オイヨイヨ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫、本当の項目名は武田航平だから。君は間違っていないよ。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「オイヨイヨ」の項目を執筆しています。

オイヨイヨとはオイヨイ語の代名詞とされる挨拶語、またはオイヨイ語圏出身の俳優・武田航平の正式名称である。

人物としてのオイヨイヨ[編集]

オイヨ・イヨ(武田航平 たけだこうへい 1986年1月14日 -)は東欧の秘境・オイヨイ共和国出身の俳優・アーティスト。 身長1.1218hyde。体重はリンゴ3個分。 血液型A型。オイヨイ共和国の首都ムセテンナヨ出身。現在の国籍は日本。 日本名は武田航平。芸名同じ。名前の由来は「ニホンのサムライ・武田信玄は空機をもらげる巨漢だった」という共和国に伝わる日本神話である。

来歴[編集]

オイヨイ共和国の首都ムセテンナヨ出身。 幼少期から神童と称されるほどの才知を発揮し、5年制の小学校を3年飛び級、2年留年、6年制の中等学校(日本に於ける中学・高校)を1年飛び級している。 国立ムセテンナヨ外国語大学日本語学科にて日本語を学ぶ。ネイティブ並の日本語を操り、共和国においてはニホンゴの貴公子と呼ばれている。日本語検定1級取得済。 現在はオンドゥル語検定取得に向けての勉強もしている。

大学在学中から卒業後にかけて、元々は共和国でオイヨイ語と日本語の通訳・翻訳家として活動していたが スクウェア・エニックスの要請で来日を果たす。ビートルズにも匹敵するほどの注目の中での来日であったため、飛行機から日本の地に降り立つ彼の姿を中継した際の視聴率は実に0.1414%を記録した。 その後日本国籍を取得、PoorBOYSに所属して俳優・アーティスト活動を始める。

イケメンパラダイスで戦闘力の向上を図るなどした後、現在はバイオリン奏者・白い戦士など、幅広い活躍をしており、全盛期よりもオイヨイ語が聞けなくなった上にあのヤクザに「奴は天才だ!紅音也と言うキャラクターを理解してる!」と太鼓判を押される程の俳優になってしまった為、今後オイヨイ語が聞ける可能性は低くなってしまった。しかし、「Kiva Re-Union」集録の「SuperNova Love Edit」にはオイヨイ語の歌詞が存在する。

また、あまりに度重なる羞恥プレイに堪えかねて2008年8月31日をもってPoorBOYSを卒業した。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • オイヨイ・ジュテーム(2007年9月26日発売、オリコン初登場31位)(PoorBOYS名義)
    1. オイヨイ・ジュテーム
    2. 前略、崖の下より
    3. バンビーナ
    4. Oi&Yoi
    5. オイヨイ・ジュテーム(inst)
    6. 前略、崖の下より(inst)
    7. バンビーナ(inst)
    8. Oi&yoi(inst)
  • 君の手 / オイヨなハート(2008年6月25日発売、オリコン初登場34位)(PoorBOYS名義)
    1. 君の手
    2. オイヨなハート
    3. 君の手(inst)
    4. オイヨなハート(inst)


DVD[編集]

  • PoorBOYS Back Stage File#1(2007年10月3日発売)(PoorBOYS名義)
  • PoorBOYS 7Cheers!~翔べ!オイヨというオイヨから!~(2007年12月21日発売)(PoorBOYS名義)
  • Pooe BOYS Back Stage File#2(2008年8月20日発売)(PoorBOYS名義)


その他[編集]

  • Circle of Life(2008年8月6日)(Crimson-FANG名義)
※3曲目「With me」にボーカルとして参加

言語としてのオイヨイヨ[編集]

オイヨイヨ(oi-yo-i-yo)とはオイヨイ語の看板とも言えるあいさつ言葉で、日本で言う「おはよう」と同じように使われる。 日本語訳が「飛び降りろ」なのは、当時のオイヨイ王国の原住民らは主に滝の上で生息していて、 朝の起床の際滝から飛び降りていた習慣があったらしいが、 その時の掛け声の「オイヨイーヨ」が日本語の「飛び降りろ」に似ていたことがひとつの理由らしい。

オイヨイヨとは、出演作『FINAL FANTASY XII』における序盤の1シーンでの 「飛び降りろ」というセリフの空耳である。 しかし、切迫した状況の演技と本人の声質からか、「オイヨイヨ」や「オリロリロ」としか聞こえないといった意見も あり、一部のプレイヤーの間では『FINAL FANTASY X』における「アルベド語」に対する「オイヨイ語」として盛り上がりを見せている。 ゲーム本編に不満のあったプレイヤーはこれらを概ね好意的に見ているようで、この件で作品の評価が下がったと言う話はあまり聞かれない。

関連項目[編集]