武尊

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

武尊(むそん/ぶそん、1991年7月29日[1] - )は、日本のK-1(ケーイチ)ファイター。恩師である前田検索を裏切り、義兄の卜部兄弟と共にK-1 GYM SAGAMI-ONO KRESTの芸人にとして転職。 新生K-1 WORLD GP3階級制覇王者。

得意技の「僕と戦いたいならK-1のリング上がってきて下さい!」を武器に強いファイターとの戦闘を回避する達人。その鮮やかな戦闘回避能力から『ニゲル』の異名を持つ。

セフレはマギー司郎

宮田充の利口な飼い犬である。

来歴[編集]

1991年、鳥取県米子市で爆誕。

順調にすくすくと育っていたが、小学2年生のときアンディ・フグのかかとの裏を見てから突然精神をおかしくしてしまう。

そこからは喧嘩・万引きを繰り返し中学を退学させられる。

中卒のため就職先につけず路頭に迷っている所、後の恩師である前田検索に拾われ「チームドラゴン」に就職を果たす。

その後、新生K-1の看板選手となる。しかし、新生K-1とはかつて存在していたK-1とは別物の大会であり、一言で言うと井の中の蛙のトップを決める興行である。K-1というブランド名を使っていることから、所属選手の知名度は国内の他団体と比べて比較的高いが、選手層の実力は事実あまり高くない。イメージとしては、芸能界の一端であるジャニーズ事務所が、ジャニーズ事務所の所属タレントのみが出演する映画を作り、「僕らジャニーズは世界最高の事務所なので、僕らが作った映画は世界最高の映画です」と言っているようなものである。

その後、2016年10月1日、北朝鮮人に操られた白髪ゴリラ宮田充の銘を受け、前田検索を裏切りチームドラゴンを退社。その後、同じくチームドラゴンを退社した卜部兄弟と共に株式会社「Krest」に就職する。

ファイトスタイル[編集]

  • 試合前薬物に手を出しているため、その副作用で試合中に笑ってしまう障害を抱えている。
  • また、よく試合中舌を出しベロベロとねぶるような仕草を見せるが、あれはセフレであるマギー司郎クンニリングスするときに身についてしまった癖である。
  • 試合後はコーナーポストに登り、対戦相手にトドメのサマーソルトとを食らわせようとするが、これまで一度も成功したことがない。

戦績[編集]

2018年8月現在、35戦34勝1負という驚異的な戦績を誇るが、対戦相手のほとんどが無名で実績のない選手(いわゆる噛ませ犬)であり、那須川天心などの強い未成年が対戦要求すると「僕と戦いたいならK-1のリング上がってきて下さい!」と逃げ回る必殺技を使用することからファンの間で『ニゲル』という愛称が定着した。 (現状K-1との契約は独占契約であり、一度契約すると他団体で試合ができなくなる。また、その期間中1度でも試合をするとそこからまた1年間契約が自動更新されるヤクザもびっくりの監獄契約であるため、真の強者は井の中の蛙を決めることしかできない新生K-1と契約することはない。よって、武尊のこの必殺技は事実上の対戦拒否であり、勿論本人もその事をわかったうえで発言している。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「武尊」の項目を執筆しています。


ExSport.png この項目「武尊」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)