河合塾

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

河合塾とは、世界一の消しゴム工場である。現在は消しゴムを作るばかりでなく、教育活動や発展途上国の支援など、多くの事業を行っている。

河合塾本拠地 名古屋工場

沿革[編集]

  • 1933年 愛知県名古屋市に、河合逸治が河合消しゴム工場を創設。
  • 1946年 河合塾に改名。愛知県外にも拠点を展開し始める。
  • 1951年 海外へ進出。ソウル工場(韓国)、シャンハイ工場(中国)が設立される。
サムネイルの作成エラー: サムネイルを保存先に保存できません
伝説の2008年モデル
  • 1960年 国内の従業員数が100万人を突破。
  • 1972年 ヨーロッパアメリカ進出。リスボン工場(ポルトガル)、ベルリン工場(ドイツ)、ニューヨーク工場(アメリカ)が創設される。
  • 1983年 全世界の工場数が100を突破する。
  • 1988年 河合塾以外の消しゴム工場がすべて倒産。
  • 1990年 全国の河合塾に、付属の予備校が創設されはじめる。
  • 1997年 世界中の従業員数が1億人を突破する。
  • 2008年 75周年メモリアル消しゴムが販売され、世界中で500億個以上の売り上げを記録。

事業[編集]

1949年モデル
消しゴム制作
世界中にある河合塾で行われている。全工場が一日に生産する消しゴムの量は1億を超えている。また、一部の工場では定規などの制作も行われている。また、1年間で作った消しゴムの量が最も多かった社員は表彰され、ボーナスとして1億円が与えられる。逆に最も少なかった社員は反省文(ただし原稿用紙100枚以上)を提出しないといけない。
制作体験
夏休みや春休みに、一部の工場で行われる。従業員とともに消しゴムを作り、消しゴムづくりの楽しさを学んでもらおうという意思のもと始まった。参加資格は、小学生以下の子どもとその保護者であるが、応募者が多い場合は抽選となる。子供には大人気である。
消しゴムの提供
河合塾は消しゴムを、消しゴムの広告と場合によっては従業員募集の広告ともに道行く人々に配っている。全国各地で不定期に行われているが、頻繁に配られる場所なども存在する。河合塾消しゴムマニアは、日本中を飛び回ってこの消しゴムを集めている。
教育活動
現在、日本の工場のうち30に付属の予備校がある。日本トップレベルの高校に通う生徒から公立高校の生徒、浪人生など、多くの生徒が通っている。他の大手予備校と肩を並べ、「講師の代ゼミ、生徒の駿台、イスの河合」とまで言わしめているが、近年の努力により「講師の代ゼミ、生徒の駿台、消しゴムの河合」と賞賛されている。工場で消しゴム制作のバイトをした分だけ授業料が安くなる。また、テストで悪い点を取った時や不祥事を起こした時などには工場での強制労働を命じられる。
発展途上国の支援
河合塾は発展途上国に消しゴムによる収益の一部を送っている。このような活動からも、河合塾は世界からの評価が高い。

商品[編集]

サムネイルの作成エラー: サムネイルを保存先に保存できません
1968年モデル

消しゴムのデザインは年に1回変わるが、このデザインは河合塾の重鎮たちが決定している。そのため、昔のデザインのものがオークションに出品されると、相当な値段がつく。UAEの大富豪が1937年モデルのものを100億円で買い取ったのが史上最高額である。定価は伝統的に315円である。

拠点[編集]

拠点は、日本には本拠地の名古屋工場を中心として52の工場があり、日本を除くアジアには23、ヨーロッパには30、アメリカ大陸には13の工場がある。また、社長は2020年までにオセアニア地方やアフリカ大陸への展開も始めると明言している。国外の工場で最も利益をあげているのは中国のシャンハイ工場である。

キャッチフレーズ[編集]

サムネイルの作成エラー: サムネイルを保存先に保存できません
1947年モデル
  • 「The Power of Erasers.」(1947年~)
  • 「世界に羽ばたけ、僕らのケシゴム。」(1950年~)
  • 「人と地球に消しゴムを。」(1983年~)
  • 「新世紀ケシゴムリオン」(2001年~)
  • 「けしごむ作ると、友達増えるね。」(2011年~)

 

関連項目[編集]

  • 消しゴム
  • Fランク大学 - 予備校河合塾が認定して、はじめてFランと認められる。
  • 慶應義塾 - 同じ塾生。しかし、向こうは勝者、こっちは敗者である。
  • 津田塾大学-こちらも同じ塾生であり、慶應義塾ほどではないが女子限定で勝者とされる場合もある。