水色

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「水色」の項目を執筆しています。

水色(みずいろ)とはの一種で、の色という投げやりな感じで決められた微妙な色である。定義的には青より薄い感じとされていて、英語ではライトブルーなどと呼ばれている。でも和訳すれば「水」+「色」で表せるあたり英語圏の人間も投げやりに決めたことがわかる。

微妙な色の理由[編集]

東京の海。濁っていてとても水色だとはいえない。
実際にはこのような水色の海はほとんど存在しない。
  • そもそも水色といわれて「水」を真っ先に思いつく人はそんなにいない。水道の蛇口をひねればわかるように水は本来透明色として存在しているからである。
  • ウィキペディアにおいてはなどの水の色とされているが、今の河川や海の環境を見ればわかるようにむしろ濁っているからである。
  • また、一般的にきれいな海においてもそうと思う人は少ない。パンフレットを見ればわかるように薄い緑がかかっているからである。

このように、実際あまり水色を使って水を表せる場面は少ない。また、一般的な幼児のお絵かきにおいても水は水色でなく青色で表し、さらに青自体が水のイメージを連想させる色のため存在価値すら微妙である。反対に水色を使って表せる水はきれいさにおいて中途半端な河川、要するに微妙なものばかりであり、これも微妙なイメージを促進させることとなっている。こんなことなので名前をつける人も適当になるのもよくわかる。

なお、似たような色に空色があるが、あれは名前のとおり空の色をきちんと表しているため微妙な色とはされていない。

では存在価値は?[編集]

一般的に一番先に思いつくのは笑点における三遊亭小遊三の着物の色である。なぜ彼の着物が青色でなかったのかというと、青色という色が持つイメージにそぐわないからである。青は「希望」「冷静」のイメージを持つ色とされ、よく留置所に入れられる本人とは対照的だからである。また彼自身も今の解答者メンバーの中では林家喜久扇三遊亭楽太郎などといったメンバーと比べると多少地味で、かといって割と面白いほうで、また座布団的にも常に2番手くらいだが10枚ためる事はあまりない微妙な立場から水色とされている。個人的には好きだけど。

また、ピンク色が似合わない女性のイメージの色として使われたりもするが、それってつまり可愛くないうわなにをするやめろくぁwせdrftgyふじこlp

空色との統合について[編集]

これだけ微妙な色とされていて、またあまり空色と変わらないということから空色との統合をすべき、という意見もある。しかし空色側からはそんな微妙な色と一緒にするなと抗議がされており、また幼稚園児のお絵かきで空と海が一緒になるカオスな絵が量産される恐れがあるため、統合は反対されている。

髪の色について[編集]

青髪参照。しかし水色の塔と名前がついた作品なのに何か水色っぽいけど紫髪の主人公シオの存在を考えるとますます微妙な色と思えてくる。(そもそも青髪に統合されている時点で微妙だが。)

関連項目[編集]

  • 色の一覧
  • 水色散歩道・・・水色の塔の続編。残念なことにますますシオの髪の色は水色じゃなくなってしまった。
  • 水色時代・・・残念なことにストーリー的にピンク色っぽい。


Wiki-globe.png この項目「水色」には、執筆者が大真面目に書いた可能性もありますが、今はまだ周知の事実しかありません。嘘を追加するか、ウィキペディアに転載して下さるボランティアを求めています。 (Portal:スタブ)