検算

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
ちょっと待っててね…Loading bar blue.gif
この項目「検算」は、執筆者が編集しすぎて大変重くなっています。表示されるまで少し時間がかかりますが、カップラーメンでも食べながら気長にお待ち下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「検算」の項目を執筆しているかどうか確認していません。
翻訳結果が正しいかどうか確認していません

検算(けんざん、英:Checking Answer、Excite再翻訳:照合答え)とは、数学算数などの理系科目で、自分が計算間違いをしていないかどうか確認することである。

概要[編集]

検算だけをやりたい例。しかも問題文にも誤植がある。この問題を作った教師は本当に最低。

人間は、同じ事を何度も繰り返すのは苦手であるし苦痛に感じるものだ。算数や数学は、まさに同じ事を何度も繰り返す。苦痛を感じると必ずどこかでミスをするのである。算数や数学は、計算をちょっとミスしただけでも、全く解けなかったバカ人と同じ扱いを受ける。これは何とも不公平では無いか。検算は、そのような悲劇を防ぐために行うものである。

ところが、検算には大きな落とし穴が存在する。検算は、御存知の通り、一度自分が計算した問題を再び計算し直すことであるが、これって、同じ事を何度も繰り返すことに他ならないのである。やはり苦痛に感じてしまい、余計にミスを起こしやすくなる。しかも、最初は正解だったにも関わらず、検算をしたために間違いの答えに書き直してしまうこともある。

実際に検算してみてくれ[編集]

概要を読むと、検算がいかに面倒なものかお分かり頂けただろう。それでは、実際にあなたも検算をやってみよう。

注意:以下の問題はすべて筆者のオリジナル問題である。学校教師講師が以下の問題を使うときは、ここのページで使用料を振り込むこと。また、解答は一部わざと間違えているものがあり、また、筆者の意図しないミスがあるかも知れない。筆者の解答を鵜呑みにして、生徒からバカにされたりテストの平均点が下がったりしてあなたの給料が下がったとしても、筆者は一切の責任を負わないものとする。

小学1年生のさんすうのとうあん[編集]

1. つぎのけいさんをしてください。(1もん1てん)

(1) 6+3=9 (2) 9+4=13 (3) 1+1=2 (4) 2+1=3
(5) 3+7=10 (6) 1+7=8 (7) 1+5=6 (8) 9+2=11
(9) 3+1=4 (10) 5+3=8 (11) 8+6=14 (12) 3+9=12
(13) 8+5=13 (14) 6+2=8 (15) 5+2=7 (16) 8+8=16
(17) 15+2=17 (18) 12+4=16 (19) 14+5=19 (20) 11+2=13
(21) 5+13=18 (22) 1+11=12 (23) 3+14=17 (24) 8+11=19
(25) 25+7=32 (26) 14+9=23 (27) 16+8=24 (28) 31+12=43
(29) 13+21=34 (30) 14+7=21 (31) 38+13=51 (32) 41+21=62
(33) 9−3=6 (34) 8−3=5 (35) 3−2=1 (36) 7−5=2
(37) 2−1=1 (38) 9−4=5 (39) 6−1=5 (40) 4−2=2
(41) 6−4=2 (42) 9−2=7 (43) 2−1=1 (44) 6−5=1
(45) 5−2=3 (46) 6−1=5 (47) 9−6=3 (48) 8−4=4
(49) 18−3=15 (50) 14−4=10 (51) 19−6=13 (52) 17−1=16
(53) 12−1=11 (54) 15−3=12 (55) 19−5=14 (56) 16−4=12
(57) 12−7=5 (58) 17−9=8 (59) 15−6=9 (60) 14−8=6
(61) 17−8=9 (62) 15−7=8 (63) 12−9=3 (64) 14−7=7
(65) 27−14=13 (66) 23−11=12 (67) 36−21=15 (68) 54−24=30
(69) 51−35=16 (70) 86−39=47 (71) 34−28=6 (72) 22−14=8
(73) 3+0=3 (74) 5+0=5 (75) 1+0=1 (76) 13+0=13
(77) 0+6=6 (78) 0+2=2 (79) 0+0=0 (80) 0+21=21
(81) 9−0=9 (82) 2−0=2 (83) 5−0=5 (84) 6−0=6
(85) 43−0=43 (86) 21−0=21 (87) 61−0=61 (88) 0−0=0
(89) 1+2+3=6 (90) 5+1+2=8 (91) 3+6+5=14 (92) 21+11+2=34
(93) 9−2−3=4 (94) 3−1−1=1 (95) 17−1−4=12 (96) 31−5−12=14
(97) 1+2−3=0 (98) 5−1+6=10 (99) 23+54−68=9 (100) 43−42+25=26

中学1年生の数学の答案[編集]

1. 次の計算をしなさい。(1問2点)

(1) (+16)−(+16)=0 (2) (−29)+(+18)=−11
(3) (−29)+(−2)=−31 (4) (+17)+(−38)+(+6)=−15
(5) (+24)−(−11)+(+3)=+38 (6) (−3)×(+4)=−12
(7) (−4)×(−5)=+20 (8) (+96)÷(+8)=+12
(9) (+48)÷(−8)=−6 (10) (+36)×(+44)÷(−6)=−264
(11) (−2)+(−2)−4×(−3)=50 (12) {5+(−9)}÷(−4)=1
(13) (−2+8)÷3=2 (14) −5×2×5=−100
(15) 4+5+5−3=11 (16) −6−(−4)+8=66
(17) (−3)−3−(−2)=8 (18) −7×(−2)×(−4)=112
(19) 3×2×6=216 (20) 5+(−4)×3=−7
(21) (22)
(23) (24)
(25) (26)
(27) (28)
(29) (30)
(31) (32)
(33) (34)
(35) (36)
(37) (38)
(39) (40)


2.次の1次方程式を解きなさい。(1問2点)

(1)
(2)
(3)
(4)
(5)
(6)
(7)
(8)
(9)
(10)

高校生の数学の答案[編集]

1. 次の式を因数分解せよ。

(1) (2)
(3) (4)


2. 次の三角比の値を求めよ。

(1) (2) (3)
(4) (5) (6)
(7) (8) (9)
(10) (11) (12)
(13) (14) (15) 検閲により削除
(16) (17) (18)
(19) (20) (21)
(22) (23) (24)
(25) (26) (27)


3. 次の群数列において、第1群から第n群までの項の総和Snを求めよ。

① 第k群の項の総数:
② 第k群の1, 5, 6の数: それぞれ  個
③ 第k群(k≧2)の項の総和:
④ 第1群から第n群までの項の総和:


4. 次の式を導関数の定義に従って微分せよ。

(1)
(2)
(3) (※格好良く表したが、のことである。)
(4)

大学生の数学の答案[編集]

1. イプシロン-デルタ論法によると、 の定義は

らしい。ああ、もう!全然分からん!あとは任せた。

絶望した!!.jpg 書くべき情報が多すぎて絶望した!!
そこの忍耐強いキミ! 私の代わりに私の思想を広めてください。
なに書けばいいのって?・・・それは言わずもがな。(Portal:スタブ

結果[編集]

どうだっただろうか?もうこの文章を読む気力も残っていないだろうが、上の解答に間違いはあっただろうか?

実は、検算するのが面倒だったので、筆者はどこで計算ミスをしているのか分からない。ミスを発見した暇人几帳面な方は修正してもよし、筆者を嘲笑うもよし。

関連項目[編集]