榊原ゆい

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

榊原 ゆい(さかきばら ゆい、10月13日 - )は、日本女性声優で且つシンガーソングライターハルヒ家と同じ県出身で、血液型にいがた月王国の3代目のお姫様でもある。好きなものはフィンランド製のアイス

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「榊原ゆい」の項目を執筆しています。

人物とか[編集]

基本的には歌手と喘ぎ声だが、作詞作曲したり振付師をやったりといろいろ頑張っている。主にエロゲーへの声あてと歌唱(顔出しOK)だが、アニメを担当することも多くなった。その為PTAから苦情がくるとかこないとか。実はドラえもんの声優になることを狙っている。家の食卓に彼女の声が流れるのもそう遠くはないだろう。

ライブやPVでは激しいエロダンスを披露しており、「秋葉原の道端でやるよりも格段にキモチイイ!」とコメントしている。当然、ライブの最前列はいろんな意味で特等席である。もしかしたら最前列だけ雨が降るかもしれない。

その結果彼女のエロダンスに発狂する者が相次ぎ、ライブにおいて一部の厨二病患者がオタ芸ってレベルじゃねぇぞ的な激しいオタ芸を披露。その結果そいつの手が近くにいた観客の目につきささり、一時意識不明の重症になった。

事態を重く見たゆいにゃんは2008年5月20日、ライブにおいてのオタ芸禁止令が発動された。オタ芸尊重派であるモモーイなどから攻撃される可能性があるが、彼女は幼女ボイスで対抗するだろう。

出演作品[編集]

全部書くととてつもなく面倒。それだけ活躍している。主なものはスパロボのレオナとか、はぴねす!の春姫タソだったり、そんな感じ。

声の幅がアメリカの高速道路並に広いので、様々なキャラクターの声優を行っている。きっと幼女ボイスを聞けると思ってエロゲーを買ってみたらキャラがお姉さん属性だったなんでことはしばしば。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

過激なエロダンス[編集]

20世紀の終わり頃には紅白歌合戦にバックダンサーとして出演し、やはり過激なエロダンスを行っている。このときにNHKはバックダンサーについてテキトーに決めただけだったので目もくれず、結果としてDJ OZMA問題を引き起こした。視聴者もなんだか激しいやつがいるなあ程度で、数年後には歌唱力と喘ぎ声で日本のオタクを魅了することになるとは誰一人思わなかった。

その後喘ぎ声と歌唱力で一躍有名な人となったわけだが、「紅白の時のエロダンスをまたやればきっとウケる!」と考え、PVで相次いでエロダンスを披露。もちろんオタクどもは虜になり、さらに人気が上がり、最近ではレディー・ガガ顔負けのセクシーなポーズが話題になっている。

歌唱力について[編集]

水樹奈々のようなビブラートは搭載していないが、ビブラートは無くても歌唱力は高くすることができることを証明するべく日々ビブラードが出ないように努力している。間違って出してしまうと、1日中声が震えてしまうという。

声幅が広いのでオバチャンの演歌のような曲から幼女が歌う曲まで何でもできる。

血液型[編集]

公式にはO型となっているが、数々の証言からおそらく違うと言われている。例えば妙に几帳面だったり、あるいは気分屋だったり。しかし、何をしても榊原ゆいの名前のままであるということを考えると、O型なのかもしれない。ある声優さんが聞いてみたところ、「どんな性格かもテキトーだからO型なんだYO!」と答えたらしい。

その他[編集]

  • 最近では斬新な曲を多く発表している。例えばドラムセットを使うのにシンバルをまったく使用しない曲とか、オーケストラに無理矢理今時の歌をくっつけたりなどなど。
  • エロゲー界に入ったころは他の名義も使っていたが、そのことを追求すると検閲により削除
  • また、エロゲー界に入る前には松戸が拠点の某ユニットにいたが、そのことを追求すると検閲により削除
  • 上記の松戸時代には、生年を公表していたが一部辻褄が合わないため年齢…ピー粛清されました
  • 身長は162cmらしい。裏付け無しなので調子に乗って友達に広めてはならない。まず榊原ゆいが誰かわからず、特別小さかったり大きかったりでもないので確実に滑る。
  • 声優のわりにはプロポーションがいい。エロダンスの賜物だろう。
    • ただしその分だけ肩もいい。「ナイスショルダー」は禁句。

関連項目[編集]


Hayami.jpg この項目「榊原ゆい」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)