しみ易さを重視したらしいが、にちりんは東京に到達しないし、ましてや本州にも来ないのでリアリティに欠けてイマイチ、という理由で却下された。同じく響きと親しみやすさでキャッチフレーズを決めたあきちゃのようにうまくはいかなかったようだ。
ゆきりんでぬきりんですっきりんさせちゃうぞ!
こればかりは男に媚び過ぎでいる為、運営もGoサインなど到底出せるものではないだろう。もしこのキャッチフレーズを強行して使っていたなら、彼女は今頃SDN48行きであるに違いない。

関連項目[編集]

野菜シスターズ.jpg 一日一本、健康のために柏木由紀」を加筆しよう! 
さあ!!課長さんも、こっちにおいでよ!! (Portal:スタブ)