武蔵野丼

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「武蔵野丼」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

武蔵野丼(むさしのどん)とは、多摩のB級グルメである。

武蔵野[編集]

武蔵野(むさしの)とは旧武蔵国(埼玉県東京都および神奈川県の北東部)の西部地域を指し、古くから豪族が割拠していたために戦乱が絶えなかった。そのため、当然多くの人が戦いの中で命を落とすこととなり「武者(むさ)死(し)の国⇒むさしの国」と呼ばれるようになったと言われている。また、南関東地域の豪族は大和政権時代から常に反乱を繰り返していた(平将門平忠常など)ために「武を蔵する(反乱の準備をしている。「笑裏蔵刀」の意に同じ)」という意味で現在の漢字「武蔵」が当てられたと言われている。そして多くの人々が戦乱の中で命を落とし、死屍累々となった山々に篠(しの)が生い茂って豊かな森林地帯をなしたことから「生(む)さ篠(しの)」とも呼ばれている。

[編集]

黒歴史

このセクションに書かれていることは黒歴史です!
できることなら見ないでおいてあげて!!

さて、戦乱の続いていた当時、武蔵野には当然武士だけではなく、農民など普通の人々も暮らしていたのは言うまでもないが、彼らがせっせと丹精込めて育てた作物(、その他)は戦争が一時収束して仕事を失ったために野盗と化した足軽悪党などにことごとく奪われてしまう(あるいは田畑が戦場となって荒らされてしまう)ため、その台所事情が苦しいのは日常茶飯事であった。仕方なく細々と行う狩猟や自然採取、川漁などによって辛うじて糊口をしのいでいたものの、慢性的な食糧不足はいかんともしがたいものであった。「あぁ、いっぱいに飯が食いてぇ……」誰もがそう呟いたことであろうが、だからと言って目の前に腐るほど転がっている「肉」を丼に盛り付けることを考え付いたのは、その「誰か」しかいなかった。しかし、一度知ってしまったその味を、全身を満たす幸福感を。彼らが忘れ去ることなど、とても出来ないだけの窮状がそこにあったのである。

武蔵野丼[編集]

親子丼に見えないこともないが、誰も気にしない

そうしたキッカケによって生み出された武蔵野丼であるが、現代においては様々なバリエーションがあり、特に具について明確な定義は存在しない[要出典]。しかしその多くは鶏肉(人のぴーの味に最も近いと言われている)と山菜(その辺にいくらでも生えている)をでとじたものであり、それをご飯の上に乗せた状態で供されるのが普通であるが、元来は「具」のみをひたすら丼に盛り上げるのが本式とされているが、いくら何でも味のバランスが偏りすぎているため、いくらコアな武蔵野丼マニアであっても、そこまではしないものである。

武蔵野「う」どん[編集]

コシが命の武蔵野うどん。

また、人のぴー肉をひも状の細切りにして燻製した保存食を出汁で煮戻した「武蔵野うどん」も考案されたが、これは本来の「饂飩(うどん)」ではなく、丼の中をぐるぐると這わせる「迂丼(うどん)」が語源である[要出典]。もちろん現在では肥沃な関東平野でとれた(と見せかけて実は輸入物)小麦を使用しているので、安心して食べることが出来る。

関連項目[編集]