止マレ!

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「一体あの2ヶ月はなんの意味をもっていたんでしょうか…(号泣)」
止マレ! について、ハルヒファン

止マレ!』は、2009年に発表された、SOS団が製作した青春ミュージックである。アニメ涼宮ハルヒの憂鬱(新アニメーション)」のエンディングテーマとして放映、そしてエンドレスエイトと運命を共にした悲劇の楽曲でもある。

概要[編集]

2009年5月、涼宮ハルヒの憂鬱(1期)再放送とされていた枠で何の予告も無く第8話として新作「笹の葉ラプソディ」が放送され、同時にかの神曲ハレ晴レユカイに代わる新たなエンディングテーマとしてこの「止マレ!」が披露された。ちなみに、この曲のB面は「潜在的太陽の証明」である。知る人ぞ知る歌であり、「止マレ!」とは無関係の曲である。

制作当初、エンドレスを知った畑亜貴は、猛烈に抗議したが、突出した才能を持つとはいえ楽曲担当というジャンルの違う一介の兵士の言葉は聞く耳を持たれることは無かった。畑亜貴は仕方なく「止マレ!」というタイトルのこの曲を残した。つまり、涼宮ハルヒが命令口調で「止マレ!」と言うくらいじゃないと、このアニメのエンドレスは止められないというメッセージが隠されていた。

「消失」への期待、そして絶望[編集]

「やっぱり何か変だよ 心の君が消えた」「もう忘れてた を探そう」など、消失をほのめかす歌詞があるとされ、「やっぱり2期は消失なのか」と、ファンの間で期待を込めた予想がされていた。

さらに、新作2話目の「エンドレスエイト(Ⅰ)」にて放映されたバージョンは、8話バージョンに比べて点滅するSOS団にノイズがかかり薄くなっていたため、「これは恐らく消失までに完全に消えるギミック」「消失からはハルヒの位置に朝倉が現れる」「消失では平野の歌声が消える」などさまざまな噂が飛び交った。

しかしそれ以降特に薄くなったりノイズが酷くなることも無く、エンドレスエイトを8週連続放送という暴挙をやってのけ新作枠全14話の半分強を軽々と埋め、結局最後まで「消失」をやることはなく「涼宮ハルヒの溜息Ⅴ」の放送をもって「新アニメーション」は終了した。

「笹の葉」のED映像もDVD版では薄いバージョンに変更されているため、どうやらポケモンショック対策だったようだ。

そして、2009年8月26日にこの曲のCDが発売され、消失との関係性がさらに薄れることとなった。

2番の歌詞に「どこかに置き忘れてた憂鬱な君が望む 明日が楽しくなっちゃう扉のKey」とあるが、消失事件はハルヒが望んだ展開ではないため明らかにおかしい。

だがそれは、「明日が楽しくなっちゃう扉のKey(ループ脱出条件)=夏休み最終日の宿題会」 とすれば納得がいく。

つまり、この曲は消失の歌ではなく、エンドレスエイトの歌だった絶望した

とどめを刺したのはケースからCDを取り外すと“∞”と書かれた道路標識が出てくるという驚愕の仕様だろう。エンドレスエイトの成功を皮算用していたとしか思えない。どうしてこうなった

また、消失さわぎで忘れられていたが、実は1番の歌詞「Birthdayだった」の直後に(エンドレスだって)、その後の「「どうしようか?」って 悩んだことも」の部分では(どうなるんだろう?どうもなんない)と、エンドレスエイトを阻止できなかったことに対する絶望を込めたコーラスが入っている。…まぁ、とりあえず畑亜貴は天才だと思うよ、うん。

関連項目[編集]

サムネイルの作成エラー: サムネイルを保存先に保存できません
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「止マレ!」の項目を執筆しています。
Wawawa忘れ物.jpg うぃーっす。WAWAWA忘れ物~っと。この項目「止マレ!」は涼宮ハルヒに関連した書きかけ項目らしいが…おうゎっ! 誰か加筆お願いだ。 …すまん、ごゆっくりーっ! (Portal:スタブ)