永野 (お笑い芸人)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
絵画について熱く語る永野氏。

永野は、日本を代表する絵画評論家。なお、本項目の表題に「お笑い芸人」と付いていることは気にしてはいけない

概要[編集]

永野は絵画評論家としてゴッホピカソなどの芸術に対する造詣が深いが、中でもクリスチャン・ラッセンの絵をこよなく愛していることで知られている。

一般に、ラッセンの作品は大衆的で大量生産的なものとされ、また、池袋あたりで美人のお姉さんに「絵画に興味はありませんか?」などと言われて「あります」などとニヤけた顔でホイホイついて行くといつのまにか高額なラッセンの絵を買わされているというような販売手法が採られていたこともあって、芸術的な価値は高くないものとみられがちであり、ウィキペディアにおいてもラッセンの記事は極めて簡単な記載しかなされていない。

しかし、そのようなラッセンの作品について、本来の芸術性に比べて不当に低い評価を受けており、ゴッホやピカソよりも優れた価値を有している、と指摘するのが永野である。

永野の芸術評論は、「ゴッホより普通にラッセンが好き」「ピカソより普通にラッセンが好き」という極めて簡潔な言葉を用いながら、身振りを交えた熱い語り口で、何度も同じことを繰り返し伝える、という手法により行われる。その情熱的な姿を見た人々からは高い共感を呼んでいる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「永野 (お笑い芸人)」の項目を執筆しています。