水野良樹

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

水野良樹(みずのよしき)は、いきものがかりのギタリスト兼専属スタッフ。スタッフとは思えない程の働きが世間からも評価されている。

人物[編集]

これが本職。

現役時代に大学受験に失敗し明治大学に進学するも、当初の目標を諦めたくないという思いからもう一度大学受験に挑戦(仮面浪人)し一橋大学の合格を勝ち取ったエリート。MARCHからの仮面浪人と言えば普通はであるが、その早慶を飛び越して一橋大に受かったということで、学歴厨の中で良く話題になる。

その要領の良さを評価した現ギタリスト・山下穂尊から高校時代に話を持ちかけられ、いきものがかりが結成された。本来は二人組で活動する予定であったが、結成の際、「俺は裏側に徹するよ」と水野が宣言してしまったせいで実質山下のソロ活動となってしまった話はあまりにも有名である[要出典]。その後吉岡聖恵が加わり現在のいきものがかりとなった。

専属スタッフとして働く一方、本職は第2営業局で働く一般社員。スタッフとの両立は非常にハードワークだが、難なくこなしている。普段からデスクワークに馴れているせいかネットを嗜んでおり、ウィキペディアも閲覧している。もしかするとこっちもご存知かもしれない。水野さん、貴方の記事ですよ!

先述したよう一橋大卒のエリートであるためあらゆる分野に於いて類稀なる才能を発揮する。結成当初は軽い雑用を熟していたが徐々にそれだけでは物足りなくなり、現在では作曲(しかもA面)や伴奏などスタッフの領域を遥かに超えた活動を行ってしまっている。作詞では男性には到底考えられないあまりにもアレなフレーズが数多く飛び出してくるため、一部では『水野はもしかするとあっちの人間なのでは?』と囁かれている。山下が水野を誘ったのは『モテる為』であるが、水野が裏方に回ったのは異性に興味が無かったからだとも言える。また、いつかのどこかのトークでは吉岡が水野と山下の関係を示唆する様な発言を残している。

エピソード[編集]

  • いきものがかりのNHK紅白歌合戦初出場時、リハーサルに行った際警備員に入り口で止められた。その時は如何に自分がいきものがかりの為に尽くしてきたかを熱く語り、何とか通して貰えた。
  • いきものがかり2度目のNHK紅白歌合戦出場時、係員に「あなたはいきものがかりさんの何ですか?」と質問され、「専属スタッフです。」と力強く答えた。
  • いきものがかり4度目のNHK紅白歌合戦出場時、やっとスムーズに通して貰え、自分がいきものがかりにはいなくてはならない存在だと確信したと言われている
  • インターネットで自身の評判などを見ることもある。水野さん、見てますか!?
  • いきものがかりと余りにも一緒にいるせいで特別出演した「なくもんか」のPV撮影時に水野の姿をマネージャーが本気で目で追ってしまっていた(結果見失っている)。

存在感[編集]

水野の存在感はスタッフとしては突出したもので、ファンからも名前を知られている(顔はあまり知られていない)。既にメンバーの一員と言っても過言ではない。ただ、メンバーだと言ってしまうとあまりにも存在感が薄すぎるため、スタッフと言う立場が一番しっくりきている訳である[不要出典]水野さん、いつもありがとう!

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「水野良樹」の項目を執筆しています。


この項目「水野良樹」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)