柿沢未途

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「柿沢未途」の項目を執筆しています。

柿沢未途(かきざわみと、1971年1月12日生-)とは、日本政治家である。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「柿澤弘治」の項目を執筆しています。

父・柿澤弘治(元外務大臣)の「入るんだったら自民党」という希望[要出典]を無視して「時代は民主党なんだぜ!」と民主党へ入党したものの飲酒運転で事故を起こし、リストラされてしまう。しばらく不遇をかこつていた[1]ものの、渡辺喜美の乱に乗じてみんなの党へ転がり込み、平成21(2009)年の第45回衆議院選挙に出馬。党の人気・期待に紛れて黒歴史を巧みに隠蔽、まんまと比例当選を勝ち取ったのであった。かくして2011年現在、衆議院議員に納まっている。また、当選後本人のプロフィールに、禅僧のコスプレを披露、黒歴史カミングアウト作戦に出る。その後エスカレートし、ナース服やメイド服コスプレまで拡大するかは不明。官民限らずサラリーマンでは飲酒運転はクビにされ仕事を失い、人生取り返しのつかないことになるが、本人は議員は特権階級たる例外であり、美空ひばりのように、不死鳥(フェニックス)のごとく蘇ることを見事証明した。……かに思われたが、みんなの党渡辺喜美代表から「党から出ていってくれ」とストレートにみんなの党から追い出される。「みんな」なのにハブられるとは皮肉であった。

来歴[編集]

少年時代[編集]

父の赴任先であるベルギーで生まれたが、帰国後の子作りを計画していたため「どーすんだよ、この子?!(未だ目処つかず)」という困惑の思いを込めて「未途」と命名されたと言われているが、この事については一族みな固く口を閉ざしている。また、日本にいる親族からは「かわいい赤ちゃんの顔が見られない」という激しいクレームがあったものの、「仕事だからしょうがないじゃないか」と任期が終わるまで現地に滞在。その後帰国した時には、すっかり典型的な帰国子女……つまり日本語と現地語[2]がごっちゃになった状態で、日本の親族とは意思の疎通さえままならない状態であった。が、それでもどうにか日本語が話せるようになった陰には、両親の血の滲むような教育があったことは言うまでもない

青年時代[編集]

その後、がんばって東京大学を卒業した未途はNHKに入局、記者として長野放送局に勤務することになったが、「オラこんな村ァいやだァ」と4年で退職。そのままNEETになる訳にも行かないため、父が秘書として雇うことにした。その後無所属だけど「1/2の会」代表として都議会議員選挙に出馬・当選してみたり、「自民の時代は終わった。これからは民主だぜ!」と自民党員である父を裏切ってみたり、飲酒運転で事故を起こしてみたり、しばらく雲隠れしてほとぼりが冷めるのを待ち構えてみたり、そして「みんなの党ブーム」に乗じて華麗なカムバック(笑)を気取ってみたり、これからもなかなか楽しみな人生が待っているのであった

中年時代[編集]

「まだ、あともうちょっとだけ続くんじゃ。」
柿沢未途 について、亀仙人

人物[編集]

バベル&ユーザーボックス
Blogこの利用者は柿沢未途「日々是修行」ブログなんかにウツツを抜かしてやがります。
Twitter.pngこのユーザーはTwitter@310kakizawaという名前でつぶやき中なう。

極度のインターネット中毒で、何がしかでも「つながっている」感覚に飢えている[3]ため、最初mixiにハマったものの何をやらかしたのかmixi八分にされてやむなく退会。そこで始めたのがブログ、続いてTwitterが流行すると真っ先に飛びつき、現在に至っている。そんな寂しんぼな彼を、みんなフォローしてあげよう。かわいそうだから。あるいは他の健康的な趣味を教えてあげるのもいいかも知れない。また、雪グルメでも有名であり、酒を飲んだ後に首都高の雪を食べるのが最も好きなようである。

脚注[編集]

  1. ^ に監禁されたり、父親の介護を押し付けられたり等。
  2. ^ ベルギーではフランス語オランダ語、ドイツ語が使われる。
  3. ^ パパとママの愛情が足りなかったのか?!

外部リンク[編集]

関連項目[編集]