校長先生

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
校長から転送)
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「校長先生」の項目を執筆しています。

校長先生(こうちょうせんせい)とは、どこの学校にも存在する学校の最高責任者である。

概要[編集]

「毎週○曜日」など決められた曜日に朝会をはじめる。校長先生の話については校長先生のスピーチを見ればわかると思う。

学校では、生徒などに「良い人だ」と思わせる為学校の掃除などをするが、ほぼ生徒の授業中にやるため意味はない。

また、結構なお給料を貰える校長先生は黒い車で移動する人が多いが、中にはママチャリに乗ってかごの正面には 「パトロール中」 とかいう紙を貼り登下校する頑張ってる校長もいる。(実話)

いじめについて[編集]

いじめがあり、生徒が自殺などをしてしまうと 遺族に対して

  • いじめがあるとは思ってもいなかった。
  • ○○君は、前日まで楽しく過ごしていた

など、学校の評判を気にしている為 をつく。

  • ○○君に責任があるのではないのだろうか!
  • ○○君が勝手に被害妄想をして死んだのではないか!

などと逆ギレをするときもある。

ちなみに、朝会などで「いじめについて」のお話をするが 実際に起こると、担任任せで自分には関係ないという顔で学校の掃除を始める。

校長先生の話はなぜ長いのか[編集]

えー、なぜ校長先生の話が長いかと言うと、ひとえに、校長先生の話は長いものであると相場が決まっているからである。 考えてもご覧。短い校長先生の話なんて想像できないでしょう。 例えば 「それでは校長先生のお話しです。」 「えー、皆さん、今日は始業式ですね。最近はインフルエンザが流行っていますが、皆さんはうがい手洗いでしっかり感染を予防して下さいね。ところで、正月から8日が経ちましたが、生活リズムは元に戻りましたか?くれぐれも勉強をおろそかにしないように。学生時代の一時一時を大切に。では私の話は終わります。」 などと、30秒で終わる話をしてしまっては、校長としての威厳が保てないのであり、校長の威厳=話の長さで、話の短い校長は生徒からバカにされてしまうのだ。

まあ、長い話をしたからといって、生徒から好かれるかといえば寧ろ逆なのだが、生徒から舐められるよりは幾分マシである。

私だって、長い話をするのは辛いのである!腰痛持ちの私が、15分も教壇の上で立って話すのは辛い。10分ぐらいでもう辛い。でも時計を見て「あと5分。あと5分話したら私は席に座れるんだ」と思いながら歯を食いしばって話してるのだ。

思えば私の若い頃にも話がやたら長い校長がいたものだ。 あれはまだ小学生の頃、1960年頃のことだったが、私は北海道夕張市の炭鉱街に両親と3人で住んでいた・・・

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

校長という人物[編集]

[編集]

頭はハゲているという人もいれば、髪がちゃんとある人もいる。ただ後者の場合は、着脱可能な人工毛髪 の場合もある。

[編集]

今まで大変な苦労をしてらっしゃるため 顔は老けている。めがねをしている人が多い。 しかしそれは威厳を保つためであることが多い。実際はゲーム狂の子供たちより良く見える。

[編集]

平成18年度の調査から、太っていることが多いとされる。が・・・ち○まる子ちゃんの校長先生は太っていない。

性格[編集]

優しいフリして実は厳しい。学校のことを良く考えてるようで実は違うことを考えている。偽善者という言葉がよく似合う。 完全防音の校長室に女生徒を連れ込んでは連日連夜アーン♥♥三昧を繰り返している変態など。

関連項目[編集]