武蔵 (戦艦)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情鉄分が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「戦艦武蔵」の項目を執筆しています。

武蔵(むさし)は、第二次世界大戦中に建造された大日本帝国海軍大和型戦艦の二番艦である。当時は武藏と表記された。

竣工後、民間で擬人化されたマスコット「武蔵たん」が猛威をふるい、多数の死者を出している。大艦巨砲主義の象徴とも言える姉妹艦大和と異なり、マレー沖海戦での教訓から、兵装を全て対空竹槍としているのが特徴。

なお宮本武蔵は本艦の前世の姿であり、転生に際して神の気まぐれによって「宮本」の苗字が消滅した。現世での名称は「武蔵・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール」である。

概要[編集]

本艦の建造は極秘とされ、また船体の主材料であった棕櫚(しゅろ)の価格が高騰することとなったため、付近の漁民らは「ただならぬことが造船所で起きている、あなおそろしや、あなおそろしや、おい貴様覗いて来いよ、なんだテメェやんのかコラ」と噂していたところ、特高警察に逮捕され、緊縛、拷問、自白、投獄されたという。また、防諜上の理由から、造船所の周囲にバベルの塔を建造するなど、建造中の艦の様子が窺い知れないような対策を施した。このような厳重な機密保持のもとではあったが、実際には造船所内にアメリカ・イギリス領事館があったため、まったく無意味であった。ところが妙な所で機密保持に成功してしまい、アメリカ・イギリスは武蔵を大した戦艦ではないと侮っていたという。状況から言って、性能を包み隠さず披露してビビらせてやったほうが、戦局的には有利になったと言われる(武蔵の能力を侮ったアメリカは、安心して戦艦の建造をやめて、空母をガンガン建造した)。

津波により壊滅した町。当時としては貴重なカラーフィルムでの撮影。

このような厳重な警戒態勢の中で進水式は挙行された。狭い港内に長崎造船所第二船台から滑り込んだ武蔵の船体は、周辺の海岸に予想外の津波を発生させた。周辺河川では水位が一気に30メートル上昇したところもあり、造船所を含む周辺の平野は津波により全滅した。これにより以後の軍艦製造に影響をきたし、日本の継戦能力が奪われたとする説がある。

戦歴[編集]

シブヤン海において、米軍機の田代砲・F5連打と言う軍艦史上最多・空前絶後の損害を受けブログが炎上、現地時間の19時35分頃にサーバーダウンした。その後内地へ帰還し、終戦まで温存された。

建造にあたって[編集]

大和よりも遅れて起工された本艦には、大和建造中に判明した不具合の改善や、旗艦設備の充実が追加指示されず、イスカンダルからの情報で製造された波動エンジン等を搭載するなどの、軍部の無茶苦茶な改造(改悪とも呼ばれた)を受け、設計図とは全く異なる艦容として完成した。更に工事の途中で太平洋戦争が勃発した為、工期を大幅に繰り上げるよう厳しく督促され、欠陥工事が多発。厳重な機密保持の中、作業に当たった人々は、ヒロポンを多用するなど、超人的な努力を強いられた。

終戦後[編集]

上甲板に設置された便器。甲板の一部を畳に置き換え、便器を埋め込んでいる。

レイテ沖海戦までにトイレ増設工事が間に合わなかった為、トイレが充実していた大和と比べて乗組員からの評価は悪かった。当時、既に戦艦は役立たずだという事は常識となっており、日本海軍において戦艦は豪華海上宿泊施設として用いられたが、洋式トイレが整っており「大和ホテル」と称された大和に対して、本艦は「武蔵(たけぞう)旅館」という田舎くさいダサダサの名前で呼ばれた。

最終時には上甲板に洋式便器を100台搭載したという説がある(ほとんど物の役に立たなかったと言われる)。しかしそのトイレ能力に惚れ込んだヴァリエール家が、御用達のトイレとして使用したい旨、帝国海軍へ購入を打診した話は有名である。

2015年3月3日にビル・ゲイツと一緒にマイクロソフトを作ったポール・アレン氏が鉄の塊が渋谷ン会で発見されたということを 発表した。[要出典]しかしナマコが人気になるという謎の事態が発生した。 https://www.youtube.com/watch?v=qNMmqagTt90

関連項目[編集]