残酷な天使のテーゼ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

残酷な天使のテーゼ(ざんこく-テーゼ)とは社会現象を巻き起こしたアニメソングのひとつ。 タイアップ先の作品が秋葉系ショタコンヲタクを大量発生させ、この音楽が、テレビプロデューサーから、マスコミに至るまでを大混乱させた挙句、世代をも超えてさらに秋葉系を増加し、ついにはアニメオタクの総理大臣を生み出すことになった。

タイアップ[編集]

エヴァンゲリオンの項目を参照。

歌詞の意味[編集]

およそ難しい言葉を羅列することで反抗期の若者や、複雑な思考回路を持つ人を引き付けている。さらにドイツ語やギリシャ語などの様々な国の言葉で世界中の人間を秋葉系に染めげようという意味合いも含まれている。

一応解釈は可能であるが、うつ病的な感情の流れを促しており、本気で理解しようとするとうつ病に感染する。 唯一無二の病を発症する恐れがある音楽である。 また、別項目の音楽による説明においてはほとんどの作用が確認されており、昨今でもカラオケによる選曲率が高い。

社会的な影響[編集]

  • まず筆頭に上がるのがM少年の大量増加が挙げられる、主人公の情けない姿が人格形成の只中にある少年に強く作用しているためである。(碇シンジの一番恥ずかしいシーンをあらゆる場面で5コマごとに1コマ写すことでさらに洗脳を促す。)
  • 心を失ったように無表情に、うつろにしていることが美しいと思い込む少女が増加。これによって、恋愛意識がほとんど薄れ、少子化を急進させている。また、感情を押さえ込むことを至上とする考えが最終的に精神疾患を促進するため、やはりうつ病患者が急増化した。
  • いきなり性格が変わって暴走するのがかっこいい行為と認識され、躁病患者が急増。さらには躁鬱病をも引き起こし、精神疾患患者が急増し、精神の不安定から来る肉体的な病も比例して増加。現状の医師不足、医師自身の疾患による、医療機関のあいつぐ閉鎖を引き起こしている。
  • 自分の意思どおりにならないときは操作盤を両手で叩くという行為が刷り込まれて、キーボードクラッシャーをはじめとする、破壊衝動に取り付かれる人間が増加。ついには犬の敵討ちという理由で大量殺戮を行うものも現れた。
  • 音楽業界を完膚なきまでに蹂躙して、多くの作曲家がこの曲の前では名作を生み出せず、詐欺をしなければ生活もできないほどに音楽界を混乱させた。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「残酷な天使のテーゼ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「残酷な天使のテーゼ」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「残酷な天使のテーゼ」の記事を執筆しています。
Hatsune-miku.jpg この「残酷な天使のテーゼ」はまだ初音ミクの調教が足りないせいか、巧く唄えていないみたいですこのページをみっくみくにして下さる方を求めています。 (Portal:スタブ)