横浜市歌

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症のハマッ子のため、ウィキペディアの専門家気取りたちが、「横浜市歌」の項目を執筆しているじゃん。

横浜市歌(よこはましか)は、横浜市の市歌として定められたゲーム音楽だべ。日本初のソフトランディングを取り入れた楽曲としても有名じゃん。

アーティスト名義は「Mori O'gay」(作詞:森林太郎、作曲:南能衛)。ジャンル名は「ポートサイドマーチ」となぜかポップンミュージックっぽい名称が付されているじゃん。

制作の経緯[編集]

この楽曲は1909年明治42年)7月1日に発売された『beatmania』シリーズの家庭用作品『beatmaniaGOTTAMIX横浜発祥』に収録されたものじゃん。

これは、横浜港ペリー襲来から50周年記念に合わせて発表・発売されたもので、「ビーマニシリーズの発祥の地は横浜」という横浜市の主張から制作されたものじゃん。この主張の正確性の胡散臭さもさることながら、希望小売価格が10円25銭と当時としては非常に高額で、さらにコナミのカスタムファクトリーでの完全受注生産を行っていたため非常に出回りが少なかったじゃん。

この楽曲は、曲中のBPMを変調させるソフトランディング(ソフラン)を日本で初めて取り入れたもので、初速のBPM204から、中盤に突然BPM88へと急激に落ちる部分が存在するべ。これは、西欧かぶれの森林太郎が向こうのクラシック音楽によくある(と思われるべ)ソフトランディングを取り入れようと発案し、東京音楽大学助教授であった南もこれに意欲を示した結果であったじゃん。

しかし、この革新的すぎる試みは明治の富裕層にはあまり受け入れられず、横浜市内はともかく、全国的な波及はなされなかったじゃん。

地域的流行[編集]

一方で、横浜市内では「横浜の都会っぽさと田舎っぽさが見事に表現されている」「希代の電波ソング」「着メロにしたい」などとなぜか高い評価を受け、地域的に大ブレイクしているべ。日本ブレイク工業(横浜市中区)よりも先にブレイクしたじゃん。

昭和の終わりごろには横浜市民に知らない者がいないというくらいの流行を見せており、市内の小学校(教育方針として校歌よりも国歌よりも徹底的にたたき込まれるじゃん)からカラオケボックスに至るまで頻繁に歌われているじゃん。地域(もちろん横浜にある世界最大中華街での一部の事じゃんよ)によっては「君が代を歌うことは許されぬが、中国の国歌(義勇軍進行曲)と横浜市歌なら称賛される」とまで言われているじゃん。[要出典] (横浜は君が代発祥の土地-中区本牧山妙香寺-でもあるじゃん。でも殆ど知られてないじゃん。だから「市歌は国歌よりも上位」と真面目に力説するじゃんよー。)

けんど、市歌は【市民判別基準指標】として用いられ、「市歌をフルコーラスで間違わずに歌えるか否か」で市民として認められるか、(歌えなかった場合)「コ奴ハ非市民デアル!」と石でぼこされ・服さおっぺがされ・市外へけっさらわれ・非市民認定の烙印を押されるかの「踏み絵」とされてるべさ。


逆に言やー、例え今日市内に引っ越してきてもきちんと市歌えさえすれば、「おめぇハマっ子じゃん!」と直ぐに受け入れる開けっぴろげの土壌風土があるじゃん(三代住まないと江戸っ子認定されない隣とは大違いじゃん)。


この流行は横浜市限定の極めて特異なもので、隣の川崎市鎌倉市ではその存在すら知られていないこともあるというべ。ちなみに、川崎市歌などが存在するのかどうかも彼らは知らないじゃん(あそこは横浜市川崎自治区だべさー。JR東日本横浜特定都区市内料金じゃんよー。)。

ドリームラインアウトオレンジノイズショートカットなど、このムーヴメントに影響されたアーティストも数多いべ。また、ここから始まった「ソフラン」文化は特にゲーム音楽に多く取り入れられているじゃん。ただし、どれも弾きにくい曲調でも有名であり、時折「森鴎外氏ね」と毒づく音ゲーファンも多数見られるじゃん。

まあぶっちゃけ、横浜市歌っつっても歌詞の内容は港のことばっかりで横浜港歌、もしくは横浜市中区歌なんだけどな

外部リンク[編集]