沢庵宗彭

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では大徳寺の和尚について記しています。彼の好物については沢庵をご参照ください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「沢庵宗彭」の項目を執筆しています。

沢庵 宗彭(たくあん そうほう、1573年12月24日天正元年12月1日) - 1646年1月27日正保2年12月11日)))は、戦国時代から江戸時代初期の坊主で大徳寺の住職。出石で修養。

彼の素顔[編集]

彼は坊主である以前に書道茶道をたしなむ文化人で、誰からも慕われたと言われている。だが近年の研究によりそれは全くの誤解であることが判明した。

知的で偉大な沢庵和尚のイメージを崩されたくない方はここでブラウザバックをよろしくお願いします。

確かに彼は書道や茶道に通じていた。しかしそれ以上に剣道の達人で、それゆえに凶悪犯罪者でお尋ね者だった宮本武蔵に興味を抱いて大徳寺にかくまい、稽古をつけていたことさえある。ガッタイ、テッジョウという技が得意。(詳細は宮本武蔵の項目をご覧あれ) また、彼の趣味の1つを放置プレイとしている文献が存在する。お相手はいつも大根で、しわしわになって悪臭を放つまで放置したらしい。その大根は寺中の坊主達がありがたく頂き、沢庵和尚自らも美味しく食べていたとされている。

坊主としての倫理基準で考えると、とんだ生臭坊主である。こうなると腐敗した大根のことを「沢庵」と呼ぶようになったのは、沢庵和尚の怖ろしさ・非常識さを後世に伝えるためであることは明確であろう。

辞世の句[編集]

  • 食べたいよ 匂いは臭き あの大根 早もしわしわ 取ってくれぬか

<意味>ああ、(放置プレイした)大根がもうあんなにしわしわで臭くなっている。食べたいから早く取ってくれ(私にはもう時間がないのだから)。

彼の遺体は一切れの沢庵を口に入れた状態埋葬された。彼の死を看取った弟子の、粋な気遣いと言えるだろう。

関連項目[編集]