森喜作

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「森喜作」の項目を執筆しています。

森喜作(もり きさく)は、群馬県桐生市出身の科学者である。キノコの魅力にとりつかれ、シイタケをはじめとするキノコ類の普及と振興に大きく貢献し、「キノコの慈父」「ドクター・モリ」と呼ばれる。

概要[編集]

桐生市を治めるマッドサイエンティスト天才科学者である。

不可能といわれたシイタケの人工栽培を世界で始めて成功し、さらに人格を持ったキノコを栽培することに成功。今では致死性の高い毒キノコに凶悪な人格を組み込んだ「キノコ系モンスター」を大量に栽培し、世界征服をたくらんでいる。

桐生市内と関越自動車道沼田IC付近に強烈なインパクトのある自画像を設置しており、通行人の洗脳に一役買っている。

略歴[編集]

桐生市に生まれ、少年時代は野菜づくりにいそしむ。京都大学農学部在学中、大分県の山村でシイタケ栽培に失敗して悲嘆に暮れる老人を救うため、シイタケの人工栽培を志す。シイタケの人工栽培法を発明すると、真っ先に大分の老人に種駒を進呈した。これはドクターの偉大さを示す美談として後世の語り草となっている。

その後、あやしいキノコ研究所を設立し、生物学錬金術にまで研究の幅を広めていく。さらに、にキノコを寄生させた「キノコ人間」や「ホムンクルス」などの生物兵器の開発に着手、それを用いて私兵を組織し、桐生市を支配下に治めた。

現在では、すでに死去したと噂されるが、研究所の奥底でキノコ人間として生き存え、不死の霊薬を研究しているともいわれている。

主な著作・論文[編集]

  • 「毒キノコのつくり方」
  • 「礫耕マンドレイクにおける疫病の発生」

外部リンク[編集]

  • あやしいキノコ研究所 まっしゅroom