歩道橋

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。

歩道橋(ほどうきょう)とは、日本が誇ると並ぶ三大自殺の名所の一つ。終戦後に最初のものが作られるなど、この3つの中では一番歴史が浅いが歩道橋が誇る猛威とほかの2つにはない集団的な自殺を起こすことが可能なこともあり、三大名所の一つとして語られる。

しかし、通学路の危険防止などが目的で作られたケースが非常に多く、少子高齢化が進む中、屋上踏切に遅れを取っている。

概要[編集]

太平洋戦争終戦後、車が一般家庭にも普及し始め、自殺志願者が道路に身を投げる事例が後を絶たなかった[不要出典]。そこで当時の運輸省(現在の国土交通省)が「死ぬのは勝手だが車を傷つけられたらたまらん」と対応策を考える。当時は高い建物など東京タワー以外に特になかったため「道路の上に作ってしまえばいいんだ!」と考えた運輸省官僚が、「東京五輪で車が増えるため、児童の安全を考えて」ということを建前に歩道橋の建設を決定する。

当時の道路状況は、路面が土といった場所もあったため成功率が8割程度と極めて低く、また車が落ちた人間を轢く事例もあったが建前の都合上簡単に撤去することもできなかった。しかし、1960年代後半からの学生運動の影響でほとんどの道がコンクリート塗装に代わると、自殺の成功率はほぼ100%ととなり、さらに運輸省が「車を傷つけられたら迷惑」という方針から「死ぬなら勝手にしろ。それよりベビーブームで子供が多いんだ。通学路の整備をしなくては」と自殺者のことなど眼中になくなり、歩道橋を一斉に増やしていく。

80年代になるとバブル景気の影響もあり、自殺者も減り、他の崖、滝では年に2、3回ほどしか自殺する者がおらずにすっかりと廃れ、代わりに多摩ニュータウンなどの高層住宅が増えたこともあり、屋上や電車に自ら轢かれるため踏切での自殺者が増えた。

しかし2000年代に運輸省が国土交通省になると、国の財政難や少子高齢化の影響、学校の廃校や統合と老朽化が重なり続々と街から姿を消しつつあるが、それでも2001年には花火帰りの客を集団自殺させるなどまだまだ存在感を放っている。また、信号機と同体のものもあり、日本から消える気配はない。ただ、階段のため高齢者など足腰に不安がある人間は登れないなどの問題があり、今後は減っていくものと思われる。

同じ役割のもの[編集]

同じように自殺者が迷惑をかけないようにする施設としては屋上が1980年代から有名となり、マンションなどの屋上から飛び降りる例は全く珍しくない。また、21世紀に入ると踏切が頭角を現す。

2013年には横浜で自殺しようとした老人が女性に助けられ、女性が撥ねられるなど、高度な自殺を求める者にとってのチャレンジ施設となっている。数こそ少なく、地下化が進み日本からも姿を消しつつある開かずの踏切も一時はものすごい自殺成功率を誇った。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「歩道橋」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
この項目「歩道橋」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)