毎日開かれた新聞委員会

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「毎日開かれた新聞委員会」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「毎日新聞」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「毎日デイリーニューズWaiWai問題」の項目を執筆しています。

毎日開かれた新聞委員会(まいにちひらかれたしんぶんいいんかい)は、毎日新聞エクストリーム・謝罪のエントリー後にく新聞でいいんかい?のこと。チョッパリ共がガタガタうるさいので仕方なく開催した新聞委員会または、あたかも透明性がある様に見せかけた閉ざされた新聞委員会とも。この毎日アーン♥♥イイんかいは、毎日新聞社のお手盛り体制を誇らしく見せつけている。

2008年のWaiWai閉鎖後、毎日新聞編集局に設置した『開かれた新聞』委員会について記載する。

こちら毎日新聞、エクストリーム・謝罪エントリーします[編集]

毎日デイリーニューズ上のコラム「WaiWai」を閉鎖した後、更なる変態ニュースが発掘されるなど慌しくなっていた。毎日新聞社は事態を収拾するために『開かれた新聞』委員会を開催します!と、非難する人達に向け「謝りますから、謝りますから」と繰り返し伝えた。

2008年6月28日、毎日新聞は役員・記者ら処分を決定し、「今回の対応が妥当だったか、社外の有識者でつくる第三者機関「『開かれた新聞』委員会」に見解を求めることにしている。」と公表。

しかしその直後に、エクアドルにおいて日本人がジャングルに子供を放ちライフルでハンティングするという洒落にならない記事も発掘された。信用される日本の毎日新聞社の肩書きで、多くの日本人がセックスレイプ奴隷ツアーのために海外旅行に行っていると国際標準になっていた。

2008年7月7日、毎日新聞社は、

Quote1.png 社外の有識者でつくる第三者機関「『開かれた新聞』委員会」に見解を求め紙面で報告します。 Quote2.png

と公表。謝罪準備しますと言って逃げ切ったため、7月中旬の報告に期待が持たれた。

こちら毎日変態新聞、SMします[編集]

2008年7月20日、正直な毎日新聞は今回の対応が妥当だったか、社外の有識者でつくる第三者機関「『開かれた新聞』委員会」に見解を求め、紙面に公開した。

サディストの攻め[編集]

  • 「信じられない記事垂れ流し」
    毎日新聞 について、ノンフィクション作家 吉永みち子
  • 「読者からの批判 対応せず」
    毎日新聞 について、作家 柳田邦男
  • 「デスク機能ないまま放置」
    毎日新聞 について、フリージャーナリスト 玉木明
  • 「英文サイトの軽視 反映」
    毎日新聞 について、上智大教授 田島泰彦

マゾヒストの反応[編集]

  • 「深刻な失態 教訓にします」
    毎日新聞 について、毎日新聞社
  • 「英文サイト出直します」
    毎日ディリーニューズ について、毎日新聞社
  • 「毎日新聞社が英文サイト「毎日デイリーニュース」(MDN)上のコラム「WaiWai」に不適切な記事を掲載し続けたことは報道機関として許されないことでした。日本についての誤った情報、品性を欠く性的な話題など、国内外に発信するにはふさわしくない内容でした。多くの方々に不快感を与え、名誉を傷つけ、大変なご迷惑をおかけしたこと、同時に毎日新聞への信頼を裏切ったことについて、深くおわびいたします。まことに申しわけありませんでした。」
    再発防止へ体制強化 について、毎日新聞社

自虐新聞の効果[編集]

毎日新聞社は同情を寄せる日本人のツボを抑えており、『開かれた新聞』委員会からいじめられる姿を大きく晒していた。いじめられる側になれば逆に評価を得られ、非難する人達が減少する。これは、お人よしな日本人が良心を無くすと使用できない呪術である。(となりのウトロの主張より)

日本人の読者から叩かれれば、加害者から被害者へ成り済ます魔法が成立する。そして毎日新聞の英字紙で、日本人の読者から批判されたので記事配信を停止したという日本語版と違う謝罪文が生きてくる。その後、お約束のWaiWaiを絶賛する香ばしい人達が出てきた。連動して工作員が沸き日本人の真実が消されたなどと騒ぎ続ける。そのまた後に酢と醤油少々入れて味付けしてやると、記事はとても信憑性の高い日本人の真実として高い評価を得て、記事のコピーが毎日新聞社の肩書きと共にインターネット上に漂っている。

このようにして「WaiWaiは既に閉鎖しておりますが、過去の記事を転載しているサイトなどが判明すれば、事情を説明し、訂正や削除の要請を続けていきたいと思います。」と公表している為、正当な証拠隠滅が出来て毎日新聞社による記事の信憑性がますます高まる合理的な仕組みが完成している。勿論、毎日新聞社側に都合の悪い記事は、ネット上からいつの間にかなかったことになって行く。

実のところ性風俗を極めた毎日新聞社側からするといじめられる快感を得ており、SMを晒すことで、見られる快感が倍増していた。変態を甘く見てはいけない。

こちら毎日新聞、事件ではなく問題なので[編集]

毎日新聞社スローガン『論争がある。本当が見える。
嘘は言っていない。

躊躇なく真っ赤な嘘をついた。

7月20日付の『開かれた新聞』委員会による『変態ニュース』検証紙面には誇らしい嘘が書かれていた。

すぐにバレちまった嘘の例
  • 委員会 「9年前のウェブスタート時から始まった。」
 「11年前の紙媒体(英字紙)時代からすでにでかでかと掲載されていた。」
  • 委員会 「ウェブに移行後、体制の変化に追いつかず、一般ニュース(のチェック)に集中せざるを得なかった。」
 「紙媒体上で既にチェックができていなかった。」
  • 委員会 「ウェブに移行してからは外国人記者5 人、日本人2 人となり、「waiwai」の執筆は実質1 人となった。少数の外国人記者による暴走によりこの事件が起こった。」
 「英字紙時代の最後には外国人記者が15人、日本人3 人の計18 人のスタッフがいた。」
  • 委員会 「MDNが紙だった時代にも性に関する話題は掲載され、編集者が表現を和らげるように指摘することもあった。」
 「英字紙に、「『受験生』バカ母SEX献身の実例」「ポケモンの意味は勃起した男性器」という日本語の見出しが見つかる。」

毎日新聞社にピカチュウライチュウの意味を聞くのは検閲により削除

こちら『開かれた新聞』委員会事務局、ご意見はSPAMで返します[編集]

普通にあり得ないと思われたが、『開かれた新聞』委員会宛にメールを送ると大量のSPAMが届くシステムになっていた。

まさかを現実に姦る毎日新聞です。

メーリングリスト会員[編集]

2008年6月28日、騒動が有職者委員会の議題に持ち上げられると、「ご意見は、「開かれた新聞」委員会事務局(電子メール&ファックス)へ。」と公表していた。この時、「開かれた新聞」委員会の一切が不透明であったため、一部の鋭い読者達が真面目にメールを送信し被害にあっている。別のお問い合わせフォームから送っても同様にSPAMが送られて来るという。

毎日新聞社は知ってて黙認していたため、メールアドレス(個人情報)が毎日新聞社外か、毎日新聞が管理するSPAM配信リストの中に組み込んでいても、知らなかった魔法を使用できる。

悪名高きウィキペディア日本語版において守られていない方針「善意にとる」を配慮すれば、アダルトサイトで楽しんでくださいという親切かも知れない。また、2ちゃんねるで騒いでいたスレッドにばらまかれたウイルス付アドレスは、地雷ゲームかも知れない。

ファックス・システム[編集]

毎日新聞社のアーン♥♥システムは      FAX番号は毎日新聞各本社・支社「みんなの広場」係と同じにしているのでわかりやすい。

そもそも、『開かれた新聞』委員会事務局は毎日新聞編集局に設置しており、受け取った「ご意見」はメールであれファックスであれ、毎日新聞社の記者が目を通して、責任を持って委員会に届けられる確実なシステムになっていた。

こちら『開かれた新聞』委員会、あくまで第三者機関です[編集]

『開かれた新聞』委員会の役目は、毎日新聞社内部で行われた処分や調査に対して意見を述べる誇らしい委員会だった。当然の如く独自に処分や調査する権限は持っていない。

毎日新聞社が「見解を求める」と公表した通り嘘はついていません!

自慰芝居委員会の役割[編集]

『開かれた新聞』委員会は、英文サイト事件のために特設されたものではなく、毎日新聞社内で1~2カ月に一度開催されている平常運転なのです。あくまで問題ですから。

2008年6月7日に公開した座談会の題名「本質伝える使命忘れず」「事件報道は冷静な目で」はこの騒動に適用されない。従って7月初旬に記事は記憶喪失となった。

公言している3つの役割
  1. 人権侵害の苦情への対応をチェック - 記事によって当事者から人権侵害の苦情や意見が寄せられた際、社の対応に対する見解を示し公表する」
  2. 紙面への提言 - 報道に問題があると考えた場合、意見を表明する」
  3. メディアの在り方への提言 - よりよい報道を目指すための課題について提言する」
当委員会は「記事による人権侵害の苦情や意見」を受け付けている。
人権は金なり
毎日新聞が世界に向け訴えた日本人は変態だぁ!とした主張にはセックスレイプ残虐人権などの素材が料理されている。ロイヤルストレートフラッシュがほぼ完成している様なものだが、今後、決定的なアレが出てくることが期待されている。
2009年1月の座談会はお約束通り『変態ニュース』について一切触らない姿勢を見せており、新しい年になったから「日本はどのような課題」などと話を逸らしている。コラムWaiWai閉鎖後、外国人記者のせい、ライアン・コネルのせいとして逃げ切ろうとした無責任体制が誇らしく出ていた。2009年も、事件の真相解明や変態記事の訂正もされず、被害は拡大中である。
一方、何でもかんでも他人の責任にし、日本に対して持続的にゆすり・たかり・恐喝を実行すると国会で決議された大韓民国では、さすがにやりすぎと考えれる人が居たのか毎日新聞のおかげで気がついたのか、日本を絡めなくていいのに日本を絡めて「‘他人のせい’にする韓国社会、告白で生まれ変わるべき」とコラムになっている。気違いなかの国は嫌い嫌いと言いつつ日本を除くのが大好きセクハラ国家だった。


こちら反日新聞、ビジネスチャンスです[編集]

Mainichi-matome.jpg

事件の被害[編集]

第三者機関によって検証されないので、毎日新聞が配信した『変態ニュース』記事と事件内容が物凄く一致した事件が国内外で発掘されている。

当然、変態ニュース配信時期と、日本人の強姦・同未遂、強制猥褻・同未遂の被害件数がとっても相関良い。

発掘されたビジネスの例

海外渡航情報[編集]

毎日新聞の活躍で、日本は人権侵害の国、人身売買の国、日本人女性は幼女からお年寄りまでレイプOKとなっている。

米州機構(OAS)
人身売買に関する報告書で毎日新聞の変態記事が用いられている。
ウィキペディア英語版など
ネチズンの大活躍によって、多くの記事に日本人の変態行為として用いられている。
記事は、権威の高い毎日新聞を出典としており、同社が記事を訂正等していないので、泣く子も黙る管理者様の信念により削除できない状況である。
アシアナ航空
ウォン安で韓国旅行が人気だよ。スターバックス女子スタッフに性病検査義務付けたし、エアバスの機体にでかでかと描いたフィギュアスケートのキム・ヨナ選手の様な女性が執拗に韓国へいらっしゃ~いと誘惑していた。あ~怖。
韓流スター
差別だぁ!日本だけが悪い!日本人はレイプ、レイプ、レイプ、氏ね氏ね氏ね!
持続的に謝罪と賠償を要求するニダ
逆にいつもと違うことをすると、在日コリアンが脚光を浴びるチャンスではあるが…。喜びのあな

関連項目[編集]

外部リンク[編集]