柿の種

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
これが柿の種。食べられません。
これが柿の実。皮をむくと食べられます。

柿の種(かき-たね)とは、の果実の中に入っている種子である。姉の種ではない。

概要[編集]

秋に食すと美味しい柿。昔の悪ガキがカミナリ親父の家に生えている木から柿を盗んで追っかけられることで知られる柿。柿を食していたら法隆寺の鐘が鳴ったことで知られる柿。柿の種は、日本人に馴染み深い柿の果実の中にある種子である。和歌や俳句で柿以外の果物を題材にしたものを聞いたことがない[要出典]ことからも、柿は昔から親しまれてきた果物と言える。何度も言うが、柿の種は、そういった柿の中にある種子なのだ。

特徴[編集]

  • 外見はこげ茶色をしているが、切断してみると中は白くなっている。少なくとも醤油せんべいの色ではない。
  • 硬い。果実と一緒に食べようとすると歯が欠ける。お年寄りの場合は根元から折れることもある。少なくともカリッとおつまみ感覚で食べられるものではない。
  • 植物が育つ土地に植えると柿の木が生えてくる。桃栗三年柿八年と言うから8年待ちましょう。

亀田の柿の種[編集]

柿の種と聞けば思いつくのが、CMでもおなじみの亀田製果である。同社は品質の高い柿を育てるため、様々な努力を惜しまない。

その1つとして取り上げられるのが、韓国の農業開発メーカーである農心との業務提携である。農心は「農薬や化学肥料などを使わず、ゴキブリネズミ幼虫でも安心して食べられる果物を育てる」ことをモットーとしているメーカーである。亀田製果はその農心と提携し、遺伝子組換え技術を利用することで、無農薬・無化学肥料でもスクスクと育つ柿の種を開発することに成功した。

また、亀田製果の本社や工場は新潟県にあるのだが、新潟県の隣には福島県があり、一部の国民が「セシウムがついた柿なんぞ食えるか」と反発し、亀田製果自身も「放射能によって我が社の柿の種にどのような影響があるのか分からない」と考えた。そのため、放射能の心配が無いと思われる韓国のメーカーと提携することにしたのである。一部の人たちが「チョンガーチョンガー」と騒いでいるが、大部分の人は気にしていない

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「柿の種」の項目を執筆しています。


Imgb4da957b62oe8w.jpg 柿の種は、まだ定食屋の付け合わせ料理です。一品料理にして下さる一流シェフを求めています。 (Portal:スタブ)