森光子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

森 光子(もり みつこ、1920年5月9日 - 2012年11月10日)とは、日本女性軍人である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「森光子」の項目を執筆しています。

人物[編集]

森光子は太平洋戦争が始まる前から終戦後も戦場に起ち続けた伝説の軍人である。不治の病を治してみせたり(後述)、平行世界を何度もループする(後述)と常識はずれ経験を積んだ事が評価され多くの栄典を授与されている。また、あまり多くの人には知られていないがジャニーズ事務所軍の大将補佐でもあった。

配偶者は東山紀之

人生[編集]

幼少期[編集]

森の母親の実家は京都で「國の家」という旅館で、よく軍人が宿泊に来ていた。これは彼女に軍人魂を植え付ける要因として後の彼女の人生に影響したと言われている。

しかし旅館は倒産し、彼女の両親も重い病を患い死んでしまう。これにより彼女は通っていた高校を辞めることになり、軍人を目指し始める。

青年期[編集]

彼女は一人前の軍人になるために様々な経験を積んだ。それだけでなく彼女は何人かの男性と結婚するがいずれも戦争などの時代背景のせいか長続きはしなかった。これは後の人生で彼女が独り身で厳しい軍の世界を生き抜くこと決心させた。

壮年期[編集]

彼女は1949年に肺結核を患い、一時軍隊から身を引くことになる。当時結核は治療に莫大な費用がかかることもあり人々は「森光子は死んだ」と噂された。しかし彼女は知人の医者を頼りに治療を受けることができた。

こうして、治療を受けることが困難だった結核を治し軍の世界に戻ってきた彼女はさらに名を上げた。

放浪期[編集]

彼女は軍人として活躍し始めた頃に突如として失踪してしまい、そして約半世紀後に彼女は突然帰還した。記録によれば1961年の10月20日から2009年5月29日まで47年間近く失踪していたことになる。軍への帰還後に彼女は無限ループに遭ったと話している。本人の話によると「放浪記」と呼ばれるパラレルワールドを2017回ループした、という。ループは決まって彼女が「放浪記」の中ででんぐり返しを行うと起こる。何故彼女がでんぐり返しをする必要があったのかは不明だが2000回近くでんぐり返しをしたことになる。

晩年[編集]

体が衰えて大きな病を抱えながらも可能な限り前線に立ち続けたが、2010年に前線からの撤退を決定。その後、都内の病院で闘病生活に専念したものの2012年11月10日に死去。

ジャニーズ事務所内には多くの森光子ファンがおり、葬儀には彼らだけでなくなぜか多くのジャニーズファンが訪れた。[1]そして、なぜか彼女の遺産に関してジャニーズ事務所内で揉め事が起こっている。[2]

栄典[編集]

  • 従三位
  • 勲三位
  • 瑞宝章
  • 紫綬褒章
  • 文化勲章
  • 国民栄誉賞
  • 京都市市民栄誉賞

役職[編集]

  • 日本俳優連合名誉副会長
  • 第6代日本喜劇人協会会長
  • フジテレビジョン番組審議会名誉顧問
  • 文化功労者
  • 東京都名誉都民
  • 京都市名誉観光大使

関連項目[編集]

Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第23回執筆コンテストに出品されました。