極秘情報

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「極秘情報」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

極秘情報(ごくひじょうほう)とは、国家・団体・個人の安全や生命の保護のため、ごく一部の範囲の者にしか知られない情報のことである。 何しろ極秘情報なのでその存在自体、ほとんど知られていないが、次のような情報の存在が知られている。

大阪のおばちゃんの情報[編集]

大阪のおばちゃんは、自分が極秘情報を知りえる立場となったときには「あんたやから言うけどな」として、ごく一部の者にしか知らせない。知らされた者も当然の事ながら極秘情報であるため、同じように限られた者に伝える。 なおこの手の情報については、大阪のおばちゃんに限らない、とする説もある。

自衛隊の情報[編集]

日本の自衛隊は、国際的には軍の扱いであるため、国家機密を取り扱う機会が多い団体である。特に海上自衛隊は、昨年12月、極秘訓練を行ったが、極秘情報であるため、その模様を全国放送したテレビ局の取材では、隊員の顔にモザイクがかけられた。なお訓練の場所は鹿児島県沖、訓練の目的は「北朝鮮の工作船に対する演習」とされているが、何しろ極秘なので誰にも知られていない。

一般企業・団体の情報[編集]

一般企業・団体などではその企業の製品や運営に関する情報を多数保有しているため、機密事項のランクを細かく決めて厳しく管理されている。一般的には次のようなランク付けがなされ、組織員に徹底されている。

  • 極秘 - 他には漏らさないほうがいいかも・・・というレベル
  • (秘) - まあ、少しは漏らしても構わないよ・・・というレベル
  • 社外秘 - 積極的に漏らすべきレベル

偵察衛星[編集]

日本は、極秘裏に偵察衛星を打ち上げ、その模様はテレビで全国放送された。しかし軌道は当然のことながら極秘であり、ネット上で確認できるに過ぎない。 打ち上げの目的は、極秘であるため当然明らかにされていないが、主として北朝鮮の動きを探るためとされている。

個人情報[編集]

日本では2005年4月1日より、個人情報保護法(正式名称は"個人情報の保護に関する法律")が全面施行され、個人を特定できる情報の取り扱いについての規定が定められた。そのため、各企業・団体は、社員・団体員の個人情報の取り扱いには特に注意している。中には個人情報をより厳重に保護するため、WinnyやShareといったP2Pファイル共有ソフトによって厳重に管理している企業・団体も存在する。

関連項目[編集]

この項目「極秘情報」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)