武藤貴也

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
ホモ受けしそうな二枚目
「ふざけんな!俺は今までお前のワガママを我慢してきたんだ!」
武藤貴也 について、春秋に暴露した捕獲したての19歳少年
「クビだ クビだ クビだ!」
武藤貴也 について、安倍晋三

武藤貴也(むとう たかや)とは、国会議員として初めて淫夢ファミリー入りを果たした事で、歴史に名を遺した偉大な人物である。

概要[編集]

「私には掘りたいケツがある。」

平野源五郎を輩出した北海道出身で、滋賀県から自民党国会議員、所謂安倍チルドレンとして選出された。 安倍晋三達に上手く気に入られ、順風満帆かと思われていたそんなある日、武藤は週刊春秋から捕獲したての19歳少年を調教していた事をすっぱ抜かれてしまう。 さらに他2名の少年からも、関係を持っていた事、一人の売れない男優と同棲していた事等が暴露されてしまった。 自民党というホモに厳しい政党に所属し、尚且つ武藤自身も極右的な発言が多かった事から、武藤はこのアウティングによって自らの居場所を失ったかに見えた。

そもそもなぜ、武藤は政治家を志すようになったのか?それについて彼は、日本古来の伝統や文化を守りたい、蘇らせたい、そう願ったからと答えている(あっ・・・察し) 彼はただ、日本古来の伝統文化である男色を議員宿舎で自ら手本となり、行っていたに過ぎない。 しかし愚民には、とうてい彼の高貴さを理解する事ができず、世間、そしてあろうことか保守政党であるはずの自民党からも閉め出しを食らう事となった。

しかし捨てる神あれば拾う神ありである。武藤のこの事件に眉をひそめる世間の中、淫夢厨ホモガキ達は驚喜して彼を淫夢ファミリーに迎えたのだ。今やニコニコ動画には「武藤貴也(淫夢)」、「MTUTKY」等のタグが作成され、武藤はすっかり淫夢ファミリーの一員として馴染んでいるのだが、それが本人の望む所であるかどうか定かではない。

噂の真相を暴露する画像があちこちに出回る

噂の真相[編集]

武藤が関係を持っていた男性達により、武藤が彼らとどのようなやりとりをしていたかについて、LINEの会話内容が晒されまくっている。その中で、武藤の「麻生が復党は任せとけって言ってくれた」との発言もあり、武藤が麻生太郎のアスホールへ突入していた可能性が微粒子レベルで存在する…?まあ、麻生さんの名前も英語圏の人からすればアレと聞き間違われるような発音になるからね、しょうがないね。 また、金で買った少年達から既読スルーされると「安倍総理の方が早いよ」と言って怒っていたという。この話から、武藤が安倍晋三とLINE友達であった事、安倍は武藤に既読スルーしない事が判明。さらに武藤はコンドームを使わず、中出しする事が好きである事から、安倍晋三が下痢で悩んでいる原因は、武藤が中出ししまくっているからとも言われている。まあ、阿部さんて言うくらいだからね、しょうがないね。

まさかの復活[編集]

誰もが武藤について、もう二度と国会に姿を現す事無く、次の選挙で落選するまでヤケになってホモ遊びしまくるのだろうと考えていた。 ところが2016年の年明け、武藤は国会に姿を現した。しかも大腸炎(意味深)というおいしすぎる病名を引っ提げて。これには淫夢厨共も「大腸炎て、もはやアピールしてんのかww」「そんなに深く突っ込んでもらったのか…(困惑)」「直腸炎の間違いと違うか」と大喜びである。 ちなみに久しぶりに顔を出した武藤の頭髪は、白髪だらけであった。短期間でこんなにも白髪が増えるとは考え難く、また元々白髪が多かったが染める事を止めたと考えたとしても、年齢を考えてよほどの体質でなければ不自然である。よって、染めたと考える方が妥当である。 この事から、武藤が一夜にして髪が白髪になったという伝説を持つ、マリー・アントワネットに憧れている可能性が微粒子レベルで存在する・・・?

関連[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「武藤貴也」の項目を執筆しています。