泉鏡花

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

泉鏡花(いずみ きょうか、一八七三年十一月四日 - 一九三九年九月七日)は、帝国時代の日本で活動した小説家で、江戸風の幻想文学の大家なり。

[編集]

泉鏡花、本名鏡太郎というは、加賀藩で彫金と象牙の細工する人の家にて、今で言う石川県の金沢の、下新町にて産まれ出たる。加賀藩御手役者葛野流大鼓方、中田万三郎豊喜の末娘で、江戸の生れの母親殿」(おふくろどのは、名を鈴とて、明るく、清らなる顔の、珠のごとき左右の胸の房を含みて、どうしてあれほど貧弱に育ったろうという。昔から物語の本にもある、己の身体を欲して、死人の肉喰らう骸骨はあんなのじゃと酷い噂の立ったものじゃが、成る程骸骨とは言わぬまでも、女のような白やかな、少しく青ざめたる肌に、小枝のごとき細腕は、袖を捲くればなお侘し、まさしく萌やしというに相応しい有様。そのうえ大の潔癖で、子供の時分より、小魚食えばその手が触れた尻尾を残し、畳の上も床じゃとて、汚がりて手の甲をつけば、親父に怒られてひいひいと泣く。

九つで亡くなりて後、京に上って、かねてより崇拝しておった尾崎紅葉が宅に居候したるが十七の時。内弟子となりて、玄関番する。十九にて、筆名、畠芋之助」(はたけいものすけ、処女作を新聞に連載するも、激励賛美の言葉なし。父うせて後一家貧しく、里に帰りてはまた上り、帰りては上るを繰り返す。尾崎家へ戻りて、或る日、尾崎が使い物の柿を誤って食いたることあれば、紅葉の、青筋立てていわく、

「食う物食って、」(ろくに物書かぬなら、」(ッさと出て行かっしゃい」

それから焦って焦って、やっと書きたる物語、田岡嶺雲に絶賛さる、その題『外科室』。島村抱月などは、観念小説とか言うがな、詰る所、患者たる夫人が描写の大いに官能を刺激したる故の誉め言葉じゃ。斯くして二十二にして人に認められし物書き泉鏡花、翌年一家構えて間もなく再び新聞連載、益々新鋭にして、勢いの甚だしい。

[編集]

大いに筆が乗り、濫作すること凄まじき。二十六の年初め、呼ばれたる宴会で見知りし芸妓、名を桃太郎。それが顔の頭に焼きついて離れんことよ、着物の下のふっくりとした」(はだえを想いて夜も眠れず、悶々として書きたる『高野聖」(こうやひじり』、その評極めて高く、今では代表作とも言われる。旅の僧の、谷川で、美しい婦人に体を洗われ、の体に抱きとめられて、ふッと甘い息の首にかかれば、筆持つ鏡花、長き溜息をつき。

二十九にして、胃病癒すとて移りし先に、手伝いに来た女は、なんと驚くまいことか、我が煩いし桃太郎。芸妓をやめて名を伊藤すず、来る日も来る日もかいがいしい世話振り、ふとした弾みに手が触れて、見詰め合う目に映る、その声、その呼吸、その姿、その声、その呼吸、その姿。何時しか女の衣紋は崩れ、露わになりたる肌は練絹のよう……。

三十にして、すずとの同棲叶い、毎日のように乳繰りおうて、鬱陶しき事この上なければ、しびれ切らした紅葉いわく、

「芸者なんぞに」(うつつを抜かし、昔の勢いは何処へやら、筆もまともに持たずして、こりゃ何と言う体たらく、早う別れねば弟子とは思わん」

鏡花嫌々すずと分かれるも、奇しくも同年紅葉亡くなり、しめたッとばかりに結婚、揃いの腕輪など作りて、夫婦仲真に良し。

尾崎が葬式で、門下生代表として弔辞を読む。尾崎門下は小栗風葉、柳川春葉、徳田秋声など居りしが、一同、いいと歯」(ぎしり。鏡花、それら弟子の心は露知らず、涙ながらに読み終えて後、遺影を仏壇に置き、死ぬまで拝み続けた様をみれば、尾崎をか何かと間違えておったのじゃあ有るまいか。

幼き頃よりの潔癖未だ直らず、生物」(なまものが怖くて鍋に線を引き、はぐらぐら沸かす始末。共に飲み食いする人なく、細君ほとほとあきれ果てるも、その細君の手は清いものと信じ込んでおるからなんにも言わず。

[編集]

鏡花とその妻すず(下)。

婦系図」(おんなけいず』を発表した鏡花、年三十四にして、己が名を冠した会もできていい気になって、文芸革新会に加わるも、いくつか書いては呑気に仲間と旅行したり。

芥川龍之介には良く誉められ、親しく思ってもおったのじゃろう、快く引き受けた弔辞の文句、「瓏玲」(ろうれい、明透、その文、その質、名玉山海を照らせる君よ。溽暑蒸濁」(じょくしょじょうだくの夏を背きて、一人涼しく逝き給ひぬ。」続けて、芥川の、死に際、読みかけの鏡花全集を机上に臥せっておったのを憎憎しげに言うも、誰一人気にせず

関東大震災で火の怖さを思い知ったものの、酒や食物を炙る癖直らず。全集の刊行をまかせて、物書きつつも物語は前より大分減って、能登熱海などにてふらふら遊び、紀行文の類多し。

熱海で体調崩れて病に臥すもなお書き、昭和十四年七月、いよいよすぐれず、医者殿が言う、肺腫瘍なり。九月の七日、帳面に、「露草や赤のまんまもなつかしき」と書き付たるが最期、はたと息が止まった。―

文体の古臭ければ、少しく不遇なる時もあれど、美しく優しき妻と、平穏、潔癖なる生きざまを貫きたる、真に似つかわしきかな。加えて、額にふんわりとうち掛かる、櫛の入りし前髪の、老いるに従い明らかに後ろへ下がりたるが悲しき。


Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「泉鏡花」の項目を執筆しています。