武蔵小金井駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ友情が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

武蔵小金井駅(むさしこがねい-えき)とは、東京都小金井市にあるスタバが出来ただけで利用者が狂った中央快速線の駅である。 この駅のおかげであの高架工事が長びいたとかいないとか。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「武蔵小金井駅」の項目を執筆しています。
武蔵小金井駅

概要[編集]

その昔は日野駅などと同じ民家であった。しかし、開かずの踏切等理由から民家を高架駅化することになり、工事完了とともにその民家は80年あまりの歴史に幕を下ろした。現在の配線は2面4線であり、2,3番線は主に始発列車が使用する。始発があれば当然当駅止りも存在し、当駅止りの電車は八王子方面利用客からはすこぶる不評である。その為車掌が毎回「八王子、立川方面ご利用のお客様は東小金井駅を降りまして、次の列車をお待ち下さい。」という放送をし始めたが、当然の如く誰も聞かない。しかし小金井市民にとってはこれが唯一の誇りであるためJRは目をつぶっていると言われている

各駅停車と快速以外はまことに残念ながら全部通過である。

発車メロディ[編集]

小金井市内を流れる玉川上水に植えられた桜たちがなかなか有名であった為、当駅では民謡の「さくらさくら」が発車メロディとして使われる。当初は期間限定で使われる予定であったが、小金井市長をはじめ、一部の熱狂的な客そのほかのみなさんが「このままじゃなきゃヤダヤダ」などと駄々をこねたため現在も使用される。 小金井といえばゴミ問題の方が有m…おや?誰か来たようだ

車庫[編集]

当駅から徒歩30分ほどのところに中央線の車庫がある。昔は「武蔵小金井電車区」という電車の所属もあった立派な車庫であったが、現在は単なる大きな留置線として扱われている。最近では山の向こうで使われる予定のパンダたちが路線の雰囲気に馴染めず真っ青になって止まっている。 ちなみに、この車庫の周辺には家と学校しかない。ちなみに行く途中、何もないのでしっかりと荷物を準備して行く必要がある。

駅の略称[編集]

当駅は地元民から「ムサコ」の愛称で親しまれているが、当駅のほかにも武蔵小杉駅武蔵小山駅でも「ムサコ」と略されることがある。 そのため時折どこが本当の「ムサコ」なのかと論争になるが、東急沿線のセレブ達は武蔵小杉は「コスギ」、武蔵小山は「ムサコ」とすでに使い分けているらしい上、そもそも武蔵小金井は土地柄がまったく違った場所に存在しているため、論争の意味など何もなかった。さらに「ムサコと聞いたら何駅を想像する?」というアンケート結果ではまさかの「ムサコを知らない」という結果が一番多かった。ちなみに「武蔵国分寺」もその論争に参加していたが、規模の大きさが格段に違うので論争から除外された。

駅周辺[編集]

北口は大幅な改造を最近終えた。nonowaとかいう小金井市の田舎感に全くあってない商業施設が開設。そこにスタバが出来たものだから住民は胴上げムードとなった。 駅北口を出ると目の前にそびえ立つのはもはや営業しているのかもよくわからない西友。エスカレーターがギシギシ音を鳴らすものだから利用客は恐る恐る利用している。 もはや西友の取り柄は2階にある無印良品のみだ。その理由はパチンコ屋を2軒挟んだ西にあったこちらも同じく営業しているのかあんまりよくわからない長崎屋が西友を裏切り、改装工事を実施。見事MEGAドンキホーテとしてどでかくここ武蔵小金井の地に降臨したのである。流石は「驚安の殿堂」。客はみるみるうちにMEGAドンキホーテに吸い込まれている。客の割合を計算すると4割ドンキ、4割イトーヨーカドー、1割ずつ西友とnonowaである。

さて、南口だがこちらは何故か北口よりも早くかつ綺麗に改装工事をしていたため住民の中では終始「ムサコ北口差別化問題」として当時小金井市市長の稲葉氏を攻撃していた。挙げ句の果てに稲葉氏は市長を辞職。現在は西岡 真一郎氏が新市長として君臨しているものの住民の間では「何も変わってない」という評判を受けている。 南口改装時に当時の市長イナバウアー氏が多額の資金を投資して作った高層マンションがあり、今でも何やらそれでもめているが住民からすれば「そんなことどうでもいいからはよゴミどうにかしろ」と言わんばありである。(ちなみにゴミは国立市に処理してもらっているので小金井市は国立市に頭が上がらない。)

北口のバスは西武バスが網羅している。現在問題となっているあそこら辺を南北に突っ切るものがないと喚く人たちはこのバスを利用している。 地元を走るCoCoバスは夜8時が最終便という超小型バス。そして大抵乗ると5人以上はおばちゃん及びおじちゃんが乗っている。昔は「次は◯番、□□でございます。」(◯にはバス停番号、□□はバス停名が入る)という放送を運転手が自ら言っていた。しかし語尾になるにつれ小声になっていくので利用客からすれば「□□でござぁい...」と不気味な日本語を話す運転手だと思われ、一時期「ござい症候群」という「ます」までしっかり言わない症候群が流行った。詳しくはggrks ちなみに地味に三鷹行きのバスもある。影が薄すぎて住民も知らないはず。

さて、かなり脱線したが、話を戻そう。南口を出ると駅前に大きなホールがある。コンクリートを打った小金井市にしてはかっこよすぎるこのホール。現在では小金井市の音楽関連の店を網羅した小金井市史上最強の音楽起業、宮地楽器が買収し「小金井宮地楽器ホール」として営業している。住民の中では「だっさw」と評判である。 ちょっと西に行くとあるのがイトーヨーカドー。開業当初は鈴木福と芦田愛菜の奇々怪々なボイスが飛び交うショッピングモールだったが、現在ではザ・ビートルズの「HELP」が延々と流れる不気味なスーパーである。一応5階にMaiMaiや太鼓の達人はおいてあるが、大抵いつも地元のヲタク学生が帰り際にやっている。しかしかっこいいことをしても誰も気にしてくれないので練習にはうってつけ。 南口のバスは西武ではなく、京王が網羅している。CoCoバスはもはやバスではなくロケ車化しているので、よく長身の人間は頭を打つ。

あとはすんごく細長いカラオケ館とすんごく影の薄いハンバーガーショップ「モスバーガー」がある。ちなみにモスバーガーはちょっと裏道に出ないといけないので相当たどり着くのに最初来た人は苦労するが、小金井市民は巧みな技を使いつつ僅か10秒でたどり着く。

先程も言った通り一歩外に出れば住宅街なので迷子にだけは注意して欲しい。逃走中を行いたい場合は、交通ルールを守って行いましょう。(あんな田舎なのにベンツやウォルクスバーゲン、アウディーを乱暴に運転する人が多い街なのである。)絶対逃げきれるから。(確信

隣の駅[編集]

中央本線

特急・通勤特快・通勤快速・中央特快・青梅特快
通過
快速・各駅停車
国分寺駅 - 武蔵小金井駅 - 東小金井駅

関連項目[編集]


Gomen.jpg この「武蔵小金井駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)