水先案内人及水先案内店ノ営業等ニ関スル法律

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Justice and Law 2.png
法令情報に関する注意: この項目は特に記述がない限り、日本の法令について解説しているのかもしれません。最新の法令改正って何でしょう?
ご自身が現実に遭遇した事件については、このような場所に入り浸らず、その現実と向き合って解決して下さい。免責事項もお読み下さい。
水先案内人及水先案内店ノ営業等ニ関スル法律
通称・略称 水先案内人法(水先法)
法令番号 2203年2月19日法律第32号
効力 現行法
種類 商事法、行政法
主な内容 水先案内人の業務について
関連法令 商法、船舶法、海上運送法、船舶職員法、船舶安全法

水先案内人及水先案内店ノ営業等ニ関スル法律(うんでぃーねおよびみずさきあんないてんのえいぎょうとうにかんするほうりつ、2203年2月19日法律第32号)は、水先案内人が業として行う水上における旅客運送を目的とする契約をはじめ、関連する諸制度について規定した、火星アクア)の法律。略称は水先案内人法ないし水先人法水先法。なお以下、本項目で水先案内人法の条文を参照する場合、単に条数のみを挙げる。

水先案内人の資格とそれに伴う権利・義務、水先案内店に対する規制、ゴンドラ協会の制度などを定めるほか、無資格者による水先案内業務の取扱いの禁止、水先案内人または水先案内店と誤認しやすい名称の使用禁止などを定めている。

構成[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「水先案内人とその資格」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「水先法」の項目を執筆しています。
  • 第1章 総則
  • 第2章 水先案内人ノ資格
  • 第2章ノ2 妖精制度
  • 第3章 水先案内人ノ権利及義務
  • 第4章 水先案内店
  • 第4章ノ2 ゴンドラ協会
  • 第5章 雑則
  • 第6章 罰則
  • 附則

沿革[編集]

水先案内人法は、ゴンドラ(条文上「櫓櫂ノミヲ以テ運転シ又ハ主トシテ櫓櫂ヲ以テ運転スル舟」と定義されている。2条3号)を用いた水上旅客運送の合理化と適正化を目的として制定された、商法および会社法特別法である。本来、こうした水上における旅客運送には商法とその周辺の各法令(船舶法海上運送法等)による取扱いが想定されていたところ、「櫓櫂ノミヲ以テ運転スル舟」であるゴンドラはこれら法令の適用対象から全面的に排除されていた。

例えば、櫓櫂のみをもって運転する舟には商法の適用がなく(商法686条2項)、登記や船籍の制度もなく(船舶法20条)、操縦には海技免状をはじめ何らの公的許可も要しない(船舶安全法2条1項1号)。

水圏が惑星表面の90%を覆うに至ったテラフォーミング後の火星においては、水上輸送の重要性が飛躍的に高まることとなった。と同時に、上記のような法の欠缺に乗じて、ゴンドラ反社会的勢力によって関連法令を潜脱する手段として注目され、やがてゴンドラを用いた海賊・水賊行為が横行する事態となった(しばしばそれは明に暗に政府の公許を得た私掠船でさえあった)。そこで、ゴンドラによる旅客運送業務を有資格者である水先案内人に独占させ、必要な規制を行うことにより、一般顧客の権利・利益の保護、ひいては水先案内産業の振興を図ったのが、水先案内人法である。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

水先案内人法上の諸制度[編集]

水先案内人[編集]

水先案内人(ウンディーネ[1]、独:Undine、仏:ondine)は、ゴンドラによる旅客運送を目的とした契約を締結し、ゴンドラの操縦等や顧客への重要事項説明等をはじめ「運送ヲ為スニ附帯スへキ一切ノ法律上又ハ事実上ノ職掌ヲ総攬ス」ることが認められた業務独占資格(2条1号、10条)、またはその資格を有する者をいう。甲種乙種丙種の3段階の等級が定められている。

甲種水先案内人
資格の獲得には甲種昇格試験に合格することを要する。水先案内店は本店・各支店に1人以上の甲種水先案内人を設置しなければならない(必置資格)。
単独で水先案内店を包括的に代理して旅客運送契約を締結することができるほか、職掌の下位にある者に対し事業の執行について必要な命令を発することができる。加えて、自己の現に管掌するゴンドラの上にあっては特別司法警察員(司法警察官吏及司法警察官吏ノ職務ヲ行フヘキ者ノ指定等ニ関スル件6条1項のいう「船長」に当たる)の権限を有する。
水先案内人の最上位の資格であることから、「第一の」を意味するラテン語の形容詞 primus の女性単数主格形 prima を名詞に転用して、俗にプリマと称される。また、就業中は政令に定める様式の手袋と誤認しやすい物を手に着用してはならないことから、手袋なしとも称される。
現行法上、通名(後述)を使用できる唯一の等級でもある。
乙種水先案内人
資格の獲得には乙種昇格試験に合格することを要する。権限は大幅に制限されており、もっぱら甲種水先案内人を輔佐・助勢することが義務付けられているが、一定の要件を満たした定型的な旅客運送契約(トラゲット業務)に限り、単独で水先案内店を代理して締結することができる。
就業中は政令に定める様式の手袋を一方の手に着用しなければならないことから、俗にシングルまたは片手袋と称される。
丙種水先案内人
資格の獲得には16時間の講習を受けるのみでよい。ゴンドラの操縦を単独で行うことができるが、旅客運送契約についての代理権はまったくない。
就業中は政令に定める様式の手袋を両手に着用しなければならないことから、俗にペアまたは両手袋と称される。

(なお、上記「手袋なし」「片手袋」「両手袋」の各用語は、いわゆる言葉狩りによって「『片手』は差別用語」と主張されて以来用いられない傾向にある。「一人前」「半人前」「見習い」という言い換えが試みられているが、カタカナ表記が優勢である。)

通名[編集]

通名(とおりな)は、水先案内人が事業を執行するにつき自己を表示するために氏名とともにまたは氏名に代えて使用する名称である(通説)。現行法は甲種水先案内人に限り通名の使用を認める。「通名ハ親文字振仮名ヲ以テ成立ス」(16条1項)るとされ、親文字は言語を日本語・文字種を漢字または仮名とし、振仮名は言語を日本語以外の言語[2]・文字種を片仮名としなければならない(16条2項1号、2号)とされる。他方、親文字と振仮名の意味の関連性はごく緩やかでよいと解されている(法務省通達は「著しく不合理であることが明白でないかぎり、なるべく有効とすることが望ましい」とする)。

有効とされた通名の例…親文字を「白き妖精」、振仮名を「スノーホワイト」とする通名。親文字を「天上の謳声」、振仮名を「セイレーン」とする通名。
無効とされた通名の例…親文字を「法皇の緑」、振仮名を「ハイエロファントエメラルド」とする通名(後日「ハイエロファントグリーン」に更正)。親文字を「星の白金」、振仮名を「スターシルバー」とする通名(後日「スタープラチナ」に更正)。

通名の効力要件は通名を使用する旨の意思表示であるが、対抗要件登記であり、水先案内人法上違法な通名は登記を得られない。したがって、違法な通名(下位の水先案内人が自称する通名、文字種または言語が2項要件に反する通名等)を表示してなされた行為を第三者に対抗することはできない。

水先案内人の昇格制度[編集]

下位の水先案内人がより上位の資格を得るには、社団法人ゴンドラ協会の告示に基づき甲種水先案内人が実施する昇格試験に合格することを要する。法的には全ての甲種水先案内人が全ての下位の水先案内人に対し試験を実施できるものの、実務上は水先案内店における特定の指導社員がその部下に対し実施することが通例となっている。

昇格試験には「出願」の観念がなく、もっぱら試験官である甲種水先案内人の側から「職掌ノ上位ニ任スルニ相当ト認ムル者」を指名することで、該当者は受験資格を得る(16条)。試験は1営業日中にわたり行われる実技試験であり、受験者には試験であること自体が開示されず、日常の業務と区別の付かない態様で実施する(18条)という点で特徴的である(試験の日程、方法その他の要項を事前に漏示することには罰則がある。83条)。ただし、乙種昇格試験に関しては、近年は該当者が多数に上るため定型的に処理する必要があり、操縦にそれなりの技能が必要な「希望の丘」周辺の航路が安易に選ばれる傾向にある。

この非開示主義に基づく試験方法には、水先案内人の通常業務に緊張感を与える点で一定の効果があり、おおむね支持されている。しかし、受験資格の付与と昇格の肯否を決する試験官個人の裁量が極めて大きいため、縁故主義がはびこり水先案内人の質が確保されないという弊害が有力に指摘されてもいる。

妖精たる水先案内人[編集]

甲種水先案内人への昇格試験は、かつては現代の科挙といわれるほどの難関であったが、水先案内需要の増大につれて合格者が急増し、一時は就職後3年も勤めれば九分九厘の水先案内人が甲種合格するという「プリマの粗製濫造」が生じた。この一因には、水先案内産業の成長には人材の確保が至上命題とされ、指導社員として昇格試験合格者を一人でも多く出すことが人事評定に直結した風潮があった。

これによる水先案内人の質の低下を懸念する声が高まり、昇格試験の要件を明確に法定する(すなわち、水先案内人個人の裁量権を制限する)法案も幾度となく議会に提出されたが、労働力確保を急ぐ大手水先案内店のロビー活動により必ずしも奏功しなかった。そこで、水先案内人のうち「品格力量抜群ニシテ勲功卓絶タル者ヲ顕彰ス」(20条ノ2第1項)ることを建前として、ゴンドラ協会の設立に伴う法改正とともに妖精の認定制度が設けられた。これは「プリマの粗製濫造」の現状を追認しつつ、水先案内人のうち優秀な者の技能を公証することで質の担保を図ろうとする妥協の産物であった。

妖精認定試験は、甲種水先案内人の資格を得た後に、水先案内事業に従事した期間が通算して5年以上となる者が、これを受験することができる(20条ノ8)。出願者は、社団法人ゴンドラ協会が定期的に実施する短答式試験および論文式試験に合格すれば、水先案内研修所に入所できる。その後は10ヶ月の実務修習と2ヶ月の集合修習で実技を訓練したうえで、6科目の妖精修習生考試に合格することを要件として(水先案内人法施行令)、妖精たる水先案内人に認定される。

妖精たる水先案内人は、通名その他水先案内事業に用いる名称に「妖精」の文字列を表示することが許される(20条ノ21)。「妖精」の表示には絶大な社会的信用が付随するため、妖精たる水先案内人でない者が、正当な理由なく妖精またはこれと誤認しやすい名称を表示することは処罰される(80条ノ2前段。水先案内人に対しては刑が加重される。同条後段)。

欠格事由[編集]

13条は水先案内人ノ欠格事由を定めており、一定の罪を犯した者(2号)、成年被後見人または被保佐人(3号)等は水先案内人の資格を当然に得ることができない。

問題となる規定は「男性」を欠格事由に置く同条1号である。性別は憲法14条1項の後段列挙事由であるので、かかる事由のみに基づく欠格条項は違憲無効であるとする説も有力に主張されているが、判例はこれを否定する。X男性が女性であるかのように装ってY1水先案内店に就職し、乙種水先案内人の資格を得た後に真実が発覚して懲戒解雇の処分を受け、XがY1に対し雇用関係存在確認訴訟を、Y2(国)に対し水先案内人資格確認訴訟を提起した事例において、最判2216・11・15民集399-4-18641(月ウ0042-24-01)は「[13条1号の]規定は、もつぱら、事実上の差異に基づく合理的区別であつて[…]違憲をいう上告人[X]の主張は、採用のかぎりでない」と判示した。現在のところ、水先案内人の門戸は男性には完全に閉ざされているのが実情である。

表見水先案内人の責任[編集]

水先案内人政令指定手袋(俗にいうウン手)を不正に着用する、または着用しないことによって、自らの等級を偽ることは比較的容易である(罰則が規定されている。80条4項)。上位の等級を有する外観を装って行われた水先案内業務は、法令上の権限外の行為であり原則として無効となるが、外観を信頼して取引関係に入った善意第三者を保護する必要がある。そこで、権利外観法理の表れとして表見水先案内人の行為の責任が問題となる。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

水先案内店[編集]

水先案内事業(ゴンドラによる旅客運送および運送に附帯する一切の役務の提供、またはその代理もしくは斡旋を業として行うこと。2条1号)を営む者を水先案内店といい(2条5号)、水先案内店は会社法上の会社でなければならない(25条)。これは契約の相手方(顧客)が不測の損害をこうむることを避ける趣旨で、水先案内店に一定の財産的裏付けを要請したものである。

取締役に関する特則[編集]

水先案内業界の慣習上、代表取締役社長)として青い瞳のアクアマリンの瞳)を選定してこれを登記することが古くから行われていた。火星猫は自然人の子供程度の知能を有することから、原則として民法の未成年者の規定が準用されるので、火星猫の営業上の行為は成年者と同様に扱われる(民法6条1項)。

これに乗じて、飼っている火星猫を代表取締役社長とする実態のない水先案内店を設立した後、多額の出資を募った上で計画倒産させ、社長に全責任を負わせて行方をくらますような事例が後を絶たなかった(悪質な例では、登記上は火星猫であるのに実際は動物である地球猫で、動物は財産権の主体になりえないから会社債権者が何も請求できないこともしばしばあった)。

一方で、水先案内事業に参画しようとする火星猫の意思も尊重する必要がある。そこで、水先案内人法では、原則として猫を取締役に選任し、または代表取締役に選定する等の一定の場合において、当該猫が職務に耐えうる意思能力を有するかどうかを裁判所選任の検査役が調査することを要求している(28条。ただし、保健所等による証明があれば調査は免除される。33条3号)。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

[編集]

  1. ^ 現行商法典の大部分がドイツ法の継受に基づくことから、水先案内人のカナ表記としてはイタリア語 ondina (オンディーナ)ではなく、もっぱらドイツ語 Undine の音写である「ウンディーネ」が通用している。
  2. ^ 振仮名の言語としては英語が用いられる例が圧倒的に多いものの、フランス語(エトワール)、古典ギリシア語(アオイデ)等の例が散見される。近時、アイヌ語(コロボックル)が同規定にいう「日本語ニ非サル言語」に当たるかどうかが争われた(判例は結論として非日本語性を肯定)。


Justice and Law 2.png そこで、本件記事「水先案内人及水先案内店ノ営業等ニ関スル法律」は法律に関連した書きかけ項目に該当するか。この点、執筆者がクラックをキメていたかどうかが問題となる。思うに、本件記事の趣旨は、より愉快にして下さる協力者を求めることと解する(判例同旨)。よって、これを見ている貴方または貴女も、恥ずかしがらずに書き込んでみるべきと考える。 (Portal:スタブ)