棒人間

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
ボウニンゲン
Bouningen.jpg
日本に生息するボウニンゲンの一種
分類
0 0:0動物界 Animalia
0 0:0脊索動物門0Chordata
0 0:0哺乳網0Mammalia
0 0:0霊長目0Primate
0 0:0ヒト科0Hominidae
0 0:0ホモ属0Homo
0 0:0ボウニンゲン0H. sticcus
学名
Homo sticcus0Linnaeus, 1758
和名
ボウニンゲン
英名
Stick Human

棒人間 (: Stick Human) とは、ヒトの1種であり、頭に対して細い体が特徴である。

そのような特徴を持つヒトを「棒人間」と総称するが、現生はホモ属のボウニンゲン (Homo sticcus) 1種のみが観測されている。

概要[編集]

2018年現在、ボウニンゲンはホモ・サピエンスを除いて唯一絶滅していないヒト属の動物 (人類) である。頭部と比較してが細いのが特徴である。

成人のボウニンゲンの平均身長はおおよそ156cmほどであるが、ホモ・サピエンスと違い、生まれた直後の身長は15.6mm156mm程度と小柄である。そのため幼少期はの容量が足りず、言葉を話せるようになる時期は8歳〜10歳ごろと遅い。また成長の速度は比較的遅く、寿命は最大で200年ほどと言われており、ヒトと比較すると非常に長い。

生物学におけるボウニンゲン[編集]

棒人間の起源は多くの研究者により異なる意見が述べられているが、遅くとも5万年前には他の種から分岐していたことが分かっている。他の棒人間が絶滅し、ボウニンゲン1種のみになった時期は定かではないが、化石などから、おおよそ2万年前〜1万年ほど前にはほぼ現生のボウニンゲンと同等の種が誕生していた、ということが示されている。

ボウニンゲンの特徴として、頭部に比して極端に胴部脚部が華奢であることが挙げられる。このような進化をした理由は定かではないが、外敵からの視認性を下げるためである、という説が有力である。重量物である頭部はヒトの頭部と比較するとかなり軽量である。これは足腰に掛かる負担を少しでも減らすためだと考えられている。また、胴部や脚部の骨は密度に比して強靭で、筋肉量はヒトのものよりも発達しており重たいが、かなり綿密な造りをしており、外部から見るとかなり細く見える。

これらの特徴から、ボウニンゲンはヒトと比べて著しく高い運動能力を持つ種である。そのため、多くのスポーツ競技種目においてボウニンゲンはヒトと異なる区分である。

胴体の色は一見く見えるが、これは細い体毛によるものであり、皮膚の色は黄色など環境や個人によってさまざまである。または体毛に覆われていない。ヒトほどの量のは存在しないことが多いが、髪が存在するボウニンゲンも一部に存在する。の色も多種多様であるが、白い肌の場合瞳の色は赤であることが多い、ということが統計的に明らかになっている。

しかし学名からも分かる通り、ボウニンゲンとヒトは遺伝子上ではかなり近縁の種である。見た目や運動能力以外はヒトとほぼ同等である、という点について留意すべきだろう。

ボウニンゲン・ヒトは同属であるため、交配を残すことが可能である。しかし、遺伝子の問題でその子とボウニンゲン・ヒト・それらの交配種とともに交配させたとしても妊娠することが不可能である。そのため、ボウニンゲンとヒトの交配は多くの国の法律において禁止されている行為である (ただし、倫理的に問題があるとして一部では問題として提起されている)。

また一部文献には「魔法が使用できる」「超能力を持つ」などといった情報が記されているが、これはボウニンゲンの運動能力などを神格視した結果であると考えられており、少なくとも現生のボウニンゲンはそのような特殊能力を持っていない。

人類との関わり[編集]

「踊る人形」において、棒人間たちがとらされていたポーズ一覧。

人類の中で最も古い文明といわれているメソポタミア文明などにおける粘土板や、古代エジプト文明におけるパピルスなどに棒人間が描かれていることから、これらの文明が発生する前、もしくは発生した当初から、棒人間は他の人類と共存していたと考えられている。

現代における棒人間は、ヒトと同様の言語を話し、同様の文化圏で暮らし、同様の人権が保障されるなど、ヒトと同等の待遇が与えられているが、過去もそうであったか、と問われれば厳密にはそうではない。棒人間とヒトが同時に描かれた例は19世紀以前にはほとんど存在していなかったというのが明らかになっている。

現在知られている、棒人間と人間が共に明記されている最も古い文献は1903年の踊る人形 (コナン・ドイル著) である。これは推理小説の形態をとった論説である。内容は「複数の棒人間にそれぞれ特定の体勢を取らせて写真を取り、自作の暗号としていたヒトが居た。彼はそのような写真を第三者に送りつけ、後に送り先のヒト殺害する、という猟奇的な殺人犯であった。その情報を手に入れた探偵シャーロック・ホームズは、暗号を解き、犯人の正体を見破ることに成功する。結果的に暗号の送り先であった第三者は殺害されてしまったが、棒人間たちは無事に救出された」といったものであった。タイトルの「踊る人形」とは「現状、社会において棒人間は踊らされ、人形のように扱われている。彼らにも人権を与えるべきだ」と専門家などから解釈されている。

この頃から徐々に棒人間の人権をヒトと同等に保障するような考え方が生まれてきた、という説が有力である。また、1930年ごろにはすでに棒人間のためのが誕生していたことが知られている[要出典]

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「棒人間」の項目を執筆しています。