森田順平

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「森田順平」の項目を執筆しています。

森田順平(もりた じゅんぺい 1954年8月1日 - )は日本声優。声優でありながら代表作が実写(『3年B組金八先生』の乾友彦役)という声優界でも異端な存在である。元は文学座に所属していたし、本業は俳優かもしれない。でも今は声優プロダクションのマウスプロモーションに所属しているしやはり声優だろう。

来歴[編集]

北九州市出身。舞台活動を経て、『3年B組金八先生』の数学教師・乾友彦役で好評を博す。しかし一発当たっただけでその後は鳴かず飛ばずであった。洋画の吹替えなど声優活動も行っていたため、役者として売れない以上声優活動をメインに据えることを検討。1995年、諸事情により文学座を退団。マウスプロモーションに移籍する。しかし英語の北先生役の金田明夫や、養護の本田先生役の高畑淳子が地道な活動の末遅咲きながらも人気が上昇していったことを勘案すると、声優への転向は失敗だったという声も。

声優への転身後は、洋画の吹替えなどでは主役級の役を演ずることも多いが、仕事数こそ多いもののこれといった当たり役には巡り合えず、実力派だけど地味な人という微妙なポジションに落ち着いている。ちなみに声優になってからも、大河ドラマなど実写の仕事にお呼びがかかることが度々ある。高い演技力を評価されている証である(ほとんど端役だけど)。

アニメへの出演は希有で、オタク腐女子の界隈における知名度は今ひとつ、どころか殆ど無名に近い。アニオタ間での知名度の低さを端的に示すエピソードとして、A&G超RADIO SHOW~アニスパ!~石田彰大塚明夫真殿光昭とともにゲストとして招かれた時、アニオタのリスナーから「石田さんと大塚さんと真殿さんはわかるけど、あと一人のおっさん誰?」と失礼極まりない投書が寄せられたことがあった。パーソナリティの浅野真澄も各人の代表作を紹介する時、森田の代表作を「『金八先生』の乾先生役」と発言。声優としてこれと言った代表作が無いなんとも中途半端な役者崩れだねと、暗に森田を馬鹿にしていた。乾先生の偉大さを判らない俄かどもめ、許せるッ!

なお、森田と同い年の人気声優・中田譲治も嘗ては悪役俳優として実写で活躍していたが、声優として人気が出て引っ張りだこになってしまったため、実写に出演する余裕がなくなってしまった。森田のファンはこの中田の事例を挙げて、もし森田が声優としてブレイクしてしまったらスケジュールが過密状態になりレギュラーの『金八先生』に出られなくなってしまうかもしれない、だから今くらいの売れてなさが丁度いいんだと負け惜しみを零している。

ちなみに文学座を退団した理由についてだが、森田本人は赤面症になったためと述べており、ファンの間では声優活動に重点を置くため声優プロダクションへ移籍という見解で一致している。だが劇団との間にトラブル[要出典]が生じたという話m

死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。

その他[編集]

  • NHK大河ドラマの常連であり、『花神』を皮切りに10作品にも出演している。出演作品の数だけで言えばミスター大河と呼ばれた西田敏行、津川雅彦、石坂浩二、江守徹、緒形拳よりも多い。もっとも、彼が演じた役のほとんどは端役である。
  • 2006年のヒーロー戦隊『轟轟戦隊ボウケンジャー』では、敵幹部のリュウオーン役を中の人外の人両方で熱演した。声優としても俳優としても中途半端声優も俳優もこなすマルチアーティスト・森田だからこそこなせた芸当と言える。

関連人物[編集]


Hayami.jpg この項目「森田順平」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)