水野亜美

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「水野亜美」の項目を執筆しています。

水野 亜美(みずの あみ)とは、『美少女戦士セーラームーン』の登場人物。セーラーマーキュリーの正体でもある。

概要[編集]

いわゆる美少女キャラクター。某18禁アニメで人気を博したキャラクターと同じ名前、凹凸の少ない体型とショートカットの髪型、そして一部嗜好家に効果を発揮する属性のひとつであるメガネをアイテムとして与えられているなど、さあ、同人誌で拉致/監禁/凌辱しまくれと言わんばかりのあざといと言われる程お約束な要素に満ち溢れた人物として設定されている。

この目論見は大成功を納め、原作漫画とテレビアニメ(初代)がスタートした1992年のコミケ(特に最終日)は、夏/冬ともセーラームーン本で溢れ返った。中でも水野亜美の人気は際立っており、主人公の月野うさぎをはじめとする他セーラー戦士をリリース数で圧倒した[1]。なお、アニメージュの同年9月号の人気投票では主人公の月野うさぎを凌駕したが、元々の購買層である児童がファンの主体となっている原作漫画では主人公の月野うさぎの人気に及ばなかった[2]。この事からも、原作漫画ファンのガキどもより小遣いが多い兄ちゃんたちの懐から金を巻き上げる為購買層を拡大する為、という目的は達成されたと言われている

声優[編集]

1990年代に放映されたテレビアニメ(初代)で声を担当した久川綾は、主人公の月野うさぎを担当した三石琴乃と同様、それまで無名に近い存在だったが、本作および本キャラクターのヒットによりたちまち人気声優の仲間入りを果たした。ただし本人は水野亜美とは異なる攻撃型の性格を有しており、イベント等で無秩序に騒ぎ立てて原作ファンの児童やその保護者に不快と嫌悪と恐怖あの法律を推進しようという意思を抱かせた者たちを「大きなお友達」と揶揄した事で話題となった。

そのせいか、2010年代に製作されたリメイクアニメ『美少女戦士セーラームーンCrystal』シリーズでの担当声優は金元寿子に変更されてしまった。久川は同時期に製作された『スターダストクルセイダーズ』の「ミドラー」役にされて、悔し涙をのんでいた。

影響[編集]

水野亜美の登場により、その後の美少女アニメやゲームに様々な変化が生じた。作品に登場するショートカットのキャラクターに清楚/物静か/上品という要素が混入され、さらにイメージカラーである「青/水色」が美少女キャラクターの重大な要素として扱われる様になった。青髪確立のキッカケとなったキャラクターの一人としても挙げられると言われている

脚注[編集]

  1. ^ 財団法人「日本美少女リサーチ機構」の調査では、1992年夏のセーラームーン本2,652冊(内18禁本は2,227冊)の内、水野亜美本が59.8パーセント(18禁本に限れば74.1パーセント)、愛野美奈子がメンバーとして追加された同冬でも4,125冊(内18禁本は3,363冊)の内56.9パーセント(18禁本に限れば68.3パーセント)を占めている。
  2. ^ 単行本第3巻の巻末資料より。

関連項目[編集]

この項目「水野亜美」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)