武将

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「武将」の項目を執筆しています。

武将(ぶしょう)とは、戦国時代に活躍した武家の一般的呼称である。広義には戦国大名まで含まれる。サムライの一種。

武将の生活[編集]

三英傑「衆道が嫌いな武将などいませんっ!!」
人殺し
武将の主な仕事は戦で敵将を討ち取ることにある。槍の功名こそ本懐。
戦場以外でも人殺しを行わなければならない。敵の武将のに内通している部下を斬り捨てるのは当然として、殺人犯や強盗犯を斬るのも業務の内であるし、万引き犯なども風紀の乱れがちな戦国時代では見せしめに殺しておいた方が良い。夜中に暇な時は、城下に出て辻斬りを楽しむ事も出来るが、そんな事をやっていると暴君と噂されて、座敷牢に閉じ込められ、殺される立場になる可能性もありお薦めできない(ただし、上手にやると後の時代に「暴れん坊○○」のようなテレビドラマの題材になってさらに有名になるかもしれない)。
セックス
人口維持の為、殺人職に就いている者はその責任としてセックスしまくって子作りに励まなければならない。夜の槍の功名合戦である。正室や側室は当然として、所領屋敷持ちの身分となれば侍女と思う存分セックスが出来る。夜の伽は侍女の職責なのだ。殺した人数に見合うぐらい子供を作れば、人殺しの罪も赦されるものだ。常に死と隣り合わせの生活環境の下でのセックスは快感この上ナシ。
なお、戦場に女を連れて行くことは禁止されているので、そのような場合に備えて美少年を見つけておいて、腐女子のお姉さんが悶え死ぬようなプレイをするのも武将としての楽しみである。(衆道)武田信玄や織田信長など有名武将はみんなやっているから、変態じゃないのかと疑われる心配は無い。高坂昌信の「衆道が嫌いな武将などいませんっ!!」という名言も残されている。もっとも、この方法では人口は増えない。
戦国ゲームをプレイ
武将たるもの、たしなみとして戦国ゲームをプレイする。信長の野望天下統一戦国BASARA戦国無双戦国ランスが贔屓にされる。当然使うキャラは自分が好ましいが、他のキャラを使いたくなった時は「戦術の研究だよ!」とか言い張ればOKらしい。

武将一覧[編集]

浅井長政
秋月種実
明智光秀
朝倉義景
庵原之政
今川義元
上杉景勝
上杉謙信
織田信長
駒井政武
神代勝利
真田幸村
島津義弘
島津忠恒
陶晴賢
武田信玄
伊達政宗
長宗我部元親
徳川家康
豊臣秀吉
直江兼続
北条氏政
北条氏康
本多忠勝
細川忠興
前田慶次
宮本武蔵
無職童貞
毛利元就
森長可
焼肉定食
山内一豊
山本勘助
吉本興業