武蔵浦和駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「武蔵浦和駅」の項目を執筆しています。
Dokuro mark.gif
注意‼:この記事は発狂した利用者により書かれたため、読むと頭が腐ります‼

武蔵浦和駅(むさしうらわえき、Musashi-Urawa station)とは、彩の国さいたま市にある駅。かつての浦和市には浦和駅の周囲に「東西南北+浦和」の駅が配置されるという美しい陣形(通称ウラワクロス)があったが、西浦和と南浦和の間にこの駅が出来たためにブチコワシになった、という空気読めない駅である。いや、駅が悪いわけではないのだが。

武蔵野線の駅名表。見て分かる通りウラワクロスをぶち壊した事がわかる。

歴史[編集]

南口:市街戦

現在の武蔵浦和駅近くには元々ロッテ工場があり、あたり一帯を牛耳っていた。1980年代初頭、その周辺に新幹線を通す計画を聞き、同社の担当者が激怒。「新幹線だけじゃなく在来線も通さんかい!」とJR側と協議に突入する。近くの戸田市・与野市(当時)の住民も加勢し暴動に発展。JR側も黙っているわけではなかった。埼玉近郊を主とする「東武鉄道」・「西部鉄道」が加勢。暴動は更に激しさを増し、北は大宮市、南は東京都北区までに飛び火。結局1985年、JR側は「今まで大変ご迷惑お掛けしました…。JR至上最高の乗り心地で、風にも負けない最強の電車を走らせるから許してくれ」との意向を発表。当初は埼玉と東京を結ぶので“埼京線”というネーミングが候補としてあがっていたが、先のJR側の「最高の…、最強の…」からヒントを得、1990年に現在の埼京線が開通。同時に武蔵浦和駅も開駅した。

利用可能な路線[編集]

のりばについて[編集]

  • 1番線と2番線は武蔵野線が使用。ただし、西船橋方面が1番線、府中本町方面が2番線なので気をつけるべきである。ちなみに1番線へ行く際に階段がきつすぎると苦情がかなり来てるようだ。
  • 埼京線は3~6番線を使用。通勤快速停車だからって偉そうに4線も使っちゃって。しかも一部電車がここで折り返す為、隣の南浦和駅より人気が集まり、旧浦和市内の駅の間からは妬みの目で見られている。ちなみに3・4番線が新宿大崎新木場方面・5・6番線が大宮川越方面。埼京線ホームは2006年に放送を更新し、同時に運行管理において首都圏の路線のネットワーク仲間入りを果たした。一方、武蔵野線は2012年まで 時代遅れ 独自の放送を使用し、運行管理も路線独自のものを使っていた。まるで、「後輩に追い越された先輩」のようである。

武蔵浦和死のレース[編集]

  • 平日の通勤、通学ラッシュの時間帯で武蔵野線ホームから埼京線ホームにかけて過酷な死のレースが繰り広げられる。このレースの歴史は古いが、優勝者には賞金や賞品等が贈呈されるらしいが詳しくは明かされていない。さらに、優勝者は必ず姿を消す。このレースには旧浦和市民はなぜか参加しない。
  • 武蔵浦和駅内での内部申告では調神社に訪れる宇宙からの使者に捧げる生贄を選抜するための旧浦和市民の罠であるらしい。また、浦和駅のダンジョンもこの罠の一種の様だ。
  • 過酷すぎるため参加者の大多数が埼京線ホームにたどり着く頃には瀕死状態になる。以前は埼京線ホームのKIOSKで冷えたSNICKERSを購入し食する事で生き延びていたが、現在埼京線ホームのKIOSKは営業していないため、埼京線ホームでのたれ死ぬ者が続出している。

新幹線停車構想[編集]

現在は武蔵野線・埼京線の2路線が走っている。だが2010年に新幹線(東北・上越)が停まるという噂が、まことしやかに囁かれている。しかし、同駅に新幹線を停車させてしまうと、埼京線の大宮~武蔵浦和駅間の通勤快速電車(普通料金)とまったく同じ距離の為、「意味が無い」と反発の声が後を絶たない。ちなみに、出来ればさいたま市に二つできるということになる。

駅前の施設[編集]

駅前交番
一日に約8件の痴漢が発生する当駅では女性が男性を引っ張り交番まで連れていく姿をよく見かける。それを見る警察官は「仲の良いカップルだ事…」と判断するか「まさか痴漢で連れてきたのか…」と常に葛藤を迫られる。また痴漢を行った者に再発をさせないため、キン肉マンの様にオデコに「尻」と捺印されるのである。消えるまでは10年を要する為、長い期間醜態をさらすことを覚悟しなければならない。
武蔵ラーメン道場
観光産業の一環として建てられた施設。ただ材料はネギだけと定められており、だれが、いつ作ろうがまったくの同じ味である。だが、その素朴さ、また近年の健康志向が後押しをしてるのかは分からないが、向こう2年先まで受講者の予約で一杯との事である。

駅構内のKioskの商品[編集]

痴漢電車の異名を持つ最強線が走っている為、女性に対して手厚い保護が成されている。痴漢を防止する為にパンツに画鋲(がびょう)を忍ばせている物を販売したり、ワンタッチで110番にダイレクトに繋がるポケッタブル通報機なるものまで販売している(実は、「この人痴漢です!」に使ったりする。)。

「痴漢を防げて、うれしいわ~!!」
Kioskの商品 について、女性利用客
これはひどい!(右下除く)

武蔵浦和駅のトイレの使い方[編集]

トイレを利用する場合は改札機で400円する「トイレ利用特別補助券」を購入しなくてはならない。またグリーン便所なるものも存在し、高級トイレットペーパーが利用できる上、ウンコをする際液晶テレビが表示される。ただしこのグリーン券は12000円する。会社の管理職クラス、政治家しか購入していない為、「トイレにまで格差社会か」との批判の声もあるが、そこはしょうがない。

武蔵浦和駅と宮本武蔵 の関係[編集]

そんなものはありません。むしろ宮本武蔵駅の方が近い気がする。

発浦和[編集]

上述のように、浦和駅の周辺には東西南北すべての浦和駅が揃っている。さらに中浦和駅も存在するので、浦和駅を「(なにも頭につかない)白浦和駅」とすれば、「発浦和駅」があれば東南西北白発中浦和がすべて揃い、麻雀の名所として親しまれることになるはずだった。そのため、本駅は「発浦和」となるはずであったのに、大人の事情によって「武蔵浦和」という面白くもなんともない駅名にされてしまったというまことしやかな噂がある。[要出典]

(まあ、緑色の帯を巻いた最強線の始発にもなるんで、“発浦和”でいい気もするが…あっ美園を忘れてた)


武蔵野線で降りる駅が紛らわしい問題[編集]

上述のように、この界隈には浦和駅が集中しているため車内アナウンスを集中して聞いていないと「次は……浦和です」などとしか聞こえず、自分が今何駅にいるか全く判断出来ない状況になる。車内には京浜東北線や埼京線で利用されている車内の停車駅ガイドがないため、窓の外の駅名看板を見て自分が降りる駅かどうか判断する必要がある。英語の駅名表示しか見当たらない場合は悲惨である。元々の駅名文字数が多いため、英語表記だと文字のピッチが狭く車内からとっさに確認するだけでは誤認が多い。「Musashi-Urawa Sta.」「Minami-Urawa Sta.」と頭文字のMと浦和は同じため、瞬時に細かな違いを判別する必要がある。 もちろん、武蔵野線の駅は作りがほとんど同じなため、窓の外の景色やホーム形状を確認して降車駅と判断することは困難で、乗車数降車数も似たようなレベルの駅が多数を占めるため当てずっぽうで電車を降りないと行けない状況になることも多い。席を確保してしまった後のミス立ちには圧倒的な恥ずかしさが残る。


関連項目[編集]


Gomen.jpg この「武蔵浦和駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)