武烈天皇

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「武烈天皇」の項目を執筆しています。

武烈天皇(ぶれつてんのう、仁賢天皇2年(489年) - 武烈天皇8年12月8日(507年1月7日))は、第25代天皇(在位:仁賢天皇11年(498年)12月 - 武烈天皇8年(506年)12月8日小泊瀬稚鷦鷯尊(をはつせのわかさざきのみこと)小泊瀬稚鷦鷯天皇(をはつせのわかさざきのすめらみこと)(日本書紀)、小長谷若雀命(古事記)。

  • 長谷(はつせ)の列木(なみき)宮で8年間天下を治めた。太子(ひつぎのみこ)がなったので、御子代(みこしろ)として、小長谷部(をはつせべ)を定めた。「天皇既に崩りまして、日続(ひつぎ)知らすべき王(みこ)無かりき。故、品太(ほむだ)天皇の五世の孫、袁本(おお)どの命を近つ淡海国より上りまさしめて、手白髪命に合わせて、天の下を授け奉りき」(『古事記』)

系譜[編集]

父は仁賢天皇、母は雄略天皇の女・春日大娘皇女。

  • 皇后:春日娘子(かすがのいらつめ、古事記に無し)

『日本書紀』に「男女無くして継嗣絶ゆべし」、『古事記』にも「日続知らすべき王無かりき」とある。

皇居[編集]

都は泊瀬列城宮(はつせのなみきのみや、奈良県桜井市出雲か)。古事記に「長谷之列木宮」。

略歴[編集]

仁賢天皇7年(494年)正月に立太子。同11年(498年)仁賢天皇の崩後、大臣平群真鳥が国政を恣にして驕慢であった(鳥のくせに人間を差し置いて国政を握るとは、とんでもない話である)。仕方ないので皇太子は物部麁鹿火(あらかい)の娘・影媛(かげひめ)をひっかけて一発やろうと試みるが、影媛は既に真鳥大臣の子・鮪(まぐろ)とデキていた(相手がマグロだという事は、影媛のほうがかなりリードしていたと思われる。それにしても鳥の子供が鮪なのか?)。海柘榴市(つばいち、桜井市)の歌垣において鮪との歌合戦に敗れた太子は怒り(魚に負けるのは、さすがに悔しかったのであろう)、大伴金村をして鮪を乃楽山(ならやま、奈良市)に誅殺させ、寿司に握って食った(この事実から、大伴金村は相当の料理の達人だったと思われる)。11月に真鳥大臣をも討伐させたが、美味いマグロを食った後なんで、まあどうでもいい話である(当時はまだ美味しい焼き鳥のたれが無かった)。12月に即位して、泊瀬列城に都を定める。大伴金村を大連(おおむらじ)とした。しかし鮪相手に恋に敗れた痛手は大きく、その後はインポになってしまい、8年(506年)12月に後嗣なく崩御した。『扶桑略記』『水鏡』などに18歳、『天書』に61歳とある(←ちょっと待て! 計算が違いすぎるだろ!)。

数々の悪行[編集]

武烈天皇が為した悪行としては、以下のようなものが伝わっている。

  • 妊婦の腹を割いて、胎児を見る。
  • 人の生爪を剥して山芋を掘らせる。
  • 池の樋から人を流して矛で刺殺する。
  • 人を木に登らせて射落。
  • 日夜問わず宮人と酒食に溺れる。
  • 女をすっぽんぽんにして乾いた木の板の上に跨がらせ、その目の前で馬の交尾を見せ、板の色が変わった(まんこが濡れ濡れになった)女を殺した。

ただし、以上のような悪行は日本書紀にのみ見られ、古事記には記載が無い。しかも若くして死去している事から、このような事を実際に行えたのかどうかは、甚だ疑問である。次代の継体天皇によって暴君に仕立てたためとする説が一般的である。血がつながっていなかった可能性もある。

しかしながらひとつ疑問なのは、最後の記述である。暴君が酒食に溺れたり、残虐行為を為したりという例は、中国の史書にもよく見られる例であり、おそらくそこからの引用であると思われる。しかしながら目の前で馬の交尾を見せて、まんこが濡れた女を殺したというのは、中国の史書には登場しない、日本書紀のオリジナルである。しかもまんこが濡れたかどうか確かめるために「乾いた板に跨がらせて色が変わるかどうか確認」というのは、「実際に体験した者にしかわからない、リアリティと説得力にあふれた話」である。これからわかる事は、本人がやっていないというのであれば、日本書紀の執筆者が実際にやっていたとしか考えられないという事実である。戦前・戦中の教科書からは、武烈天皇の悪行は全て削除されていたというが、このような変態行為を子供たちに教えられないというのは、全くもって当然の事である。

この記事の執筆者は結構いい加減な知識で書いています。

目の前で馬の交尾を見せて、まんこが濡れ濡れになった女を殺したという話が、中国の史書に載っている事だったら、謝ります。 (Portal:スタブ)


先代
仁賢天皇
天皇
武烈天皇
次代
継体天皇