沢庵

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では腐敗物の一種である沢庵について記しています。これが好物だった和尚については沢庵宗彭をご参照ください。


Bouncypotato.gif
この記事「沢庵」は何故か「たくあん漬」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

沢庵(たくあん)とは、大根を臭くなるまで放置プレイしたもの。田舎に行けばそのプレイの様子を見ることができる。(荒縄で縛り、軒下に吊るすのが一般的)

その匂いゆえに嫌う人が殆どであるにもかかわらず、定食には大抵添えられている。全くもってその神経が理解できない。

発明者と発明時期[編集]

大徳寺の和尚沢庵が、江戸時代初期に発明したと言われるが、 これは俗説に過ぎない。(大徳寺のほかの坊主の発明との説あり) 尚沢庵和尚の好物だったと言うのは事実のようで、彼はなんと「おお、もう (大根が)しわしわだ。早く食べたいよハァハァ」と言った内容の辞世の句を残している。

その臭さ[編集]

自衛隊では戦闘食糧Ⅰ型として採用されていた。平成21年度までの備蓄分が闇市場で流通している。
  • なんとこの臭くなった大根が放つ臭気の成分は、うんこと同じである。
  • こんなに臭いのになぜ大徳寺の坊主はこれを食べようと思ったのか……憶測の域を出ないが、たぶん傷みきった(=腐敗した)大根を捨てるのが勿体無くて渋々食べたら、そいつがたまたま味音痴か鼻詰まりで「何だ大丈夫じゃん!」となったのであろう。しかしこの説が正しいとすれば、なぜこんなシロモノが現代まで伝わってきたのか説明がつかない。ある意味オーパーツか。
  • そう遠くない昔、ある小学生がクリスマスプレゼント交換会にこの臭さ極まりない物質を持参すると言う事件があった。その結果どうなったか。彼が入場するや否やあまりの臭さにクリスマスパーティーは「沢庵くっさー、おーくっさー!」を掛け声とする喧嘩祭りに早変わり。持ち込まれた沢庵は負けた組の子供たちがゲロりそうになりながら食べたという。
  • 前述した事例から、これはもはや食品ではなく兵器ではないのかと言う疑問を抱いた方もあるだろう。現在米軍は「その匂いを嗅いだだけで即刻やる気を失くす悪臭弾」を開発しているが、沢庵もそれの原材料として欠かせないらしい。

尚、この情報は筆者が友人から聞いた物である。良いのか、軍の機密事項はすでにだだ漏れじゃないか!あれ?こんな時間に客?誰だ?

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「沢庵」の項目を執筆しています。