森羅万象棋/1a

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
将(しょう)
         
   
   
   
         
八方に一路進める。統領駒のひとつ。
これを取った駒は、その場で成る。
将の駒が将棋類にもあるため区別するため駒には「廣将」と書かれている。
中軍(ちゅうぐん)  ⇒  帥(すい)
         
   
   
   
         
         
   
   
   
         
中軍
八方に一路進める。すべての統領駒が取られても、これと旗が残っていれば負けにならない。
これを取った駒は、その場で成る。
中軍の成り駒。八方に一路進める。統領駒のひとつ。
これを取った駒は、その場で成る。
帥の駒が将棋類にもあるため区別するため駒には「廣帥」と書かれている。


記室(きしつ)  ⇒  軍師(ぐんし)
       
     
   
     
       
        
       
      
     
    
     
      
       
        
 
記室
斜めには一路、縦横には二路目まで飛び越えて行ける。(正規の麒麟のように)
敵陣に入っても、自分の前衛と後衛が敵陣に入っていないと成れない。
記室が成ったときは、同時に自分の前衛と後衛が成り、敵の毒火が死ぬ。
軍師
記室の成り駒。正規の獅子のように、記室の動きを2手分できる。1手分で止まってもよい。
ただし、2手分で敵の駒を2個取ることは出来るが、1手目に自分の駒があったとき、それを飛び越えることはできない。
参謀(さんぼう)  ⇒  旗鼓(きこ)
     
       
   
       
     
      
       
  
    
  
    
  
       
      
 
参謀
縦横には一路、斜めには二路目まで飛び越えて行ける。(正規の鳳凰に同じ)
旗鼓
参謀の成り駒。正規の獅子のように、参謀の動きを2手分できる。1手分で止まってもよい。
ただし、2手分で敵の駒を2個取ることは出来るが、1手目に自分の駒があったとき、それを飛び越えることはできない。
車(しゃ)  ⇒  車総(しゃそう)  ⇒  千総(せんそう)  ⇒  龍驤(りゅうじょう)
       
       
       
       
       
       
       
       
   
   
   
   
       
   
   
   
   
       
縦横の4方向に五路まで動くことも出来る。このとき飛び越えては行けない。弓と弩には射られない。
車総
車の成り駒。縦横の4方向に何路まで動くことも出来る。このとき飛び越えては行けない。(正規の飛車のように)弓と弩には射られない。
千総
車総の成り駒。八方に何路まで動くことも出来る。このとき飛び越えては行けない。(正規の奔王に同じ)
龍驤
千総の成り駒。廣将棋の力士の動きに加え、八方に何路まで動くことも出来る。このとき飛び越えては行けない。一路しか進めない駒が龍驤を取ると、その駒はその場で成る。
歩兵(ふひょう)  ⇒  歩総(ふそう)  ⇒  都司(とじ)
   
   
       
   
   
         
       
   
       
         
       
       
   
       
       
   先鋒(せんほう)
       
       
       
         
         
 ⇒ 
歩兵
縦横に一路進める。ただし鼓が死ぬと前に進めなくなる
歩兵の駒が将棋の駒にもあるため区別するため駒には「廣歩兵」と書かれている。
歩総
縦に何路でも進め、横に一路進める。飛び越えては行けない。(正規の竪行に同じ)
先鋒
前に5路まで進める。飛び越えては行けない。
都司
縦と斜めに何路でも進める。飛び越えては行けない。
馬兵(ばへい)  ⇒  騎総(きそう)  ⇒  天馬(てんま)
     
     
       
     
     
      
         
     
       
      
       
     
         
      
 
      
     
    
   
    
   
    
     
      
 
馬兵
八方向に桂馬飛びできる。
仏狼機を取ると、その場で成る。
騎総
馬兵の成り駒。八方向に桂馬飛びした後、さらに縦横の同じ方向に桂馬飛びするか、元の位置に戻れる。1手分で止まってもよい。
2手分で敵の駒を2個取ることは出来るが、1手目に自分の駒があったとき、それを飛び越えることはできない。
天馬
騎総の成り駒。正規の獅子のように、馬兵の動きを2手分できる。1手分で止まってもよい。
ただし、2手分で敵の駒を2個取ることは出来るが、1手目に自分の駒があったとき、それを飛び越えることはできない。
天馬の駒が和将棋にもあるため区別するため駒には「廣天馬」と書かれている。
牌(ぱい)  ⇒  牌総(ぱいそう)  ⇒  天塁(てんるい)
         
     
       
     
         
         
     
     
         
     
     
     
     
斜めに1路動くことも出来る。弓と弩には射られない。
牌の駒が麻雀にもあるため区別するため駒には「盾」(たて)と書かれている。
牌総
牌の成り駒。横に何路まで、斜めに1路動くことも出来る。このとき飛び越えては行けない。弓、弩、砲、仏狼機には射られない。
天塁
牌総の成り駒。横に・斜めに何路まで動くことも出来る。このとき飛び越えては行けない。弓、弩、砲、砲車、仏狼機、神機車には射られない。車、車総には殺されない。
舎人(しゃじん)  ⇒  千戸(せんこ)
         
   
   
       
         
       
   
   
   
       
舎人
縦横と斜め前に一路進める。(正規の金将に同じ)
千戸
舎人の成り駒。縦に何路でも進め、横と斜めに一路進める。飛び越えては行けない。
舎餘(しゃよ)  ⇒  百戸(ひゃっこ)
         
   
       
     
         
         
   
   
         
舎餘
前と斜めに一路進める。(正規の銀将に同じ)
百戸
舎餘の成り駒。横に何路でも進め、縦と斜めに一路進める。飛び越えては行けない。
軍吏(ぐんり)  ⇒  副司(ふくじ)
         
   
       
   
         
   
   
       
     
     
軍吏
斜めと縦に一路進める。
副司
軍吏の成り駒。前と斜めに何路でも進める。飛び越えては行けない。
軍匠(ぐんしょう)  ⇒  毒火(どくか)
         
   
       
       
         
         
   
       
       
         
軍匠
前斜めと縦に一路進める。
毒火
軍匠の成り駒。前斜めと縦に一路進める。進んだ所の隣接八路にある敵の駒を全て殺す。
敵の記室が成ると死ぬ。


親兵(しんへい)  ⇒  把総(はそう)  ⇒  虎翼(こよく)
         
   
   
     
         
       
   
   
       
   
     
   
     
   
親兵
後ろ以外の七方に一路進める。(正規の醉象に同じ)
把総
親兵の成り駒。縦横に何路でも進め、斜めに一路進める。飛び越えては行けない。(正規の龍王に同じ)
虎翼
把総の成り駒。獅子のように、牌の動きを2手分できる。1手分で止まってもよい。
ただし、2手分で敵の駒を2個取ることは出来るが、1手目に自分の駒があったとき、それを飛び越えることはできない。
護兵(ごへい)  ⇒  百総(ひゃくそう)  ⇒  鷹揚(おうよう)
         
     
   
   
         
     
   
   
   
     
   
   
   
   
護兵
後ろ以外の七方に一路進める。(正規の盲虎に同じ)
百総
護兵の成り駒。斜めに何路でも進め、縦横に一路進める。飛び越えては行けない。(正規の龍馬に同じ)
鷹揚
百総の成り駒。斜めに何路でも進める。飛び越えては行けない。
また、縦横には一路か二路進め、二路目に行くときは一路目と二路目の両方の敵の駒を取ることが出来る。 一路目に味方の駒があれば、それを飛び越えては行けない。
砲(ほう)  ⇒  砲車(ほうしゃ)
砲と砲車は越えた五路射 
         
     
       
     
         
       
       
       
       
仏狼機(ふらんき) 神機車(じんきしゃ)
仏狼機と神機車は二重の七路射 
斜めに一路進める。敵の駒は取れない。
そして進んだ所から縦横斜め八方向の五路以内にある敵の駒を一つ動かずに取れる(射る)。
他の駒を越えた向こうの駒を取ることもできる。
天塁、牌総、五里霧は射れない。
砲の駒がシャンチーにもあるため区別するため駒には「廣砲」と書かれている。
砲車
砲の成り駒。縦横に5路まで進める。飛び越えては行けない。敵の駒は取れない。
そして進んだ所から縦横斜め八方向の五路以内にある敵の駒を一つ動かずに取れる(射る)。
他の駒を越えた向こうの駒を取ることもできる。
天塁は射れない。弓と弩には射られない。
砲車の駒が正規古将棋にもあるため区別するため駒には「廣砲車」と書かれている。
仏狼機
斜めに一路進める。敵の駒は取れない。
そして進んだ所から縦横斜め八方向の七路以内にある敵の駒を二つまで動かずに取れる(射る)。
ただし自分の駒や敵の駒を越えて向こうの駒を取ることは出来ない。二つの取る駒の方向は違っていてもよい。
天塁と牌総は射れない。五里霧は六路以上離れていないと射れない。
馬兵がこの駒を取ると、その馬兵は成る。
神機車
仏狼機の成り駒。縦横に5路まで進める。飛び越えては行けない。敵の駒は取れない。
そして進んだ所から縦横斜め八方向の七路以内にある敵の駒を二つ動かずに取れる(射る)。
ただし自分の駒や敵の駒を越えて向こうの駒を取ることは出来ない。二つの取る駒の方向は違っていてもよい。
天塁は射れない。
弓(きゅう)  ⇒  廣弓騎(こうきゅうき)
弓と廣弓騎は三路射 
         
     
       
     
         
     
     
       
     
     
弩(ど) 弩騎(どき)
弩と弩騎は五路射 
斜めに一路進める。敵の駒は取れない。
そして進んだ所から縦横斜め八方向の三路以内にある敵の駒を一つ動かずに取れる(射る)。
ただし自分の駒や敵の駒を越えて向こうの駒を取ることは出来ない。
天塁、牌、牌総、車、車総、砲車、五里霧は射れない。
弓兵の駒が正規古将棋と七国象棋にもあるため区別するため駒には「廣弓」と書かれている。
廣弓騎
弓の成り駒。八方向に桂馬飛びできる。敵の駒は取れない。
そして進んだ所から縦横斜め八方向の三路以内にある敵の駒を一つ動かずに取れる(射る)。
ただし自分の駒や敵の駒を越えて向こうの駒を取ることは出来ない。
斜めに一路進める。敵の駒は取れない。
そして進んだ所から縦横斜め八方向の五路以内にある敵の駒を一つ動かずに取れる(射る)。
ただし自分の駒や敵の駒を越えて向こうの駒を取ることは出来ない。
天塁、牌、牌総、車、車総、砲車、五里霧は射れない。
弩兵の駒が正規古将棋と七国象棋にもあるため区別するため駒には「廣弩」と書かれている。
弩騎
弩の成り駒。八方向に桂馬飛びできる。敵の駒は取れない。
そして進んだ所から縦横斜め八方向の五路以内にある敵の駒を一つ動かずに取れる(射る)。
ただし自分の駒や敵の駒を越えて向こうの駒を取ることは出来ない。


高道(こうどう)  ⇒  五里霧(ごりむ)
高道は一路射 五里霧は二重の一路射 
   
         
   
         
   
    
         
    
         
    
         
    
         
    
神僧(しんそう) 聖燈(せいとう)
神僧は一路射 聖燈は二重の一路射 
高道
全ての方向に、二路目に間の駒を飛び越えて行ける。ただし、高道と神僧以外の敵の駒は取れない。
そして進んだ所から縦横斜め八方向の一路以内にある敵の駒を一つ動かずに取れる(射る)。
この駒が死ぬと自分の旗と鼓は成ることができず、霹靂と招揺は元に戻る。
五里霧
高道の成り駒。正規の獅子のように、高道の動きを2手分できる。1手分で止まってもよい。ただし敵の駒は取れない。
1手目に自分の駒があったとき、それを飛び越えることはできない。
1手目、2手目のそれぞれで隣接八路にある敵の駒を一つずつ動かずに取れる(射る)。
五路以内の距離から弓、弩、砲、仏狼機に射られることはない。六路以上離れた所からなら仏狼機に射られる。
この駒から八方向の五路以内に敵の聖燈がいれば、高道に戻る。
神僧
全ての方向に、二路目に間の駒を飛び越えて行ける。ただし、高道と神僧以外の敵の駒は取れない。
そして進んだ所から縦横斜め八方向の一路以内にある敵の駒を一つ動かずに取れる(射る)。
聖燈
神僧の成り駒。正規の獅子のように、神僧の動きを2手分できる。1手分で止まってもよい。ただし敵の駒は取れない。
1手目に自分の駒があったとき、それを飛び越えることはできない。
1手目、2手目のそれぞれで隣接八路にある敵の駒を一つずつ動かずに取れる(射る)。
この駒から八方向の五路以内に敵の五里霧がいれば、それを高道に戻す。
鼓(こ)  ⇒  霹靂(へきれき)
(太線は動きの例)
         
     
   
     
         
          
        
      
    
  
  
    
      
        
          
横と斜めに一路進める。
この駒が死ぬと、自分の歩兵は前に進めなくなる。
自分の高道が死んでいると、成ることができない。
霹靂
鼓の成り駒。縦横に、左右に曲がりながら5路進める。途中では止まれない。
通り道の敵の駒は全て殺しながら進める。つまり一手で最高5個の駒を取れる。味方の駒は飛び越えられない。
一路しか進めない駒がこれを取ると、その駒はその場で成る。
自分の高道が死ぬと鼓に戻る。
旗(き)  ⇒  招揺(しょうよう)
         
     
   
     
         
       
       
       
       
横と斜めに一路進める。
すべての統領駒が取られても、これと中軍が残っていれば負けにならない。
自分の高道が死んでいると、成ることができない。
招揺
旗の成り駒。縦横に5路まで進める。
通り道の敵の駒は全て殺しながら進める。つまり一手で最高5個の駒を取れる。味方の駒は飛び越えられない。
一路しか進めない駒がこれを取ると、その駒はその場で成る。
自分の高道が死ぬと旗に戻る。
前衛(ぜんえい)  ⇒  天網(てんもう)
       
       
       
       
         
     
     
       
         
前衛
前に何路でも進め、後ろに一路進める。飛び越えては行けない。
記室が成ると、この駒も同時に成る。
天網
前衛の成り駒。斜め前と横に何路でも進め、後ろに一路進める。飛び越えては行けない。
後衛(こうえい)  ⇒  地網(ちもう)
       
       
       
       
       
         
       
     
     
後衛
後ろに何路でも進め、前に一路進める。飛び越えては行けない。
記室が成ると、この駒も同時に成る。
地網
後衛の成り駒。斜め後ろと横に何路でも進め、前に一路進める。飛び越えては行けない。
力士(りきし)
力士
不成。正規の獅子のように、正規の太子の動きを2手分できる。1手分で止まってもよい。
ただし、2手分で敵の駒を2個取ることは出来るが、1手目に自分の駒があったとき、それを飛び越えることはできない。
一路しか進めない駒がこれを取ると、その駒はその場で成る。
力士の駒が正規古将棋にもあるため区別するため駒には「廣力士」と書かれている。
象(ぞう)
     
     
       
     
     
不成。斜めに何路でも進める。飛び越えては行けない。
象の駒が将棋類にもあるため区別するため駒には「廣象」と書かれている。