江草仁貴

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「江草仁貴」の項目を執筆しています。

江草 仁貴(えぐさ ひろたか、1980年9月3日 - )は、阪神電鉄が保有し、黄色い おもしろ軍団が運用している対炎上兵器である。が、時々自分が炎上する。その炎上っぷりに目をつけられ2011年に所有権が西武鉄道に、2012年に広島電鉄完全移譲された。自分がファンだった球団に行った挙句、妻はバレーの竹下佳江。リア充です。

EXA-system(正式名称:Egusa eXperiment Arm - system)を搭載し、通称EXA-01の名を冠する試験機でもある。が、システムの不備もあり前述の通り時々自分が炎上する。


概要[編集]

広島県福山市で開発され、盈進高校専修大学で実地試験を受けた後2002年コンペディション阪神軍に採用された。 2005年頃から積極的に前線で運用されるようになった機体で、主に対炎上防衛戦線維持転身作戦等の局面で活躍し、阪神軍の勝利に貢献する。が、時々自分が炎上する。 特に得点圏にランナーを置いた状態で投入させるととんでもないことになる。

特徴と性能[編集]

基本構造[編集]

設計構造に阪神軍所属の対炎上兵器としては珍しいサウスポー式を採用しており、その希少性を持ち味にした戦闘が売り。

以前はキャノピー視界が悪く、その応急策として外装視覚補正装置キャノピーに外付けで装着していた。その為春先になるとキャノピー外装視覚補正装置の間に入るイカくさい粉塵のせいで照準が定まらないこともしばしばあった。しかし2007年キャノピーそのものの再設計に成功し、イカくさい粉塵の侵入による被害は無くなっている。でも、戦績そのものは以前とあんまりかわらない。むしろわるk検閲により削除

全体的なスタイリングは一時期ソビエト社会主義共和国連邦の機体にも採用されていたポリカルポフ型[1]である。

寸銅型とも言う。

ぽってりしたおかおとくりくりしたおめめがチャームポイント。

エンジン[編集]

パワフルであるが燃費のやや悪いエンジンを搭載。チューニングは立ちあがり重視の加速型である。これは炎上阻止に必要なヒット&アウェイ性能を要求されたためである。元々は先発でも使われてたんやけどね。先発で活躍できひんから中継ぎに検閲により削除

アビオニクス[編集]

前述の通りEXA-systemを基本OSとして搭載しており、EXA-01はこのOSのバックアップ性能により様々な局面に対応できる柔軟性と汎用性を会得している。ぶっちゃけパトレイバーのHOSとBDのEXAMのパクリしかし、このシステムは重大な欠陥を抱えており、それがEXA-01の最大の弱点にもなっている。重大な欠陥とは、友軍の劣勢に直面すると暴走してしまう危険性である。これによりEXA-01は他の戦友が陥っている危機的状況を援護出来ずに見殺しにしてしまう。一説によるとシステム上で『現在の危機的状況』と『自分の成績は悪くならない』という状況判断の食い違いが起こり、システムがこの二律背反の問題を処理できず、システムがオーバーロードしてしまうのが原因のようである。

よく兵士たちの書いた便所の落書きに「またEXAか」、「EXAシステム発動」などと書かれているのはこのためである。

この弱点は一向に改善される気配がない。なんやねん、ほんま。

武装[編集]

初速150km/hを誇る固定武装のストレートに、主兵装のフォークとスライダー、そして秘密兵器としてツーシ―ムがある。ただし射撃精度はイマイチ。特にフォークはよく味方に向けて誤射される。フォークの誤射で友軍兵士を幻滅させることしばしば。例として、敵戦車小隊に放ったはずのフォークが三発ともあさっての方向に飛んでったせいで阪神軍が敗北したこともある。

EXA-systemの恩恵は照準補正には及ばないようである。

運用コスト[編集]

軍機に当たることから阪神軍はその運用コストを公表していないが、採用までに要した開発コストは日本円にして1憶円、一年間の通年コストはだいたい日本円にして1500万円前後と軍事専門誌に推定されている。前線で戦えるポテンシャルを持つ機体としては、プロリハビラー虚弱パンダと比べても過小評価されている感があるが、よく作戦失敗の責任を取って後方部隊に落ちてたりするのでしょうが無いのかもしれない。もうちょっと頑張ろうや。応援しとるせに。

戦闘能力[編集]

ご覧の通りである。良くも悪くも特徴が無いのが特徴と言われることもあるが、なに、そんなことはない。ここまで欠点ばかりを取り上げてきたが、EXA-01は今の阪神軍にとってなくてはならない戦力の一つであることは間違いない。どんな戦況下でも危機感が全く感じられないヘラヘラ笑いで冷静に問題に対処し、指揮官から与えられたどんな対炎上阻止任務でも忠実に遂行する能力は評価されるものだろう。

が、時々自分が炎上する。おまけに自責点のつかないランナーをホームに返す。 さらに赤い市民球団に移って装甲を赤くしたおかげで余計に検閲により削除

関連項目[編集]